秋分の日の食べ物って何がある?

スポンサードリンク

[秋分の日]

秋分の日はお彼岸の中日になることから昔からこの時期には様々な風習があったようです。

今回は秋分の日の伝統的な食べ物について、いつ頃から始まった風習か?何を食べるのか?なんでそれを食べるのか?などを紹介していきます。

また秋分の日のオススメレシピも紹介させて頂きますので、興味がある方は参考にしてみてください。

地域によって風習が違う?

秋分の日の前3日間を“彼岸の入り”後3日間を“彼岸明け”と呼びこの計7日間が「秋の彼岸」と呼ばれていることはご存知の方も多いかと思います。

そして、この時期に供養をするためにお墓参りや仏壇に“おはぎ”をお供えしていますので、秋分の日の食べ物としては“おはぎ”をイメージする方が多いかと思います。

ちなみに“おはぎ”と“ぼたもち”の違いは諸説あるようですが、秋の彼岸でお供えするものが“おはぎ(御萩)”、春の彼岸でお供えするものが“ぼたもち(牡丹餅)”というのが一般的のようです。


この名前はそれぞれの時期の花に由来があると言われていて、秋は萩の花が咲き乱れている様子を表したものとして“御萩”としていて、春は牡丹の花をイメージして“牡丹餅”と言われているようです。

この時期にお墓参りや仏壇にお供え物をするという風習に関してはどこの地域でも行われているようですが、お供え物に関しては地域によっておはぎ以外にも、団子・海苔巻き・いなり寿司などをお供えして、それを食べるという風習があるようです。


いつから食べられていた?

ここではおはぎについて、もう少し紹介していこうと思います。

おはぎが世間一般的に食べられるようになったのは江戸時代の後期と言われていて普段から食べられるようになるまでの江戸時代初期頃には、おはぎは貴重な食べ物として知られていたようです。

その理由は、おはぎに使われる原料の小豆ですがその起源が漢方薬として中国から
伝わってきたもので、当時は貴重なものとなっていたということがあります。

さらに、おはぎに使われている砂糖は高級なものとして扱われていました。

当時の甘いものは干し柿やさつまいもなどが主流だったようですので、砂糖が画期的なものというのも頷けます。

おはぎをお供えとして使われているのは、ご先祖を敬い供養するという目的で小豆の赤色には魔除けの効果があると伝えられ、この時期に奮発して高級品である砂糖を使用することで亡くなった方への敬う気持ちと、小豆で魔除けを期待し邪気を払うという観点からお供えされていたと考えられます。

その風習が現在まで受け継がれてきていると考えると感慨深いですね!


お供えを食べるタイミングはいつがいい?


小豆には邪気を払い災難から身を守る魔除けの効果があるという話をしましたが、当時からお供えした後にそれを食べることで効果を発揮すると考えられて来ていたようです。

そこで疑問に思うのは、お供えを食べるタイミングでお彼岸の期間でいつ食べるのがもっとも効果的と考えられているのかということです。

一般的にお供え物はお彼岸の期間の中日に食べるのがタイミングとしては望ましいと言われています。

つまり、秋の彼岸であれば秋分の日で春の彼岸であれば春分の日にお供え物であるおはぎやぼたもちを食べるということになります。

お供えの意味としてはお話しした通り、邪気を払い災難からお守りいただくと共に亡くなった方への敬い供養することが趣旨になりますので、この気持ちがあれば細かいことをあまり気にしなくてもいいという考え方もあります。

食べることよりもまずご先祖への日頃からの感謝の気持ちを伝えるということが最も重要なのかもしれませんね!


秋分の日の献立・レシピはこれに決まり!


秋分の日はお彼岸の中日という他にも季節の変わり目でもあり1年で特別な日でもあります。

家族や親族が揃うこの時期にお供えとしておはぎを作る以外にも、秋の味覚を使ってお料理を作ってみてはいかがでしょうか?

秋鮭を使った根菜の煮物

材料:秋鮭/大根/人参/小麦粉/油/だし汁/酒/醤油/みりん

1. 生鮭は1切れを4つに切って臭み取りの塩を振っておく
2. 鮭の水気を拭き取り小麦粉をまぶして油を入れたフライパンで両面焼く
3. 大根と人参は一口大の乱切りにする
4. 鍋に油をひき3の野菜を軽く炒めてだし汁、酒、醤油、みりんを加えて落し蓋をして煮る
5. 野菜が柔らかくなってきたら焼いた鮭を加えて煮汁がなくなるまで煮て完成です。

旬の野菜をいろいろ味わえる天ぷら

材料:旬の野菜(なんでもOK)/天ぷら粉/水/揚げ油
秋の野菜→南瓜・ししとう・さつまいも・なすなどがオススメです。

1. 野菜は食べやすい大きさに切るなど下準備をします。
南瓜・さつまいもは5ミリ位に切って水を少しかけてラップをし、電子レンジで少し加熱して置くといいでしょう。
2. 野菜に天ぷら粉を軽くかける。
3. 天ぷら粉を水で溶いて天ぷら衣をつくる
4. 3に2をくぐらせて熱した油に入れるて揚げれば完成です。

食欲の秋を感じられるこのようなお料理、是非試してみてくださいね!


まとめ


秋分の日を中日とするお彼岸の期間のお供え物や食べ物について紹介させて頂きました。

特におはぎについては何気なくこの時期に食べていましたが、その歴史やお供えする理由など新たな発見ができました。

また秋分の日のレシピももし興味がある方は実際に作ってみてくださいね!

天ぷらなどは日頃人数が少ない家庭などでは作る気がしないかもしれませんが、お彼岸の期間はシルバーウィークでもあり、なにかと大勢で食事をする機会も多いかと思いますのでそのような時には打って付けです。


あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ