蒸しタオルが美容効果のある理由は?5つの効果的なタイミングとは?

スポンサードリンク

[蒸しタオル]


こんにちは!

女性は、いくつになっても綺麗でいたい美しくありたいという思うものですよね。その思いから、最新の美容法や化粧品、流行には敏感です。

しかし、中々長続きしなかったり、合わなかったりする人もいるのではないでしょうか。

そこで、今日は、芸能人もコッソリ行っていると噂の『蒸しタオル』をご紹介します。

普段のスキンケアに加えるだけなので、コストもかからず簡単なので必見です!


蒸しタオルに美容効果がある理由は?


エステや美容サロンなどでも取り入れている蒸しタオル。

これは、肌を温めることで、血流が良くなり、肌の代謝も上がる為、美容成分が浸透しやすくなり、また、肌のリストアップも期待できるからです。

さらに、蒸しタオルの蒸気で毛穴も開き、毛穴の角栓や汚れも落としやすくなります。
 
人の肌は、38度に温めたときにバリア機能を回復すると言われています。また42度以上のお湯で軽く顔を温めると、今までは絶対ムリと言われていた、古く硬くなったコラーゲンを落とすこともできます。

HSP(ヒート・ショック・プロテイン)という、免疫力を高め、シミ・シワを防ぎ、肌力を向上させ、若々しさを保ってくれる成分が生成され出すのも、38度からです。

お風呂で体全体を温めるのが1番良いのですが、時間がないときは、蒸しタオルで顔や、手足、首周りを温めるのも効果的です。

POINT:蒸しタオルはエステなどでも取り入れられる美肌効果がある!


蒸しタオルで美容効果を得るためのタイミングは?


ひと言で『蒸しタオル美容』といっても、蒸しタオルをするタイミングによって、その効果は様々です。

そこで、オススメを5つ紹介したと思います!

Ⅰ.スキンケアの前に蒸しタオル!
普段のスキンケアの前に蒸しタオルを行うと、肌が柔らかくなり、毛穴も開くので、化粧水、美容液などの浸透率もあがり、スキンケアの効果がUPします。

Ⅱ.メイクを落とした後に蒸しタオル!
メイクを落とした後に、蒸しタオルをすると、毛穴が開くので、その後にクレンジングを行うと、毛穴に蓄積され、詰まった汚れがとれやすくなり、イチゴ鼻などの改善が期待できます。
また、毛穴が詰まったままだと、顔がくすんで見えることもあるので、その改善も期待されます。
クレンジング後は、冷水や、化粧水でケアをして、毛穴を引き締めるのも忘れずに!

Ⅲ.マッサージの前に蒸しタオル!
マッサージの前に蒸しタオルで良く温めると、血流や、リンパの流れがよくなり、リストアップに効果的です。
また、顔以外にも、脚や、肩にも同様で、温めることで、むくみや、肩こり改善が期待できます。
頭を温めてからのヘッドスパも、血流がよくなり、リンパの流れもよくなるので、効果が良くなるといわれます。

Ⅳ.朝起きて蒸しタオル!
朝起きると、目や顔がむくんでることってありませんか?
そんなときも、蒸しタオルで肌を温め、血行を良くすることで、むくみが改善されます。
さらに、朝のメイク前に蒸しタオルをすることで化粧水や、ローションが肌に良くなじむので、メイクのノリも普段より良くなり、一石二鳥ですね。

Ⅴ.目のクマ撃退!蒸しタオル
目の下に、クマを飼ってる人って沢山いますよね。
スマホやパソコンなどで目を酷使しているからか、一度できると中々消えないクマ。さすが、猛獣です。
メイクで消すのも限度がありますよね・・・
そんなときも、蒸しタオルの出番です。
蒸しタオルで、血行が促進され、クマが薄くなってきます。プラスで目のつぼを刺激してあげるとさらに効果がUPします。
そして、目に蒸しタオルをあてることで、眼精疲労の改善も期待できます。

蒸しタオルを使うタイミングは様々でそれぞれに効果が発揮される!



蒸しタオルで美容効果を得るための簡単な作り方を教えて!


ここまでは、蒸しタオル美容効果を紹介してきましたが、その作り方を見て見ましょう。

まず、オーソドックスなのは、電子レンジを使うのでやり方すね。

〈手順〉
1.タオルを縦に半分に折り、それをくるくると巻物のように端から丸めていきます。そのタオルを水が滴る程度にぬらして、軽く絞ります。

2.その後、レンジで温めるのですが、40°ぐらいが好ましいです。だいたい、500wで1分ほど温めれば大丈夫です。でも、電子レンジの種類によって、温度や温まり方が違うので、温める時間はあくまで目安にしてください。
また、レンジの匂いや、汚れが気になる方は、ビニール袋に入れてから温めると、取り出すときも楽なのでおすすめです。

3.温め直後のタオルは大変アツくなってるので火傷には注意してください。
また、手で適温でも顔に当てた場合、熱く感じるときもあるので、そのときは無理せず、冷まして適温になってから顔に当てるようにしてください。無理に我慢すると、低温火傷の原因になってしまので注意してください。
分かりにくいときは、比較的に薄い、腕の皮膚で確認してから顔に当てるようにしましょう。


次に、電子レンジがない場合の蒸しタオルの作り方を紹介したいと思います。

〈手順〉
1.45度~50度ぐらいのお湯にタオルを浸す。
この時、タオルを全て浸すと取り出すときに熱くて大変なので、端の方を摘まんだ状態でタオルを浸すと、取り出しやすく、火傷しにくいです。

2.絞って、顔にのせる。
ここでも、お湯が熱いので、火傷に注意して作業してください。絞るときは、ある程度冷ましてから絞るといいかもしれません。

レンジが無くても比較的簡単に作ることが出来るのでやってみよう!



まとめ


蒸しタオルは簡単で、コスパもかからず挑戦しやすい美容法のひとつですよね。

さらに、エステやサロンなどでも取り入れられている方法なので、効果も期待できますよね。

でも、やり方が簡単なものほど、取り扱いには注意が必要だと思います。

私たちが思っているよりも顔の皮膚って、薄くて火傷にやりやすいんです。熱すぎるタオルを顔にのせると火傷になって、乾燥などの肌トラブルの原因になってしまうこともあるので気をつけましょう。

お風呂に浸かりながら、全身も温めつつ、顔にタオルものせて蒸すのもありかもしれませんね。

*ここでちょっと豆知識*

蒸しタオル×乳液洗顔が、毛穴レスへの近道になるかもしれません!

用意するもの・・・タオル×3本 、乳液
  1. まず、顔に蒸しタオルをのせ、冷めたらとりかえる。

  2. 1を3回繰り返す。

  3. 顔の毛穴がパカッと開くので、乳液を多めに手に取りたっぷり顔にぬる。

  4. 乳液はケチらず、たっぷり使うのがポイント!

  5. 額、こめかみ、目の周り、鼻、頬、首の順番で手でグリグリマッサージする。

  6. 顔の乳液を水で洗い流し、後はいつもの洗顔、スキンケアを行う。

これだけで、毛穴に詰まった汚れが取れていくんです。

試してみる価値アリでよね!

コスパで簡単な蒸しタオル美容。

火傷に気を付け、正しいつかい方で美しい肌を手にいれましょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ