スポンサードリンク


あなたはお中元は贈られていますか?

お中元は夏の挨拶行事で、普段から周りのお世話になっている人へ、日頃の感謝を込めた贈り物をいいますね。

では、「お中元をする時に気をつけている事は何かありますか?」

「えっ?気をつける事なんてあるの?」

お中元にはマナーとかがあるの?と驚く方もいるのではないでしょうか?

結論から言ってしまいますが、結構遠くの地域にお中元を送る時に、違いが見えてくるのは送る時期です。

お中元には地方で時期が違ったりとマナーがあります。

そこで今回は地域にまつわるお中元を紹介します。


お中元の時期で関東はいつなの?


「お中元はいつ贈っていますか?」

何となくお盆前に贈れば良いかな~と、曖昧な感じで贈っていませんか?

しかし会社のお得意様や、関係者等地方に贈る場合、時期を気をつけなければなりません。

関東のお中元は6月の下旬から7月15日ぐらいまでには届くとベストです。

なので、贈る際の日付指定も、その間の期間に限定して閉まった方が良いです。

最近では関東地方は都内中心や、神奈川県等で時期が早まっているようで、だいたい6月20日あたりから贈り出す人も増えているようです。

特に、関東から地方に送る場合はお中元の期間内に届くようにする為にも、早めに送るのが良いです。

ちなみに15日を過ぎたらお中元ではないのかというと・・・

「その通り」です。

15日以降は残暑見舞いになります。

この時期は想像しただけでまだまだ暑いですし、これからという感じもしますが覚えておきましょうね。

お中元を贈る時期・期間を注意するようにしましょう!

スポンサードリンク


お中元の時期で関西はいつなの?


関西のお中元は7月の上旬から8月15日までに贈ります。

関東に比べて遅いのですね。

ちなみに東海地方や四国も関西と同じ時期のようです。

ただ最近では、関東が早い時期にお中元をするのもあり、年々早くなっています。

この地方は残暑見舞いは、通常8月15日以降から9月の上旬までとなっています。

ここで注意したいことは、やはり関東地方に贈る際は残暑見舞いが、9月に手配されていては遅いと思われてしまいます。

特に関東等は、ビジネスで言えば本社等が多いですから、失礼が無いようにと言った事をとても考えてしまいますよね。

お中元と同じく、残暑見舞いも早い時期の場所には、早めの用意をする事が良い関係を築く為にも大切ですね。

なるべく8月の25日位までには届くように贈ると良いかもしれません。

関東と関西で時期がかなりズレるので相互にやり取りする場合注意!



お中元の時期で九州はいつなの?


九州のお中元は8月1日から8月15日です。

始まりが遅いようですね。

こちらの地域も、やはり関東に贈る際は届くのが遅いイメージになってしまいます。

最近では早まっているようですが、地域内では8月の15日間で贈られてる方が、まだ多いようです。

ただお中元が遅いから残暑見舞いも、もっと遅いといった事は無く、関西と同じような時期で、少し早い8月25日頃まで贈ります。

ちなみにどの地域もそうですが、元々お中元というものは直接訪問して、手渡しで挨拶と共に贈るものです。

ビジネスの関係や滞在の難しさ等があり、宅配便等になっていますが、手紙やはがきを贈り物の前に贈ったりしますよね。

手紙やはがきは贈り物が遅れてしまったりした場合に、トラブル防止にもなりますから、文面をしっかりしておく必要があります。

やはり宅配等は顔が見えませんから、近くで会いに行ける距離なら、直接伺って挨拶するのもいいかもしれませんね。

九州もやはり関東や関西と時期的に異なるので注意が必要!



まとめ


お中元はいつなのか?地域によって違いはあるのか?ということを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
お中元の時期はそれぞれ違いがあり、
関東は6月下旬から7月15日、
関西は関東よりも遅めの7月上旬から8月15日、
期間が短いですが九州は8月1日から8月15日です。

しかし、時期が遅い地域も最近では、早めにお中元を贈る人が増えてきています。

ちなみに北海道のお中元は関西とあまり変わらない時期です。

お中元をする際に、違う地域のお相手に気づかずに失礼をしないように気をつけなければいけませんね。

良好な縁を築けるように、ビジネス関係の人は特に覚えておきたいですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク