子供が早食いで心配!ご飯を食べるスピードって遅い方がいい?

スポンサードリンク

[子供教育]


あなたの子供の食事は速い方ですか?遅い方ですか?

ご飯を食べるスピードは、速くても遅くても良いのではないかと思われがちで、ましてや朝や急いでいる時は、むしろ子供を急かしてしまうといった方もいるのではないでしょうか?

又、親が元々早食いだと、子供が早食いなのかどうかは気がつきにくいと言われています。

早食いは生活習慣病を始めとした、様々な嬉しくない問題が起きてしまいます。

大人も子供も早食いはよくありません。

とは言っても、具体的に何が問題なのかがはっきり分からない事には、中々改善に踏み切れないですよね。

ここでは子供が早食いをする事による問題を見ていきます。


早食いだとどんな問題があるの?


あなたも子供の頃に、食べる時は『よく噛んで食べましょう!』と教えられたと思いますが、この教えには何がそんなに重要なのでしょうか?

最近は、ファーストフード等の食の欧米化や、すきや等素早く食べる事が出来る、手軽な飲食店が増えていますが、素早く食べる事は少しどうなのか考えなければなりません。

子供が早食いする事によって、一番問題になるのは消化不良と肥満です。

成長期の子供の早食いは、将来の健康にも大きく出てきてしまいます。

よく噛まず早食いをすると、お腹にたまる感覚を覚える前に胃に入ってしまう事で、どんどん食べてしまい、消化・吸収のメカニズムも崩れてしまいます。

「なら、量を調節すれば良いの?」

と思われるかもしれませんが、どうやら量は関係ないようです!

例え同じ量を食べていても、早く食事が終わる子は肥満になる割合が高いようです。

これは食後の血糖値が関係していて、早食いは食後の血糖値が、上がりやすくなってしまいます。

早食いは肥満になる可能性を高めてしまう食べ方!



子供の成長に早食いは何か影響する?


子供が早食いだけど、今のところ肥満でも不健康でもないし、健康診断にも問題はない。

っと、安心は出来ません!

早食いは高い確立で、将来肥満になったり糖尿病や心臓病等、思わぬ病気になってしまったりと様々な問題が表れてきます。

現代では、小児のメタボリックシンドロームの生活習慣病が多くなっている傾向で、その要因はやはり食生活にあるようです。

食事を早く済ませてしまうとお腹がすくのも早く、おやつをしてしまいます。

おやつが悪い事ではないですが、おやつの内容に問題があるようです。

おやつに市販のポテトチップス、スナック菓子を食べるのは、油を大量に摂っているのと同じでコレステロールを多く吸収してしまいます。

子供(幼児)の肥満の目安は身長に対して、平均標準体重がどれぐらいなのかを現在の体重と比較して計算する事が出来ます。

肥満度を表す計算式は、100×(現在の体重—平均標準体重)÷平均標準体重で、15%以上なら少し気をつけた方が良いです。

POINT:早食いから太りやすい食生活になってしまう可能性がある!


ご飯を食べるスピードって遅い法がいい?


「しつこいようですが早食いは肥満の元です」

今は太っていない子もいるかも知れませんが、大人になったら肥満や病気になる恐れがあります。

子供のうちの身体づくりは、大人になってからとてもよく表れてきます。

早食いで問題になるのは、満腹感が鈍ることで食べ過ぎにつながることです。

よく噛んで食べる事は、早食いや肥満だけではなく食べ物に含まれる有害な物質を弱める事も出来るので、身体にとって大事な事です。

人間は食べ始めてから20分ぐらいで、満腹感が感じられるようになっていて、20分間に多く食べてしまっていると、中々満腹になる事が出来ないだけではなく、すぐにお腹が空いてしまいます。

食事が早く終わってしますのは、よく噛まないだけではなく、口に運ぶ一回分の量が多い場合もあります。

特に、家族が皆早食い傾向にある場合は、気がつきにくいので一度時計を見てみるのも良いかもしれません。

よく噛んでゆっくり食べるとリラックスできて、美味しい物がよりいっそう美味しく感じられますよ。

POINT:普段の食生活からゆっくりと食べる習慣を身につけられるといいですね!


まとめ


今回は子供の早食いについての問題はあるのか?ということを紹介しました。

早食いは肥満の原因になります。

早食いとはいっても、食べる速さに限らずに口に運ぶ一回の量も含まれます。

家族も早食いの場合は、時計を置くなど一度時間を把握してみるのもおすすめします。

子供のうちに身に付いた早食いは、大人になってから治そうとしても中々難しいものです。

子供のうちに正しい食生活を身につけておく事で、将来の健康にも役立ちます。

大切な子供の、大切な将来の為にも、食事習慣を一度見直してみてはいかがでしょうか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ