スポンサードリンク



敬老の日に祖父母へ孫からプレゼントを渡すのが一般的になっていますが、どうして孫からあげるのでしょうか?

また、敬老のお祝いをする対象である老人の年齢って何歳くらいなんでしょうか?

今回は敬老の日を祝う対象は何歳からなのか?孫が何歳くらいからあげればいいのか?ということを紹介させて頂きます。

敬老の日のプレゼントとしてあげる“リンドウの花”についても考えていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。


敬老の対象となる祖父母の年齢ってあるの?



自分の両親にいつからお祝いをすればいいのか、疑問に思っている方も多いかと思いますので、いつから老人としての対象年齢になるのか考えてみました。

敬老の日は、長年にわたって社会に貢献してこられた長寿を敬い日頃の感謝の気持ちを祝うための日ですよね。

長寿の祝い事としては、60歳の「還暦」が初めにあるわけですから60歳になった時点で敬老の日のお祝いをするのもいいかもしれません。

しかし、実際60歳って早いようにも感じますし全然バリバリに元気で、人の手助けを嫌う方もいるかと思います。

優先席を譲ろうとすると「年寄り扱いするな!」と怒鳴る方もおられるようです・・・。

このようなことを考えると一概にこの歳から祝うということを考えずに、その個人の気持ちを尊重して祝う時期を決めるのがやっぱり何よりも重要かと思います。

ますますいつからお祝いをすればいいのか混乱してしまいますが、私がオススメなのは子供がいる場合は子供を使うという方法です。

お祝いする対象となる方からすると孫にあたるわけですが、孫からもらうプレゼントならば不機嫌になる方はまずいないと思いますので、是非試してみてください。

保育園や幼稚園で、敬老の日のプレゼントを作成しているのはよく考えられたことなのかもしれませんね!

このように考えると、敬老のお祝いをされる方は60歳よりも早くなるかもしれませんが、それでも孫からのプレゼントを嫌う祖父母はいないと思いますので検討してみてください。

POINT
敬老の日のプレゼントを渡すようになるきっかけは孫!


孫が何歳になったら祖父母へプレゼントを渡す?



孫が保育園や幼稚園に通っていれば、そこで敬老の日に関するプレゼントを作成することをすると思います。

このことを考えなくても作ったものを渡せばいいかもしれませんが、通っていない場合何歳からあげればいいのか疑問に思う人もいるかもしれません。

一番重要なのは“心がこもっている”という事かと思います。

自分の子供に対して敬老の日について分かり易く説明してあげて、それを理解できる年齢になったらプレゼントを考えるというのがいいかと思います。

そのため孫の年齢は特に考える必要はないと思います。

孫がプレゼントを作ることで、その孫の成長を感じて祖父母が幸せを感じてくれるそんな温かい敬老のお祝いになるといいですね。

まずは、時間を取ってしっかりと子供(孫)へ、敬老について教えてあげることが一番重要と言えるでしょう!

POINT
敬老について子供(孫)が理解できたらあげる準備はOK!


敬老の日にリンドウの花をプレゼントするのはなぜ?



敬老の日のプレゼントとして定番なのは“リンドウの花”と言われていますが、なぜリンドウの花なのでしょうか?

リンドウの花をプレゼントとして渡す理由としては、2つの意味があると言われています。

【リンドウの花の色から】

リンドウの花は上品な紫色をした花で、「正義」「誠実」という花言葉がついています。

この紫という色に特徴があるのですが、聖徳太子が制定した冠位十二階ではこの紫という色は最高位を表していたようです。

従って、リンドウの花に限らず敬老の日に紫色をしたプレゼントを渡すということは“敬意を払う”意味になるということのようです。

【リンドウの根の成分から】

もう一つの理由は、リンドウの花の根っこに秘密があります。

リンドウの根は、竜胆草(りゅうたんそう)と呼ばれる漢方として重宝されており、免疫抑制作用があるとされています。

従って、リンドウの花をプレゼントするということは、“長生きしてくださいね”という意味があるということになります。

【結論】

このような2つの理由から、“長く生きてこられたことへの敬意を払い、いつまでも健康で長寿でいてください”という意味でリンドウの花をプレゼントしているんですね!

POINT
リンドウの花を渡す意味のしっかり把握しましょう!


まとめ


今回は敬老の日に孫から祖父母へプレゼントを渡す理由について考えてきましたがいかがだったでしょうか?

なんとなく保育園・幼稚園で作られたものをプレゼントしていた方もいるかもしれません。

老人の立場になって考えると自分はまだまだ老人だとは思っていない人もいますし、確かに現役バリバリ元気でとても老人という言葉が似合わないひともいるでしょう。

ただ、

たとえそんな老人でも、孫からのプレゼントならば素直に受け取って貰えるので、このような風習が生まれたのかもしれませんね!

また“リンドウの花”に関しても考えてみましたが、よく考えられているプレゼントだとわかりましたね!

ご両親への日頃の感謝の気持ちを込めて“リンドウの花”にメッセージを添えてプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク