サーモンと鮭はどんな栄養・効能があるの?人気の料理を教えて!

スポンサードリンク

[サーモン・鮭]


サーモンは子供や女性にとても人気がある魚ですね!!

普段何気なく食べていますが、どのような栄養や効能があるのでしょうか?

栄養や効能を知ったら、もっとサーモンが好きになっちゃうかもしれませんね。

では、サーモンの栄養に関して調べて、見ていきましょう!


サーモンの栄養・効能は?


サーモンは「スーパーアンチエイジングフード」と言われています。

それほど健康や美容に効果が高い食材なのです。

ビタミンA、D、E、ビタミンB郡、DHA、EPA、オメガ3、コラーゲン、アスタキサンチンなどの成分が豊富に含まれています。

特にビタミンDはアジの10倍以上も含んでいます。

そして、アスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンEの約550~1000倍、コエンザイムQ10の約800倍という報告もあります。

サーモンを食べることで得られる効果は、次の通りです。
  • 脳、血管などの健康の維持

  • 疲れている体や、精神面での健康を手助けします。

  • お肌のハリやツヤがアップ!!

  • シミやシワ、くすみ、たるみ、肌荒れの予防

  • 肥満の改善などのダイエット効果

  • 育毛効果

  • 心臓病や脳卒中の死亡率低下


サーモンに含まれている、オメガ3脂肪酸の効能が、特に注目を集めているようです。

オメガ3脂肪酸には、生活習慣病や認知症の予防、細胞の炎症を抑えるという効果があります。

サーモンを週に二度食べることで、寿命が二年延びると言われているようです!

それだけサーモンの栄養が高いということですね。

POINT:サーモンはアンチエイジングフードなので出来る限り食べたい!


サーモンを使った人気の料理は?


アスタキサンチンは油分と一緒にとることで吸収率がアップします。

また様々な種類の成分と一緒にとる方が吸収率もいいようです!

ビタミンCを含む食材や大豆などと一緒に食べることで効果が増します。

いくつか例を載せていくので、参考にしてください!
・バター焼き
・オリーブオイルやレモンを絞ってマリネに!
・豆乳と合わせてスープにする。
・豆乳鍋などの鍋にしてたくさんと野菜と一緒に食べるなど。


サーモンは生食も出来ますが、鮭は寄生虫がいるので刺身などで食べられないので、気をつけてくださいね!

また、ダイエット中の場合、サーモンは鮭よりもカロリーが高いので鮭のほうがいいかもしれません。

ですが、牛肉や豚肉、鶏肉にくらべるとカロリーは低いので、肥満防止に効果があることは間違いないでしょう!

サーモンに含まれている成分は、熱にも強いので焼いたり、煮たり、調理しても大丈夫です!!

サーモンは生でも焼きでも様々な調理方法がある!



鮭とは栄養・効能は同じなの?


鮭とは一般的に白鮭、秋鮭、銀鮭、紅鮭のことをいいます。

天然の鮭には寄生虫がいるので生食は出来ません。普段食べている刺身はすべてサーモンということです。

サーモンは一般的にアトランティックサーモン、トラウト(ニジマス)、キングサーモンの事をいいます。

サーモンは主に養殖のものです。

ノルウェー産やチリ産が多いですよね!これは養殖技術が進んでいる国だからです。

アラスカサーモンに関しては天然物だそうですよ!なぜならサーモンの養殖が禁止されているのです。

そこまで、鮭とサーモンに違いはないようですが、養殖物なのでカロリーが鮭よりも高いです!

アトランティックサーモンが一番高カロリーで、最も低カロリーなのが白鮭です!

そしてサーモンは主に洋食に使われ、鮭は和食で主に使われています!カロリーや料理によって使い分けるといいかもしれませんね!

POINT:サーモンと鮭にそこまで大きな差は無い!


まとめ


鮭とサーモンの違いは、同じといっている人もいれば、違うといっている人もいて、とても難しいところです。

ですが、栄養や効能に関してはオメガの効果によって、健康志向の方も注目するほどです!

日々の食事になるべくサーモン、鮭を取り入れて良い成分をたっぷり体に取り込んでいきましょう!

そうすることで、お肌もきれいになり、健康にもなれちゃいますよ!!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ