予定帝王切開の意味は?リスクや手術の流れと費用の違いを教えて!

スポンサードリンク

[妊娠・出産]


友人やお知り合いの方が出産の時、帝王切開したということを聞いたことありませんか?

何かの理由で自然分娩が難しいと判断されると、母体の安全を考えて帝王切開をされることがあります。

ここで、帝王切開とはどういうものなのか?どんなリスクがあるのか?どのくらい費用がかかるのか?を調べてみましたので、今後のために是非知っておいてください。

最初から予定を立てて手術日を決めて帝王切開で出産するのが予定帝王切開です。


そもそも予定帝王切開とは?


帝王切開には、2種類あります。1つは、予定帝王切開ともう1つは、緊急帝王切開です。

緊急帝王切開は、自然分娩を予定していたが、分娩中に何らかのトラブルが起きた時に急きょ行われる帝王切開のことです。

ここでは、予定帝王切開について詳しく調べてみました。

私は、出産をしたことがないのでその大変さを経験したことがありませんが、子宮筋腫で2度の開腹手術をした時に、術後の痛みと治癒への不安などがある中、その上赤ちゃんがいるのは大変だとおもった記憶があります。

後に知り合いの看護師さんにそのことを話すと、「妊娠は体にとって自然なことだけど、子宮筋腫は違う。自然なことは治りも早いし状況も違う」ということを聞きました。

出産は、女性にとって大イベントですし、婦人科は新しい生命を扱う特にセンシティブなところです。

よろこびもあり、不安もあり精神的にも不安定になるとおもいますが、先輩ママ達も経験されて立派に出産されています。

担当の先生にしっかり話を聴いて、納得して選んでください。

POINT:信頼できる担当の先生の言うことをきちんと聞こう!


予定帝王切開とはどのような状況なの?


先程も少し触れましたが、帝王切開になるということは、自然分娩が出来ない時に選択される出産方法でした。

そこで、どのような原因で予定帝王切開になるのか赤ちゃんとお母さんとの両面でみていきましょう。

『赤ちゃん側の問題』

①胎位異常…逆子
②多胎妊娠…双子・三つ子
③巨大児…4000キロ以上
④前置血管…臍帯血管がママの内子宮口に面している


『お母さん側の問題』

①帝王切開や子宮手術の経験がある…術後の子宮壁が薄くなっているため子宮破裂のリスクがある
②児頭骨盤不均衡…胎児の頭と骨盤の大きさが釣り合わない
③前置胎盤…子宮口を塞いでしまうと大量出血を起こす
④感染症・合併症…HIVや性器ヘルペスなどの感染症や心臓、糖尿病など


以上、のような要因で予定帝王切開と決められます。

もちろん、ここに書かれていること以外でも予定帝王切開になる可能性がありますが、ここに書かれているような事象が生じた場合には帝王切開になる可能性が高いと考えておきましょう!

自然分娩が難しかったり危険だったりする場合に選択される!



予定帝王切開はリスクがあるの?


さて、予定帝王切開には、どんな自然分娩との違いやリスクがあるのでしょう?

後になって、聞いていなかったということになってはいけないので、知っておきましょう。

『自然分娩との違い』

① 赤ちゃんが産道を通って来ないので、一過性の多呼吸になります。障害はなく、2~3日で通常呼吸に戻ります。

② 出産時にお母さんからの腸内細菌がもらえません。赤ちゃんは、消化管の中に細菌は持っていません。

お母さんの産道を通る時に鼻や口からお母さんの腸内細菌をもらいますが、産道で腸内細菌がもらえないので、出産後に看護師やお母さんから菌をもらって腸内細菌を構築していきます。

『帝王切開によるリスク』

①術後血栓症…通常分娩より5~10倍高い。
②手術による癒着。
③縫合部によるお腹に傷ができる。


また、帝王切開の場合、1度経験すると次回の出産時に関しても、リスクが発生することが考えられます。
  • 前置胎盤になるリスクが高くなる。

  • 癒着胎盤になるリスクが高くなる。

  • 子宮破裂のリスクが高まる…前回が帝王切開なら今回もとなります。

  • 子供の数の制限がある…一般的には3人まで安心して産めます。

リスクに関しては次回の出産時にも影響してしまう点を忘れないで!



予定帝王切開の手術の流れや費用の違いを教えて!


妊娠36週(妊娠10ヶ月)に入ると最終判断が行われます。

陣痛が起こる前で、かつ、胎児が十分発育しているタイミングで、帝王切開を行うことになります。

妊娠37~38週に手術するのが一般的です。

流れとしては、
1.手術前に浣腸や胎児の心音を聴く。
2.点滴を打つ。
3.手術室に入って局部麻酔をする。
4.麻酔が効いてきたら手術を開始する。
5.お腹を切開して赤ちゃんや胎盤を取り出す。
6.切開部の縫合や羊水吸引などを行う。


通常1時間程度で終わります。術中は麻酔で痛みはありませんが、しばらくして痛みが出てしばらく続きます。

費用としては、28年度の診療報酬点数表によると20万1,400円です。 帝王切開の手術には、健康保険が適応されます。

POINT:予定帝王切開でも妊娠36週(妊娠10ヶ月)後に最終判断が下される!


まとめ


予定帝王切開について色々調べてきましたが、いかがでしたか?

少しでもこれから帝王切開をされる方の不安が消えたら幸いです。

帝王切開は、お母さんにとって体に負担が大きいかもしれませんが、赤ちゃんとお母さんにとって、最善の方法だということも事実です。

冒頭に書きました私の体験談の子宮筋腫では、全身麻酔と帝王切開は局部麻酔と体への負担はだいぶ違っていました。

出産は、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても命を落とす確率はないとはいえません。

確実に安全に出産を行う方法として、帝王切開が選ばれるということがわかりました。

安心して出産に臨んでください。

そして、赤ちゃんと幸せになって頂くことを願っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ