スポンサードリンク


ロキソニンをご存知ですか?

頭痛等がひどいときや、各痛みの鎮痛剤として処方される事や最近では薬局でも薬剤師から処方してもらう事が出来るようになる程、有名で身近な薬です。

ロキソニンは痛みを素早く抑えてくれますが、それほど強い作用を授乳中に飲むのはどうなのでしょうか?

また、1歳児にはロキソニンは飲ませてはいけないのでしょうか?

市販で手に入るようにもなった分、結構個人の判断で飲んでしまう方も多いかと思いますが、ロキソニンは薬なので飲み方によっては危険な事もあり得ます。

ここでは、上手に飲む為にロキソニンの仕組みを紹介します。


ロキソニンを摂取すると体内でどうなるの?


ロキソニンを摂取する時の症状はどんな痛みでしょうか?

頭痛や歯痛に関節痛、腰痛、手術後等の痛み止め等軽い痛みから重い痛みまでありますが、中々引かない痛みのほとんどにロキソニンは効果を発揮します。

ロキソニンの作用については結構専門用語が多く、頭がごちゃごちゃしてしまうといけないので、ここでは簡単な説明になってしまいますが、まず痛みを感じる理由は、人の中のプロスタグランジンが作られる事により起こります。

ロキソニンは、人の身体に入るとこのプロスタグランジンが作られるのを、抑える作業をしているようです。

痛みが取れるので良い事なのですが、実は身体がプロスタグランジンを作るというのは、何らかの炎症があった時に、身体が修復しようとする仕事になるので、ロキソニンで押さえ込んでしまうのは少し?といった感じですね。

薬はむやみに使わずに、どうしても痛みを抑えなければならない時に服用しましょうね。

POINT:出来るだけ飲まずに治すような方向を目指すことが大事!


ロキソニンは授乳中に母乳に影響する?


授乳中に、頭痛等で病院へ行ってロキソニンを処方される事は、意外ですが結構多いようです。

この理由は、ロキソニンの作用時間は短いので、一時的に頓服として飲むなら良しとしているのだそうです。

医者によって違いがありますが、ロキソニンを飲んだ時は少しの間、授乳は控えて粉ミルクで代用するように言う場合もあるようです。

ただ、気をつけたいのが医者から処方されている人がいたからと、市販のロキソニンを個人判断で飲むのは恐いです。

ロキソニンは効く作用が優秀な分、強い薬なので副作用も勿論あります。

市販のロキソニンのパッケージの裏には、授乳中は服用を避けるように注意書きもあるので、どうしても痛みがある場合は、産婦人科でも良いので相談してみて下さい。

赤ちゃんの為にも慎重に薬は使用する事をおすすめします。

POINT:個人での判断は避けて必ず医師に相談しよう!


ロキソニンは1歳児与える影響は大丈夫?


これは声を大きくして言いたいです!

1 歳児は勿論、子供にロキソニンは危険です!

これは、大人用の薬を半分にすれば良いという訳でもないんです。

市販のロキソニンの用量を見て頂くと分かるのですが、15歳以上となっています。

子供の頭痛は、アセトアミノフェン等の成分がまだ安全です。

とはいっても、子供はよっぽどではないかぎり、あまり無理に薬を服用しない方が、自分の免疫力を活性化させる強い子になります。

子供が頭痛や発熱で苦しんでいる時は、医療機関に頼るのが一番安全で治りもスムーズです。

ちなみに、ロキソニンには副作用として胃腸障害があって、重い場合は胃潰瘍等恐い症状が出てしまうので、大人でも慎重に服用する薬です。

病院で処方される場合は胃薬と一緒に処方されます。

POINT:1歳児に限らず子供へのロキソニンは危険という認識を持とう!


まとめ


ロキソニンは授乳中に服用しても良いのか?をテーマに、ロキソニンの作用メカニズムから子供と頭痛薬の関係、副作用等を紹介しました。

ロキソニンは、授乳中にも頓服代わりとして処方されますが、服用中は授乳を控えるように薦められます。

1歳児等の子供は、ロキソニンは副作用が出てしまう恐れが大きいので服用できません。

ロキソニンは強い薬ですので、子育て中の方は、どうしても痛みに負けてしまうといった場合のみに、服用する事をおすすめします。

頭痛等の痛みと、上手に付合って元気に子供を育てましょうね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク