スポンサードリンク


「子供にどんな風にしつけをしますか?」

「しつけ」と聞くと何だか嫌なイメージが湧きますが、しつけは子育ての中で必ず通る道です。

厳しくとは行かなくても良いと思いますが、子供がマナーを覚えずに大人になってしまうと、どんな大人になってしまうか想像したことはありませんか?

身内は困らなくても他人を傷つけたりといったことが起きてしまうかもしれません。

そうならないように、出来るだけ効率的に良い方法でしつけをするために、参考になる情報を紹介します。


子供へのしつけはいつからやるべき?


子供のしつけはどのくらいになってから始めればベストなのでしょうか?

子供がかわいいから、自由にさせた方が好奇心旺盛で豊かな子になるのでは、しかると泣いてしまうかもしれないといったことで、中々叱れない方は多いと思います。

でも待って下さい!!

子供の成長は凄まじく速いです。

成長が速いということは、速いうちにダメなことはダメと教えておかないと、分別がつかなくなって本人に悲しい思いをさせてしまいます。

かといって、赤ちゃんのうちから「ダメ!」っと怒鳴ってしまうと、やはり泣いてしまいますよね・・・

特に1歳までは、言葉もあまり理解できていないので、周りが気をつけていて、危ないものは危ない等、教えてあげる風な方法が良いです。

赤ちゃんには叱るというよりは、手本を見せるということから始めた方が良いようです。

後は睡眠時間等の、リズムを教えてあげるのも、赤ちゃんのうちは効果的です。

子供のお手本になるようにまずは自分を律するように心がけよう!

スポンサードリンク


そもそもしつけって何を指しているの?


「しつけ」と言うと、なんかどうしても嫌なイメージですが、しつけにも内容の差があるので普通の子育てのしつけは、決して嫌なものではありません。


子育てのしつけに重要なことは・・・


“緩すぎず・厳しすぎず”


子供側にとってもしつけはされたくはないものです。

それに加えて子供は感受性豊かなので、叱ることに加えて叩いたりしては子供は「いけないこと」ではなく、「恐怖」と捉えてしまいます。

しつけの方法で何が正しくて、何が間違っているのかといった基準は決まっていませんし、「コレだ!」と、自信満々で提示できるものではないです。

なのでまずは何もかも「ダメ」と言わずに、この日本に生きていく上での、マナーを子供に覚えてもらうことが先決です。

子供は記憶力や想像力も豊富ですから、きっと自分がしていることがいけないことなのかを知ろうという時期がやってきます。

その時に丁寧に教えて、後はその場その場でいけないことをしていたら、きちんと教えてあげると良いです。

POINT:大人としての子供への柔軟な対応が求められる!


早いうちからやるべき?遅いとどうなるの?


子供は成長してから、しつければよいといった考えの方も多いようですが、成長してからでは遅いのでは?と言う方もいます。

子供のしつけはどのくらいから行うべきで遅いとダメなのでしょうか?

しつけは赤ちゃんにも必要なことです。

赤ちゃんは言葉で強く注意したりしてはいけないので、しつけとまではいかなくとも人間の睡眠や、食事リズムを教えてあげる大切な時期です。

又、何でも口に入れたがるので、これはしっかりと面と向かって目を合わせて、注意してあげなければいけません。

こういった事を教えるのが遅いと、誤飲や転落等思わぬ事故が起こってしまう危険性があります。

ただ、やはり気をつけたいのが、しつけがエスカレートして暴力になってしまってはいけないということです。

「いけないから叩く」は、何がいけなくて何が良いのかがはっきりしていなくて、子供は混乱してしまいます。

言葉で心を込めて注意して伝えることが良いです。

子供にきちんと説明できるように毅然とした態度を持つようにしよう!



まとめ


子供のしつけについて紹介しました。

子供のしつけは緩すぎず厳しすぎずが大切で、決してむやみに手をあげてはいけません。

子供は何が悪くて何が良いことなのかの境界線が、まだはっきりとは引かれていないので、本人と向き合って良いことは良いこと、ダメなことはダメなこと、といったことを教えてマナーを身につけていってもらいましょう。

しつけは赤ちゃんのうちから睡眠リズムや、食事の時間を覚えてもらうことや、危ない事はしてはいけないことを、教えてあげることを始めた方が成長していく子供の健康にも効果的のようです。

特に初めてのお子さんの場合、親としてどのように対応すればいいのか悩ましいところだと思います。

ですが、まずは親としての自覚を持ち「私の真似をしなさい」というくらいの気持ちで、いつでも子供が見ても恥ずかしくない、そんな姿をいつも見せる、見られている意識を持つことが大事ですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク