スポンサードリンク


あなたは酵素を意識した事がありますか?

最近では、健康維持だけではなくダイエットや便秘解消に、効果的だというサプリメントや健康食品がテレビ等メディアで取り上げられていますよね。

酵素を意識しサプリメント等を試して効果があると、嬉しくてついつい頼ってしまいがちですが、酵素を摂ればとる程、健康になれるのでしょうか?

酵素を摂りすぎる事によって何か、健康被害があったらと考えるとゾッとしませんか?

ここでは酵素とはどんな働きをするのか、過剰摂取はどうなのかを紹介します。


酵素を過剰摂取は基準値のどれくらい?


まず、酵素というのは人間の体でいうと、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

代謝酵素は免疫機能を整えたり、新陳代謝を活発にしたりホルモンバランス維持の働きをしているんです。

一方、消化酵素はその名の通りに、食べたものを分解して吸収しています。


人間が良く使うのはやっぱり消化酵素で、これは加齢と共に減ってしまいます。

最近では、若い人もハンバーガー等で食事を済ませてしまったりと、だいぶ欧米スタイルになってきている事で、酵素が足りていない人が多いようです。

そこで、酵素を摂る為にサプリメント等を使う人も多いですが、摂りすぎるといったことが起きる危険性はあるのでしょうか?

酵素の基準値は、厚生労働省が発表しているので知る事が出来ました。

基準値は、目標摂取量では野菜で約350g、果物200gです。

果物が多いように思われますが、果物は酵素がたっぷり含まれている食べ物なんですよ!

POINT:目標摂取量を目安にして1日の生活の中で達成できればいいね!


酵素を過剰摂取すると危険なの?


酵素の働きに新陳代謝がありますが、これがよく働いていると血液循環も良くなり、老廃物が体内に溜まりにくく、健康維持やダイエット効果も高くなります。

酵素は、年齢と共に減っていってしまい、更に食生活が乱れていると減ってしまいます。

酵素が減っている事に、心当たりがある方や健康な人が酵素を適度に摂る分には問題ない筈ですが、まれに体に合わない事もあり、思わぬ症状が起こってしまう事も否定できません。

酵素を摂って起こってしまう症状は、頭痛や便秘・下痢、低血糖、めまい・だるさ・眠気、吹き出物です。

吹き出物を治したかったり、ダイエット目的で酵素を摂って、逆に症状が出てしまったら嫌ですね。

酵素サプリや健康食品を摂ろうと考えている方は、自分に合っているか試して、合わないようなら食事から摂るようにして下さいね!

POINT:目指すところは普段の食生活でしっかり摂取できること!


酵素の摂取量の基準値は食べ物でどういうの?


酵素の目標摂取量は、野菜で350g、果物で200gでしたが、これはどのくらいだか想像できますか?

実は『野菜5皿分』にもなります!

これを摂ろうと思うと、1日中野菜をガツガツ食べなければならないですね!?

それは少し言い過ぎかもしれませんが・・・、野菜だけではいくら酵素は摂れても体に、必要なエネルギーが足りなくなって逆に健康を損ないます。

ここで、加熱すれば野菜って小さくなるのもあるよ?と思いませんでしたか?

酵素は熱に弱いので、生野菜で摂る事が大切です。

なので、野菜や果物以外にも酵素は含まれているので、バランス良く摂る事が良いです。

酵素が多い野菜や、果物以外の食べ物は、納豆や麹、味噌、甘酒、チーズ等です。

甘酒なんかは、ダイエットにも使われますし、風邪予防にもなって良いですね!

生野菜で手軽に酵素が摂れるものは、キャベツや山芋、トマト等です。

山芋はスティックでも良いですし、最近ではとろろにして販売しているコンビニやスーパーもありますので、時間がない人はご飯にかけたりすると手軽で美味しく摂れますよ。

POINT:1度に基準値を取ろうとするのではなく1日の合計で目指してみよう!


まとめ


酵素を過剰摂取すると危険なのか?ということについて酵素はどんな働きをするのかを紹介しました。

酵素には、食べたものを消化・吸収してくれる消化酵素と、血液の流れを良くしてくれる代謝酵素があります。

酵素の目標基準量は野菜5皿分にもなります。

野菜や果物も摂りつつ、他の食材も組み合わせてバランス良く食事をする事が良いです。

体に合えば、サプリメントや健康食品もありますので、試してみて下さい。

自分にあったやり方で上手に酵素を摂って健康になりましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク