毛深い人に合うシャンプーってあるの?おすすめのシャンプーを教えて!

スポンサードリンク

[毛深い]


あなたは髪の毛が多いという悩みをお持ちではないですか?

毛が多くて硬くてクセ毛になりやすくて、どうにかならないのかと悩んでいる人は少なくないです。

シャンプーを替えてみたり美容室に行ってみたりして、一時的にはキレイになるものの、何日か経ったり、ひどいとその日のうちに髪がごわついてきてしまう・・・

毛が深くて多いと、頭が大きく見えてコンプレックスといった方も、いらっしゃるかと思います。

そんな毛深い人に合うシャンプーはどんなものなのでしょうか?

おすすめのシャンプーについて紹介していきます。


毛深い人はどんなシャンプーが良いの?


毛深い人の多くは、とにかく髪の毛のボリュームが半端ないですよね。

薄毛の人からしたら羨ましいと言われてしまいますが、毛深い人はそれがとてもコンプレックスなんですよね。

毛深く髪の毛の量が多い原因は、遺伝が多いようです。

両親や祖父母等の血筋の人が、髪の毛の量が多かったり髪が太かったりと、やたらと毛が丈夫な場合が多いです。

毛が多い人で中々改善できない人は、普段のシャンプーの後にツバキ油配合のトリートメントをすると効果的です。

最近ではオイルシャンプー等を出しているメーカーも多いので、お風呂場で全てのケアが出来てしまいますので、面倒がありません。

又、毛が多いと抜け毛が少ないように思われがちですが、実際には抜け毛も多いのですよね。

抜けて生え変わる毛は細く柔らかくて軽いです。

この生まれたての髪の毛を、頭皮マッサージ等のケアによって守ってあげることで、髪が抜け替わるにつれて軽やかになっていくこともあります。

POINT:シャンプー後にツバキ油配合のトリートメントが効果的!


シャンプーの仕方に工夫が必要?


毛深いからシャンプーするのも面倒になるかもしれませんが、シャンプーの仕方によっても髪の柔らかさやツヤ、軽やかさの出方に違いが出ます。

まずおすすめなのが、シャンプーは頭皮を揉み解すようにしっかり毛穴の汚れを取るように心がけた後、トリートメントやリンスをする方は、せっかくなら時間をたっぷりかけて洗いましょう。

例えばリンスの後に仕上げトリートメントをする、ドライヤーの前に(タオルドライ後)に仕上げトリートメントをする等、2度コンディショナーをすることもおすすめです。

髪の量が変わらなくてもツヤや滑らかさ、軽やかさが出るだけでも見た目に変化が出ます。

後は、美容室は利用されますか?

その際に美容師の方へ注文はされますか?

出来れば美容師の方への注文は、乾いた状態のままでの髪の毛の散髪を依頼してみて下さい。

いわゆるドライカットです。

髪は濡れた状態で切るとその場ではペタンとなっていてとてもスッキリして見えますが、次の日には完璧に乾いてしますので、又広がってしまいます。

美容室でドライカットというのは一度経験してみる価値はある!



おすすめのシャンプーがあれば教えて!


毛深く毛量が多い、ゴワつく、くせ毛をシャンプーで和らげることは、出来るのか気になりますよね。

毛深い人におすすめのシャンプーは成分を見極めることです。

成分としては、オイル配合だったり、髪を柔らかくしてくれるセラミドや少し長い名前ですが・・・

チュラルモイスチュアライジングファクター(NMFと言われます)は髪質をなめらかにしてくれます。

シャンプーでおすすめで有名な商品をあげると、定番のメリットや、ヴィダルサスーン、ツバキ等です。

メリットはお子様からお年寄りまで幅広い年齢の方に適応していて、薄い髪の毛にも多くて太い髪の毛の方にもおすすめです。

ヴィダルサスーンはヘアアイロン等で、ごわついたりするダメージに持ってこいの商品で、ツバキはオイルが配合されているので、髪に浸透しやすく効果が実感できやすいようです。

髪質を意識したシャンプー選びを心掛けよう!



まとめ


毛深い人に合うおすすめシャンプーに関する情報を紹介しました。

毛深い人は髪の毛の量も多く、剛毛に見えてダメージが出やすく、くせ毛になりやすい傾向があり悩んでいる方も多いです。

今まで美容室でお金をかけていても、改善されても一時的だった方は、美容師への注文をして乾いたまま、髪のカットをしてもらってみてはいかがでしょうか?

髪の毛は、オイル配合のシャンプーを使うと効果的です。

毛深い人は抜け毛も少なくないので、毛の生え変わりが良い方向性で行われる可能性が多いので、生え変わった髪の毛を大切にケアをしてあげることをおすすめします。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ