スポンサードリンク


「毎年やってるお中元って、そもそもなんなの!?」

夏になると、デパートなどでお中元コーナーをよく見かけるようになりますね!

普段何気なくお中元を贈っているかと思いますが、お中元とはどういう意味なのでしょうか?

そして誰に贈ればいいのか、どんな想いを込めて贈ればいいのか、またいつから行われるようになったのでしょうか。

お中元について詳しく見ていきましょう!!


お中元ってどういう意味?


中元とは中国の道教の習俗「上元・中元・下元」のひとつです。

上元は旧暦1月15日、中元は旧暦7月15日、下元は旧暦10月15日です。

道教(中国三大宗教のうちの一つ)では中元の7月15日に天の神を祭る、そして祖先の霊を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)という神様のお祭りをする日となっています。

盂蘭盆会とは今で言うお盆の行事のことです。

中元は地官大帝という偉い神様の誕生日でもあり、罪を許してもらえる日でもあったのです。

この盂蘭盆会と日本で古くから行われていたご先祖様へのお供え物や、贈り物をしていたことが混じってしまい親族やご近所さんにお供え物を配る習慣として定着してきました。

その習慣が時代の流れと共に変化し、お世話になった人に品物を贈る習慣へと変わったのが「お中元」、「お歳暮」の始まりです。

POINT:お中元はそもそも中国から伝わる伝統の行事から来ていた!


お中元っていつから行われるようになったの?


元々の始まりは中国ですが、日本でお中元の歴史が始まったのは室町時代と言われています。

年の暮れに神様へのお供え物を、公家や武家などの身分の高い人たちが一年の節目に贈るようになりました。

分家が本家に、使用人がご主人様にと届けたのが始まりだそうです。

それが商売も大きく発達した江戸時代になると、武士の組合の組頭(上司みたいなもの)に年末の贈り物をしたり、商人の場合はお得意様に贈るなど取引先やお世話になった人へ挨拶周りをしていたそうです。

この習慣から庶民の間でもすごい勢いで広がりました。

明治30年代のころはデパートなどで、お中元セールなどが行われるようになりました。

また役人に贈ったり、賄賂に近い意味合いを持つようにもなったそうですよ。

当時はうどんやそうめんなどが人気商品で、お盆の時に贈ることが多かったようです。

明治30年頃には既に庶民の間でも贈り物をする習慣が身についていた!

スポンサードリンク


お中元をあげる関係性は?


お中元を誰にあげようかなと、毎年のように悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

お中元は「いつもお世話になっている」と感じる方に贈るといいでしょう。
両親や親戚、兄弟、姉妹、会社の上司、取引先、友人など。

最近では友達同士など、親しい人にも贈ることが増えているそうですよ!!

ただ、教師や政治化、公務員の方なんかには送ってはいけないそうです。

公私混同はいけないということもあると思いますし、倫理規定や公職選挙法に触れるので贈ってはいけません。

贈ってしまった場合は、相手の方は返却することになってしまいます。

その為、逆に迷惑をかけてしまうことになるので、気をつけましょう!!

お中元は必ず贈らないといけないという決まりなどはありませんが、マナーとして一度きりのお中元は失礼にあたるので気をつけましょう。

一度きりしか贈らないのであれば、お中元ではなく「御礼」または「お礼」と表書きするといいでしょう。

贈る時期は関東では7月上旬から15日ごろ、関西では7月下旬から8月15日までで、関東と関西では異なるようです!

お中元に関する最低限のマナーを把握して贈るようにしましょう!



まとめ


お中元には「これからも変わらない良いお付き合いを」という想いもこめられています!

日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちを表し、健康を願う気持ちを伝えるよい機会ですね!!

昔とは違い今は様々なものを贈るようになりましたが、目上の方への商品券や、くつした、下着、包丁などの刃物系、くしなど贈っては失礼にあたるものもあるので、気をつけましょうね!!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク