スポンサードリンク


あなたの周りの方が、両親や祖父母の還暦のお祝いをしたという話を、今までに一度は耳にしたことがあるかとおもいます。

そこで、ふと「還暦とはどういう意味だろう?」という疑問が湧いてきました。

「どうして60歳で特別に祝うの?」と基本的なことを良く知らないでいる方も意外に多いのではないでしょうか?

還暦のお祝いが一層想いの込もったものになるよう、還暦祝いについての知識を勉強しておきましょう。


そもそも還暦って何なの?


還暦とは、60年生きて干支が生まれた年に戻る年のことです。

干支(えと)は、十干十二支(じゅっかんじゅうにし)と言い、10種類の干(甲きのえ・乙きのと・丙ひのえ・丁ひのと・戊つちのえ・己つちのと・庚かのえ・辛かのと・壬みずのえ・癸みずのと)と12種類の支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)からなります。

この干と支の組み合わせが60種類あることから、生まれた年と同じ干と支になるのが60歳なのです。

私も両親の還暦のお祝いはしました。

その時は、60歳になったからお祝いするとしか知らなかったのですが、その意味合いがわかるとあんなこともしてあげたら良かったなとおもうこともあります。

もう父はいないので、還暦のお祝いをしたことあの頃が懐かしい思い出になっています。

POINT:還暦は暦が一通り回って最初に帰って来たことを指す!


還暦(かんれき)のお祝いする意味は?


このように、「60年で十干十二支が一巡してもとの暦に還ること」から、「暦が一巡するまで長生きした」ことを祝うようになったのが始まりです。

60歳は、現代ではまだ仕事をされている方も多く長生きとは言いがたいですよね。

しかし、昔は人生50年と言われていましたし、病気になっても今のような病院があるわけでもないのに60歳はとても長生きでした。

と言っても60歳という年齢は、今までの生活を見直したり、体のことを考えたり、これからの人生をどう生きていくかを決める節目の年にもなります。

いわゆる終活ですね。

還暦のお祝いに加えて、今までの感謝やこだわりがあるなら謝罪を伝えるいい機会です。

過去のエピソードなどを入れたら盛り上がるのではないでしょうか?

還暦は今までのお礼とこれからの長生きを願う意味を込められている!

スポンサードリンク

                            

還暦のお祝いは誕生日、数え年、旧暦のいつやると正しいの?


日本では昔、生まれたら1歳となり、お正月を迎える度に年をとっていく「数え年」で年を数えていました。

昭和30年代までは、還暦は「61歳の数え年」でお祝いしていましたが、現代では60歳の「誕生日」でお祝いするのが一般的になっています。

還暦には、「赤いちゃんちゃんこを着る」という風習があることを聞いたことがあるとおもいます。

「なぜ赤い色なのでしょうか?」

赤い色は魔除けの色と言われ、昔の赤ちゃんの産着は赤だったそうです。

そのことから60歳になってもう一度赤いものを着る風習になったと言われています。

私達が小さいころから見て来たおじいちゃんやおばあちゃんの感じとは若さが全然違います。

とても60歳には見えない方がいらっしゃいます。かくいう私もあと数年で還暦です。自分で信じられないです!

還暦のお祝いは昔は数え年で考えられたが現在は60歳の誕生日が一般的!



なぜ還暦などの長寿は数え年で数えるの?


昭和30年代までは還暦は「数え年」で考えられていました。

でも今は、満年齢での数え方です。還暦祝いから長寿祝いがスタートします。

還暦に続いて、69歳の「古希(こき)」、76歳の「喜寿(きじゅ)」、79歳の「傘寿(さんんじゅ)」、87歳の「米寿(べいじゅ)」、89歳の「卒寿(そつじゅ)」、98歳の「白寿(はくじゅ)」、99歳の「百寿(ひゃくじゅ)」などがあります。

長寿祝いは、家族や親族、友人などが集まってお祝いする絶好のチャンスです。みんながずっと仲良く元気に暮らせるよう願いが込められています。

私もアラフィフになってくると、怖いもの知らずだった若いころとは考えが変わってきました。

世の中も昭和から平成へと変わり、科学も医学も相当進化を遂げましたが、でも人間はこのままでいいのでしょうか?

POINT:長寿という考え方が昔は数え年の考え方から来ていた!


まとめ


人生の終焉は、自分で決めることはできません。

この世に生まれるときも自分で生まれて来た人は一人もいません。

この人生でしかできないことをしっかりとやり終えて旅立ちたいものです。還暦をお祝いされる側にとってもきっと灌漑深いことがあるとおもいます。

みなさんにとって幸多い未来でありますようにお祈りします。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク