妻が認める夫の子育て協力は?イクメンパパの行動を教えて!

スポンサードリンク

[子育て]


最近「イクメン」という言葉をよく聞くようになりましたよね。

でも実際にはどうなんでしょうか?

イクメン、イクメン言ってますが、本当にイクメンパパというものになれているのでしょうか?

イクメンと口では言っていても実際には、お手伝いをする程度だったりもっとひどいと単に子供を可愛がるだけなんて人もいて、そんな夫に不満を抱いている奥さんは多くいます。

そこで是非ここで、夫が子育てに協力するということはどういう事なのか、イクメンの真の姿を考えてみましょう!


子育てへの夫の協力に不満を持つ妻はどれくらい?


子供を持つということはとても幸せで、我が子は可愛く愛しいものです。

一方で、育児は色んな場面でイライラしてしまう事が多いんですよね・・・

そんな時にふと横を見ると、子供を可愛がるだけで苦労の「く」の字も知らないように。

ヘラヘラしている旦那様に倍イライラしてしまう・・・

そんな自分が嫌になってまたイライラする・・・

自分がおかしいのかと思ってしまうかもしれませんが、同じ事で悩んでいる方は結構多いんです!

色んな育児サイトの統計を参考にして見てみると、夫にイライラしている人の割合はとても多いです。

世話や家の事に無関心な夫の態度や、妻に料理や育児方法について文句を言う夫、妻に対して無関心(話をまともに聞かない等)といった不満を持っている人が多いようです。

仕事で忙しいのは分かりますが、やっぱり話くらいは聞いて何か悩んでいる時は、アドバイスをくれたり等共に協力したいですよね。

無関心は、子育てで環境が変わって、心が落ち着いてない妻にとって悲しいことです。

POINT:特に初めての子供の場合勝手がわからず夫に対する不満も溜まる!


妻が認める夫の子育て協力って何をすればいいの?


子育て中を頑張っている時に、夫がしてくれたら良いなと思っている事は、沢山ありますよね。

お育て中の方が夫にして欲しい事は、
  • 夜に子供を寝かせて欲しい。

  • 子供とお風呂に入って欲しい。

  • 子供と一緒に遊んであげて欲しい。
の3つが特に多いですね。

夫が子供とお風呂に入っていたりしてくれる合間に、夕飯の片付けやなんやとやらなければならない事が、スムーズにこなせて慌てる事なく過ごせます。

後は、せっかくの休みでも寝ていたり、テレビを見てゴロゴロしていたりする夫が多いですが、これは妻がイライラしてしまう原因にもなります。

やっぱり休日ぐらいは、子供と遊んであげて欲しいですね。

いつもお母さんと公園等に行っていても、お父さんと遊ぶのとはまた違います。

お母さんともお父さんとも接して育った方が、子供が良い方向へと成長することが望めるようですので!

POINT:家にいる時は子供についてあげることで妻をフリーにするとよい!


イクメンパパと言われる行動ってどういうの?


「イクメン」という言葉は聞いた事があるとは思いますが、それは一体何者なのでしょうか?

イクメンは、いわゆる育児をする人の事を指していて、元々はイケテルメンズから来ています。

イクメンの基準は自ら自分のするべき事と、認識があって育児をする、妻へも気遣い周りが見えている夫のことで、よく手伝っているだけでイクメンだと名乗る人もいますが、手伝いはイクメンとはちょっと違います。

夫の立場で、自分がイクメンかどうか分からないといった場合はやっぱり、妻がイクメンと認めてもらえるかどうかです。

子供が生まれた後は、以前に比べて時間が減ってしまって、妻もイライラしてしまうものですので、子供だけではなく愛している妻のことも気遣える事が良いですね。

やっぱり家族になったのですから、支え合いたいですし理想ですよね。

POINT:少なくてもイクメンは周りが判断するもので自分で言うのはやめよう!


まとめ


妻が認める夫の子育て協力について夫の子育て、イクメンとはといった事を紹介しました。

イクメンという言葉は結構聞くようになった現代は、妻ではなく夫が育児休暇を取る家庭もあります。

イクメンは手伝うだけではなく、自分が子育てをしなくてはという責任感をもっていて、且つ妻を支えられる事が妻にとっても理想です。

そもそも「手伝う」という意識の段階で考え方を改めた方がいいかもしれませんね・・・。

子育ては色々と大変ですが、愛しい家族ですから夫も妻も、共に支え合い協力し合って歩んでいきたいですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ