スポンサードリンク


子供が最近冷たい態度をとるようになった、言葉遣いが荒くなった、何でも反抗してこちらの意見にイエスとは答えなくなった・・・等。

子供に対する悩みを持つお母さん・お父さんは多いのではないでしょうか?

子供は年頃になると反抗期や思春期を迎えます。

反抗期と思春期は良く似ているように思えますが、何か違いはあるのでしょうか?

反抗期・思春期の子供の本音はどんなものなのでしょうか?

ここでは子供の反抗期・思春期についてみていきたいと思います。


反抗期と思春期の違いはあるの?


まず始めに、「反抗期と思春期の具体的な定義は何なのでしょうか?」

反抗期は精神の発達が行われている証拠でもあり、自我が強まるとされる3〜4歳ころに第一反抗期があり、青年期になると第二反抗期があります。

思春期は11〜18歳の間まで続くもので反抗期との違いは、心や態度だけではなく身体的な変化があります。

身体的な変化は、大人になる為に準備とも言えますが、身体は大人になっていくのに心だけ置いてきぼりになってしまって、心身のバランスが不安定になります。

思春期の心の大きな特徴を挙げるとすれば『自身の見方』です。

思春期の子供は自分自身を他者の目線、つまり客観的に自分を見ています。

自分が自分ではない感じ、自分が知らない自分へと変わっていく感じを、日々味わっている状態なんですね。

反抗期と思春期はそれぞれ特徴があり別々なもの

スポンサードリンク


反抗期・思春期の男子の心理は何考えてる?


反抗期・思春期の年頃の男の子は何かっていうと、反抗して言葉が乱暴になったり、暴力的になったり、もしくは全く口を聞かなくなったりします。

ここで、ふとした疑問なのですが・・・

「本当に心の底から反抗しているのでしょうか?」
「親の事が好きではなく嫌いになっているのでしょうか?」


反抗期や思春期の男の子は、自分の身体がどんどん大人になっていって、戸惑っているのもありますが、親を嫌っている訳ではありません。

小さい頃でも照れながらモジモジする子はいますよね。

それが成長した表現方法と思えば少しは気持ちが晴れるのではないでしょうか?

反抗するのは、照れ隠しが大きくなったものだったり、後はやはり若いうちというのは様々な事で悩んでいますから、自分でも自分の事が分からないのに、自分以外の人が自分を理解してくれるはずがないと思っています。

反抗している子は素直ではないですが、小さい頃と何も変わらない、純粋な心の持ち主なはずです。

もし、両親の立場でこの記事を読んでいるのであればそのことは忘れないようにしましょうね!

POINT:反抗期は自分との葛藤をしているのが表に出てきている表れ!


反抗期・思春期の男子への対応方法は?


照れ隠しや戸惑っているだけだと分かっていても、どう対応していいか分からなくて、怒鳴ったり手を上げてしまったりして・・・

どんどん仲が悪く複雑になっていってしまうといった、お母さんお父さんも多いかもしれません。

思春期・反抗期の男の子の対応で言えるのは、見守りましょうという事です。

頭ごなしに怒って命令しても、増々反抗心が募って最悪の状況になりかねません。

例えがズレてしまいますが、恋愛のテクニック等でも言われますが「押してダメなら引いてみろ〜」ってことです。

親が子供を信頼しているという誠実な態度でいれば、子供も落ち着いてくれるのですね。

ただし、気をつけたいのが放置するという訳ではないので、放任主義になりすぎないように注意して下さい。

遠からず近すぎず・慌てず落ち着いてが一番良い距離のようです。

「自分は見放されてしまった」っと、感じさせてしまうとそれはそれで、悪い方向に傾いてしまう可能性もあります。

あくまでも、いつでも見守っているよ!っという姿勢を表せるといいですね。

遠からず近すぎずという距離感を意識して接することが出来るといいですね!



まとめ


反抗期と思春期の違い、年頃の男の子の本音を紹介しましたがいかがでしたか?

思春期は心だけではなく身体的な面でも、成長していくため年頃の子は戸惑ってしまい、日々モヤモヤイライラして親に反抗してしまいます。

しかし、それは決して本心ではなく自分でも自分が分からない為、助けて欲しくて当たり散らしてしまっているものです。

それだけ親を信頼しているという事ですから、怒ったり悲しんだりせずにドシンと構えて、冷静に受け止めてあげると良いと思います。

可愛い我が子が、いきなり反抗的な態度をとるようになって戸惑ってしまいますが、落ち着いて我が子を見つめて共に成長していきたいですね!

これは、私の考えですが親が大人にならないと、いつまでも子供は成長出来ないと思っています。

そして、自分と接する人は自分の鏡、つまり自分の態度がそのまま表れていると思うようにしています。

相手にどうこうしてほしいと考える前に、自分を見つめなおす・・・

そんな、気持ちで日々を送っていきたいものですね!

また、今回は経験者の立場でお話ししてしまったため上からの文章になってしまったことご了承ください。

今現在反抗期・思春期のお子さんに直面している方にとって、「何が分かるの!」っと怒られるかもしれません。

ですが、これだけは言えますが後々振り返ってみると、大したことないと感じられ懐かしむことも出来ます。

そんな先を見越した今を生活していけるといいのかもしれませんね。

心から応援しております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク