学校での子供出来事を聞き出すには?会話の秘訣は聞き上手?

スポンサードリンク

[子供教育]

Pocket


「学校から帰ってきた子供の様子はいかがですか?」

自分のいない場所で「いつ・どこで・何が・どうあったのか」を、事細かく知りたい気持ちは親なら誰しもありますが、それはこちらから聞き出していますか?

それとも子供から積極的に「今日はねぇ!」と話してくれますか?

反抗期等が重なっている時期だと、中々自分の事を話したがらない子も多いようですが、何があったか分からない事には、子供がもし落ち込んでいても助けてあげる事が出来ません。

ここでは、子供から学校であった出来事を聞き出すのに、参考になるような事を紹介します。


子供は学校での出来事を話しますか?


自分の見ていない場所で、子供に何があったのか分からないと、そわそわしてしまって自分から聞いてしまう人も、多いのではないでしょうか?

しかし、子供は自分から話したがりますか?

子供が、自ら話す時は大抵とても嬉しい事や、楽しい事があったとき、連絡事項等だけで落ち込んで帰ってきても、部屋に入ってしまってどうしたら良いか分からないといった、経験をした事がある方も多いようです。

子供が親に嫌な事や悲しい事、辛い事を話したがらないのは、親に心配をかけたくない子や、反抗期の場合は話した事で、『自分を理解してはくれないだろう』と、思っている子もいます。

親からしてみれば、何も話してくれないのが不安で心配なのですが、むしろ子供に「今日は学校どうだった?」と聞くと、機嫌が悪くなったりする子もいますよね。

POINT:自然と子供から話してくれる環境を作れるかどうかが重要!


会話の秘訣は聞き上手とは?


子供は、特に反抗期の子供は、親や周りの大人から詮索されるのを極度に嫌がります。

「何があったのか、どうして何も言ってくれないのか」等、問いつめれば問いつめる程、事体は悪化していきます。

これを防ぎ、子供の話を聞く事が出来る方法としておすすめなのは、良い聞き手に回る事です。

「やっぱり聞けば良いんでしょ?」という訳ではなく、あくまでも聞き手に回るという事ですので、簡単にいえば聞き上手な母になる事です。

聞き上手な母といわれてもよく分からないかもしれませんが、まず今の現状が子供が話をする前に「何があった?」等、聞いてしまっている場合で、子供が不機嫌になる場合は、問いつめようとせず待ってみましょう。

子供は機嫌がいい時は、きっと今日はどんな日かを、一言でも発してくれると思いますので、そこから話を発展していっても良いかもしれません。

例えば、子供が「今日は晴れかな?」と天気を聞いてきたら、

「晴れだよ。外で遊ぶと気持ちがいいかもね。放課とか外で遊んだりはするの?」

など、ナチュラルに会話に沿ってさりげなく聞いてみるだけでも、子供はだんだんと話しやすくなるようですのでお試しください。

まずは子供の言葉を子供の立場に立って聞く努力をしよう!



どうすれば子供は今日の出来事を話してくれる?


現在、「子供が全然外での出来事を話してくれない!」っと、悩んでいる方はどれだけいるのでしょう。

親にとって、子供の出来事は子育ての中で重要な事ですが、分からない事には手も足も出ませんよね。

普段から無口の子もいますが、何を考えているのか、何か悩んではいないかと、とても心配になってしまいます。

しかし、やはりこういう場合も見守るという事も大切な場合があるので、無理に詮索しない方が良いです。

まず、多くを話そうとしない子に対しては、子供の声に耳を傾け、言葉を遮らないように話すように注意しましょう。

親が張り切って又は興奮して「何!?どうしたの?〜なの?」と前のめりになってしますと、子供は話しにくくなってします傾向があります。

ゆっくりと話しやすい空気を作ってあげて下さい。

どうしても話したがらなく、学校で何か起こっていそうな時は、家族間だけではなく学校の先生にも、相談してみても良いかもしれませんね。

POINT:親目線からの心配はわかるけど子供の視線で物事を考えるといい!


まとめ


学校での子供の出来事を聞き出す為に参考になる事を紹介しました。

子供は弱くも強くもあります。

特に、反抗期の子供はSOSのサインを出していても、それを表には出さない子がいます。

そういった場合、子供に詮索するのではなく、まずは待ってみて聞き手に回って見る事が良いです。

それでも話してくれなくて、何か異変があれば子供の周りの人に、それとなく聞いてみると良いです。

子供に何かあったらと思うと不安ですが、無理に聞き出す前に子供が素直に気持ちを伝えられる場所づくりをする事が良いですね。

焦りは禁物です。

まずは受け止める大きな器を持てるとだんだんといい方向に向かっていくでしょう!

大人は経験があるので何でも自分の経験に合わせて物事を考え発言してしまう習慣があります。

これは、控えるようにしましょう。

なぜなら、これをやってしまうと子供の立場で聞いているとはいえず、子供は心を閉ざしてしまうからです。

あくまでも、子供の目線・立場で経験したことを想像しながら接することで関係性が変わるでしょう!!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ