スポンサードリンク


あなたは夏といえば何を思い浮かべますか?

夏といえば海!夏休みといえば海の日!

7月に入ると海の日と海開きがあり、海水浴が出来るようになり、まさに「う〜み〜はひろい〜なおおき〜な〜」って、感じの大自然の大きく広い海を、間近に感じるようになりますね。

家族や友達、恋人と海へ行き楽しい時間を過ごす人がほとんどですよね!

でも、「海の日っていったい何なのでしょうか?」

どうしてそしていつから海の日という日が存在しているのでしょうか?

又、山の日ができましたが川の日はあるのでしょうか?

そこで海の日の意味から山の日・川に日の事まで紹介します。


海の日ってどういう意味?


海の日が始まったのは、平成8年7月20日で元々は祝日とかではなく記念日でした。

ずいぶん新しく思いますが海の日の誕生した流れをさかのぼると、明治9年に天皇が東北・北海道の地方各地をまわっていたようです。

それから、灯台巡視船の明治丸で青森から函館経由で、横浜港に帰ってこられたのが、7月20日だったことで、逓信大臣が海の記念日を提唱し制定されました。

そして現在は、ハッピーマンデー制度という公務員等の企業を中心として週末2日制に加えて、3連休にし余暇を過ごせるようにと出来た制度がある為、7月の第3月曜日になっています。

ちなみに、海の日のイベントは海上自衛隊で自衛官を旗で飾ったり、基地の一般公開、音楽隊による演奏等が行われています。

他には、横浜みなとみらいで船内見学等があります。

海の日にうみだけではなくイベントにも足を運んでみるのも良い思い出になりますね。

POINT:海の日は祝日になる前にかなり古くからあった!


山の日が制定されたのは海の日が関係する?


山の日が出来たのを知っていますか?

山の日が出来たのは、海の日があるのに山の日がないのは変だからとか、海の日に対抗してとかで納得している方もいますよね。

山の日は、2016年に出来て8月11日の祝日になりました。

山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝するといった自然に感謝する日ですが、この山の日が出来たのは、元々山の日を記念日として扱っていた団体によって、山の火制定議員連盟発足を経て制定されました。

色々な噂がありますが、由来やしっかりと「何故この日か」などという、海の日のような記念日は無いようです。

なので、祝日というよりは国民の休日といったイメージで、海の人はあまり関係は強くないようです。

山を愛する人類だからこそ、作られた1年の中の1日といったところですね。

山の日と海の日は似ているようで内容が若干異なる!

スポンサードリンク


川の日・空の日ってあるの?


海の日と山の日がありますが、川の日はないのか気になった人もいますよね。

そうなんです。

川の日もしっかりと存在します。

結論から言って川の日は、七夕の7月7日にあたります。

天の川を知らない方はあまりいないと思いますが、そのイメージがあることと、7月事体が河川愛護月間だったり、海の日とかがあり水に近い季節だったから、7月が川の日だと言われたりしています。

川の日は、河川に対する関心を今一度深めて、環境づくり支援に役立つようにといった趣旨があります。

イベントとは言えませんが、主な活動内容としては、河川に関する事の支援活動や行事を行っています。

ちなみに海の日、山の日、川の日があるのでということもなんなのですが、実は空の日もあるんです!

余談ですが・・・

空の日は、祝日ではありませんが9月20日になっています。

ただ、空の日も祝日で良いのではという意見も多いようなので、近いうちに祝日になるかもしれませんね。

祝日ではないけど川の日・空の日は存在している!



まとめ


海の日等自然に関する日について紹介しました。

海の日は平成8年7月20日から始まり、最近ではハッピーマンデイ制度がある為7月の第3日曜日が海の日とされています。

山の日は特定の団体の要請によって誕生しました。

海の日・山の日だけではなく川の日や祝日ではありませんが空の日も存在しています。

自然に感謝する日を知っておいて、記念日にそれぞれ海や川や山を訪れたり空を見上げて大自然に包まれたりとして自然の生命力に感謝する日にしたいですね。

川の日・空の日が今後祝日になると嬉しいですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク