カリウムを効果的に上手に摂取できる方法は?おすすめは野菜やフルーツ!

スポンサードリンク

[カリウム]


「カリウムという成分を聞いた事がありますか?」

カリウムは元素記号では、“K”と表されるもので学校での理科の授業で耳にしますね。

栄養成分としては、体の中にミネラルの一種として約3500Eq存在し、この1割はナトリウムと共に細胞外液9割は細胞内液にあります。

カリウムは、体の機能のバランスを保つのに欠かせない栄養成分で、普段の食事から摂取しているものです。

今回はそんなカリウムをより効果的に上手に摂取できる方法を紹介します。


カリウムを効果的に摂取できるおすすめは野菜やフルーツ?


カリウムは普段の食事から摂取していますが、その量は仕事で忙しかったり中々落ち着いた食事がとれていない等の、食生活や習慣等で人それぞれ違い、カリウム不足になっている人もいます。

カリウムが不足すると、脱力感から不整脈、呼吸困難にもなる恐れがある筋肉的な症状や精神症状、腎臓への負担になるなど様々な症状が出てきてしまいます。

カリウムを多く含んでいる食品は野菜やフルーツです。
手に入りやすくておすすめな食品とカリウム含有量
  • アボカド720mg

  • バナナ360mg

  • キウイフルーツ290mg
 です。

手に入れるのに、手頃ではなかったり中々手に取りにくい食品ですが、メロンやドリアン、ドラゴンフルーツ等もカリウムを多く含んでいておすすめです。

メロンはともかくドラゴンフルーツは、あまり聞き慣れない人も多く謎の果物かもしれませんね。

ドラゴンフルーツの味はさっぱりしていて食べやすく食感は例えるならキウイのような食感です。

是非食べてみて下さい。

カリウムを積極的に摂取するにはフルーツを取るといい!



カリウムを効果的に摂取できる食品を選ぶポイントは?


カリウムのバランスが崩れてしまうと、体の細胞から組織まで広い範囲に悪い影響が出てしまいます。

現代の日本人の食生活は、だんだんと欧米化していたりと忙しい人や学生は、ファーストフードで済ませてしまったり、体に良い成分をバランス良く摂れていない人が多く見受けられます。

偏った食事ではカリウム不足になってしまっている可能性が高いです。

カリウムを効果的に摂取できる食品を選ぶ時、あまりのカリウムの多い食品の多さにどれをどう食べて良いのか、分からなくなりますよね。

カリウムを多く含む食品を選ぶ際のポイントは、嫌いなものを我慢して食べてもストレスになり、帰ってカリウム不足になってしまいかねないので、なるべくカリウムが多く好きな食品を楽しく食べる事が大切です。

ちなみにカリウムを効果的に食品から摂取したい場合は、煮たり焼いたりといった調理を細かく行うよりは、フルーツや野菜等生で食べる事が良いといわれています。

凝った料理ではなくても良いといった点では忙しい人には嬉しいですよね!

ストレスもカリウムを減らす原因になってしまうので注意が必要!



カリウムを効果的に摂取できる食品を選ぶ注意点は?


カリウムを摂取しようと考えた人に質問ですが、サプリメントを飲んでいませんか?

仕事等をバリバリこなしていたり、家事で疲れがたまっていてサプリメントを飲んでいる人も多いのではないかと思います。

サプリメントを多く飲んでいて、食品からも沢山カリウムを摂ろうとした時に、注意したいのがカリウムの過剰摂取です。

健康体で何も問題ない人の多くは、カリウムを多く摂りすぎても尿等から排出されますが、ストレスが多かったり腎臓等の泌尿器系が弱っていたりすると危険です。

又、カリウムの成分だけにとらわれて食品を摂取していては栄養不足になってしまうので、やはりバランスを良く考えた上で肉や魚、豆腐、卵等のタンパク質も摂りましょう。

そしてカリウムとのバランスといえばナトリウムです。

カリウムはナトリウムの2倍くらい摂る事で、生活習慣病予防等になるといわれています。

バランスを考えながら栄養を摂取するように心がけよう!



まとめ


カリウムを効果的に摂取できる食品として、そもそもカリウムとは何なのか、カリウムを多く含む食品で、おすすめなのは何なのか、摂取する時の注意点等を紹介した。

カリウムは野菜やフルーツに多く含まれていて、その中でもおすすめな食品はアボカドやバナナやキウイです。

価格的な事もあり、毎日の摂取は難しいかもしれませんが、メロンもおすすめです。

カリウムを摂る際は、摂り過ぎや足りないといったことにならないようにしながら、他のタンパク質等もバランス良く摂りましょう。

最初は中々難しいかもしれませんが、コンビニ等でお弁当を買う時も、生野菜や温野菜が入っていたり、プラスαにサラダやフルーツを購入したりしてみるのも良いですね!


また、過剰摂取に注意が必要ですが、サプリメントの摂取も検討するのもいいかもしれませんね!
⇒カリウムのおすすめサプリメントはこちら!

バランスを意識しながら効果的にカリウムを摂取するように心がけましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ