銭湯にある富士山の代表的な絵って誰が描いたのがきっかけ?

スポンサードリンク

[富士山]

昔、至る所の銭湯など見ることが出来た壁に描かれた富士山の絵ですが、現在はあまりお見かけしませんね…

あの絵は誰が考えてなんで銭湯に描かれるようになったのでしょうか?

今回は銭湯にある富士山の代表的な絵画について考えてみたいと思います。

銭湯にあるのは誰が描いたの?


銭湯に描かれている富士山の絵は“ペンキ絵”と言われていて、最初に描いたのは油絵画家の川越広四朗という人でした。

昔は銭湯にこのような絵を描く広告代理店が約20社ほどあり、銭湯絵師も数十人ほどいたようですが、現在では銭湯の壁面に絵を描く“銭湯ペンキ絵師”は全国で3人しかいないようです。

川越広四朗さんは静岡県掛川市に生まれ、1884年(明治27年)~1933年(昭和8年)の間で生きていた方で、広告デザイン画家として活躍されていたようです。

静岡県出身ということもあり、依頼を受けた時に富士山を描いたということですね!


なんで銭湯に描いたの?


川越さんが最初に描いたのは1912年(大正元年)に、東京の神田猿楽町にあった“キカイ湯”という銭湯だと言われています。

“キカイ湯”の創業者である東由松氏が「壁に何か絵が描かれていたら子供が喜ぶだろう」と思い、当時広告デザイン画を手掛けていた川越広四朗さんに依頼しましたんだそうです。

依頼の時点で川越さんが描く内容を指定されていたわけではないようで、出身地の静岡にちなんだ富士山を描いたのが始まりでした。


その後、“富士山風呂”の評判は広まり東日本を中心に銭湯に富士山を描くという文化が広がっていったようです。

もし、“キカイ湯”が依頼した広告デザイン画家が川越さんではなかったら、このような文化が成り立っていなかったかもしれないということを、考えると感慨深い話ですね。


銭湯には富士山の他にも様々な絵が描かれていますが、銭湯も商売ですので縁起のいいものを描いてほしいということから、描いてはいけないタブーの背景画があるのはご存知でしょうか?

それは、銭湯の売り上げを減少させることをイメージさせる縁起が悪いことを想像させるようなもので、次のようなものが挙げられます。
① 猿  … 「客が猿」
② 夕日 … 「家業が沈む」
③ 紅葉 … 「落ちる」
などは、描いてはいけないものとされています。

このような絵は悪いイメージを連想させることから縁起が悪く暗黙の了解でタブーとされているようです。


世界文化遺産に登録された理由は?


2013年6月に富士山は世界文化遺産に登録されましたが、どのような理由で登録されたのでしょうか?

そもそも富士山は自然遺産への登録は出来なかったようでその理由としては、し尿やゴミ投棄などの環境保全が問題でした。


CMでも昔流れていたペットボトルが捨てられている光景が印象的ですが、一部の登山者のモラルの低下でゴミが放置されて遠くからの風景としての富士山とは逸脱した環境となっていたのが原因でしょう。


これが主な理由ですが、この他にも既に登録されている山との比較や自然遺産と言える人間が介入することがない環境があるかなどを総合的に判断して自然遺産には登録されなかったようです。

世界文化遺産に登録されたのは富士山が、「信仰の対象と芸術の源泉」として認められたためです。

なんだかイメージとは少し違うと思いますが、古くから霊峰富士として様々な信仰の対象として崇拝されてきたことと、絵画などの数多くの題材になっていることが登録の理由とされています。

もちろん、このような理由としても受け入れられたことは嬉しいことですが、個人的には純粋に、あの広大さと美しさに関して評価してもらいたいなぁ・・・とも少し思いました。


まとめ


今回は銭湯にある代表的な富士山の絵画について紹介してきました。

銭湯の壁というド迫力のパノラマ絵に富士山を選択したのは、今考えると当然のことと思えるかもしれませんが、今回紹介した流れがなかったらひょっとしたら、銭湯には富士山が描かれることはなかったのかもしれません。


世界文化遺産として登録されている富士山でもありますので、これからも日本のシンボルとしてずっと存在していてほしいですよね。

またその為にも富士山は2016年までに環境保全策に関する報告書を提出するように求められていますので環境への配慮を怠らないようにする必要がありますね。

それによって登録が抹消されてしまうこともあるようなので、これからも登山する方にはそれぞれ個々に環境保全に努め、節度ある行動を心がけていただきたいところです。


あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ