国民の祝日である“秋分の日”ですが、どうやって決まっているかご存知ですか?

ハッピーマンデーの影響を受けない秋分の日ですが、どのような意味があるか知ってる方は少ないかと思います。

そもそも秋分の日の意味を知っていれば、ハッピーマンデーの影響を受けない理由も分かってくるんですよ!

少し難しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、そういう方は無理せず参考程度にご覧いただければと思います。

祝日がいつなのか把握出来ないで、直前になって気付くという方も多いようですので、今回は2018年の“秋分の日”について紹介します。

また、簡易的な2099年までの秋分の日の算出方法も紹介しておきますので、興味がある人は参考にしてみてください。


2018年の秋分の日はいつなの?



2018年の秋分の日は、9月23日の日曜日です。

因みに2019年・2020年まで既に日にちが閣議で決定していますので紹介しておきます。

  • 2019年:9月23日月曜日が秋分の日です。

  • 2020年:9月22日火曜日が秋分の日です。
これを見て気付いた方もいるかと思いますが、実は秋分の日は22日23日のどちらかの可能性が高くなり、もう少し言うとほとんどが23日で数年おきに22日になります。

閏年みたいに22日が調整の役割をしているようなイメージなんですね。

これを決めるのは天文学に基づき算出されていて、国立天文台という理論と観測の両面から天文学を研究する日本の機関が作成している冊子を元に決められています。

因みにその冊子とは、【暦象年表(れきしょうねんぴょう)】という小冊子があり、これに基づいて閣議で決定されて官報で発表されると言う流れになっています。

この暦象年表に基づき閣議で決定されている秋分の日というのが現在は2020年までということになります。

POINT
2018年の秋分の日は日曜日なので振替休日がある!


秋分の日の決め方があれば教えて!



秋分の日の日付の決め方は、先ほども触れましたが天文学上の“秋分日”に基づいて決定されています。

秋分日というのは地球が太陽の周りを回る中で秋分点を通過する日を言います。

少し難しいかもしれませんが簡単に言うと・・・、

チェックポイント(秋分点)をあらかじめ決めて置いて、そこを通過する日を秋分日といい、その日を“秋分の日”と定めたということです!

先程2年後までは決定されているということを紹介しましたが、それは閣議で決定されているだけです。

従って、正式に休日となるのが決定されているだけですから、秋分日が秋分の日となるなら天文学上は計算可能ですので、予想することが出来るということになります。

秋分日が秋分の日ですので、曜日は関係せず日付も決まっているわけではありません。

但し、上で少し紹介しましたが補足すると23日がほとんどで、22日は前回2012年だったのですが、その時は116年ぶりの秋分日が22日だったようです。

また、実は24日ということもあるようですが、24日が秋分日となったのは1979年でそれ以降は一度もなく次は2103年になるようです・・・

POINT
天文学の観点から秋分日=秋分の日と決められている!


秋分の日はハッピーマンデーの影響はある?



知っている方がほとんどだと思いますが、念のためハッピーマンデーに関して紹介しておきましょう。

ハッピーマンデーとは、今まで国民の祝日は日付が固定されていたのですが、そのうち一部の国民の祝日に関してその週の月曜日に移動させる制度です。

それによって、土曜日からの3連休にさせて余暇を過ごしやすくし旅行などの消費を促すのが目的と言われています。

っで、

秋分の日がハッピーマンデーに該当するかというと該当はしません。

なぜかというと、上で紹介したとおり秋分の日は秋分日というその日じゃないと意味がないため、移動させるのは好ましくないからと考えられます。

秋分の日はハッピーマンデーに該当しなので動かないのですが、敬老の日がハッピーマンデーの摘要となり月曜日に移動します。

これにより、ゴールデンウィークと同じようなシルバーウィークが完成するんですね!

具体的には、秋分の日は大半が23日ですのでこれが仮に水曜日だとして、敬老の日が21日の月曜日になった場合にその挟まれた22日は国民の休日になります。

従って、土曜日から合わせると5連休という形になるということです。

これだけの休みを取ると休み明けが怖いですが、やっぱり連休があるというのは嬉しいことだと私は思います。

POINT
秋分の日はハッピーマンデーの影響は受けない!


まとめ


今回は2018年の秋分の日について紹介し、秋分の日が決まる流れについてお話させて頂きました。

カレンダーに休日が書かれていない場合などいつだったか思い出せなかった方や数年先の予定を立てる場合などはこちらで、スッキリしてもらえたら良いかと思います。

尚、参考までに簡易的な秋分の日(秋分日)の算出方法を掲載しておきますので、興味がある方は計算してみてくださいね!

※2012年~2099年までの計算例です。


①年数の4での剰余を算出する。
(4で割ったあまりを計算する)
  • (例)2016年 答えが“0”の場合 ≪グループ1≫

  • (例)2017年 答えが“1”の場合 ≪グループ2≫

  • (例)2018年 答えが“2”の場合 ≪グループ3≫

  • (例)2019年 答えが“3”の場合 ≪グループ4≫


②各グループ毎の日付を当てはめる。
  1. ≪グループ1≫
  2. 2012年~2096年・・・9月22日

  3. ≪グループ2≫
  4. 2013年~2041年・・・9月23日
    2045年~2097年・・・9月22日

  5. ≪グループ3≫
  6. 2014年~2074年・・・9月23日
    2078年~2098年・・・9月22日

  7. ≪グループ4≫
  8. 2015年~2099年・・・9月23日

≪グループ2≫・≪グループ3≫の時はなかなか導き出しづらくなっていますが、≪グループ1≫は必ず22日≪グループ4≫は必ず23日になるというのは覚えられるかもしれませんね!

以上が、簡易的な秋分の日の求め方になりますので、興味がある方は当てはめて計算してみてください。

シルバーウィークの計画を立てる上で秋分の日を把握することは重要かと思いますので、そのような方にもご覧いただければ幸いです。

楽しい祝日になればいいですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・