ふるさと納税の問題点ってある?メリット・デメリットを教えて!

スポンサードリンク

[ふるさと納税]


近年、テレビ等のメディアでよく見聞きしてきた「ふるさと納税」

ふるさとに税金を納めて、そのお礼に特産品が送られてくるってことは大体分かってるけど、でも「そのうちね…」って、思ってる方いらっしゃいませんか?

「…はい!」

そうです、そのうちの一人が私なんです。

そのうちって、なかなかキッカケが無いと踏み切れないまま…なんてことも!
でも、なんとなく

「特産品が貰えて楽しそう」
「助けになるなら協力してみたい」


とか、実はちょっとやってみたくてウズウズしていませんか!?

でも、ちょっと躊躇しちゃう…

それって、ひょっとすると「納税」って言葉が、堅苦しいイメージを与えるからじゃないですか?

そこで、ちょっと調べてみて分かったんですが、納税というより、『寄付』って考えると一歩近づけます!

普通に自治体に寄付をした場合は、確定申告でその寄付金額の一部が控除されますが、ふるさと納税をすると、自己負担金の2,000円を除いた額が控除対象になります。

2,000円多く負担し、その土地の名産品を頂く…
つまり、2,000円分のお買い物をしたような感じですね!

では、いざ「ふるさと納税」をするにあたり、抑えておきたいポイントをまとめてみたので、参考にしてみて下さい!


ふるさと納税のメリットは?


そもそも、ふるさと納税にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

以下に、私なりに考えるメリットを掲載しておきますので、参考にして頂けると嬉しいです。

①お礼の品が貰える、選べる!!


ふるさと納税をすると、その自治体からお礼の品が送られてくる場合があります。

また、そのお礼の品を自分で選べるというのも嬉しいポイントです。

お礼の品として人気なのは、お肉やお魚、お米等が多いですが、自転車やアウトドア用品等様々な物があります。

何があるのか見てるだけでも楽しいですよね!

(お礼の品がもらえない場合や、なかなか品が届かない場合もあるので注意も必要ですよ!)

②税金が控除される!!


先程も少し触れましたが、ふるさと納税をすると、負担額の2,000円を超える部分が所得税や住民税から控除されます。

これを受けるには確定申告が必要ですが、平成27年4月から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が導入され、簡単に申請することが出来るようになりました。

人によって上限額が違うので、事前に確認してみると良いと思います。
源泉徴収票等を見ながら自分の上限額が調べられるサイトもありましたよ!

特に転職や退職で収入が少ない、住宅控除がある、シングルマザー等、所得税や住民税が非課税になってる場合もあるので、それも事前に確認しておくといいですね。

もちろん、寄付なので、上限額を超えて寄付するのも素敵なことだと思います!

③好きな自治体を選べる!!


例えば、地方から出て働いている方は、生まれ育った地方の自治体から医療、教育等のサービスを受けてきましたが、進学や就職等で故郷を離れてしまえば、税金を納めるのは現在生活をしている自治体で、故郷の自治体ではありません。

そんな方が、ふるさと納税で故郷に税金を納めれば、故郷の自治体の税収を増やしてあげる事ができます。又、故郷でなくとも、被災地の復興に協力出来たり、使い道の目的が明確な自治体を選ぶことも出来ます。

POINT:好きな自治体に、税金を控除できる寄付をし、お礼の品が貰える!


ふるさと納税のデメリットは?


一方で、ふるさと納税をすることでデメリットはあるのでしょうか?

以下では、デメリットに関して考えていこうと思います。

①手間がかかる。
確定申告をしなければ控除が受けれないことや、納付先の支払い方法の手続きが複雑で、手間がかかる場合があります。
②納税額が明確になる前に納付。
所得が確定する前に寄付しないといけないので、予想で寄付する必要があること。
③自治体の競争。
各自治体で税収を得る為に、特産品を豪華にし過ぎたり、又、特産が無い自治体やあまり魅力的な品がない自治体は、その土地の住民が他の自治体に納税してしまい、更に税収が減ってしまう。

こうなってしまうと本末転倒な気もします…。

最近では、特に各自治体のふるさと納税による収支を報道されたりしていて、こんなにも人気に差があるんだと思っていました。

今後、ふるさと納税を行う方がより増えると、人気のない自治体は当然税収が減少してしまういます。

そうなると、お金がない地方自治体がどのように資金を賄っていくのか?より住みやすい街になっていくのか?という不安を感じることにもなりかねません。

例えば、自分が今住んでいる自治体が人気がなかったらどうなってしまうのか?考えると少し不安にも感じますね・・・

デメリットは自分だけでなく自治体の今後の行方も気になるところ。



ふるさと納税の今後の問題点は?


良いことが多いようなふるさと納税ですが、自治体と癒着する企業、赤字になる企業、お礼の品の生産が追い付かない等、自治体が加熱し過ぎないようにしていく必要があります。

さらに、その使い道も納税者が納得するような形にしていかなければなりませんね。

納める側も特産品ばかりに気をとられないで、ふるさと納税の本来の意味を理解し、各自治体が潤うような納め方をしていかなければと思います!

自治体と納税者両方が、満足できる「ふるさと納税」にしていく為には、本当に応援したい自治体やお世話になった自治体に納税するのもいいかもしれませんね!

例えば、自分が寄付したお金で自然が育っていってるなら、数年後にその町を訪れてみたりするのもまた楽しみの一つでもありますよね!

そして、尚且つ、特産品ももらえたら、ありがたいし、自治体もその特産品を気に入ってもらえたら、売り上げや観光に繋がる良いキッカケになり町の活性化にもなります!

とにかく一度、体験してみてはいかがでしょうか?

今後デメリットをどのように減らしていくか各自治体の腕の見せ所



まとめ


今回は、ふるさと納税を行う上でのメリット・デメリットについて考えてきましたが、いかがでしたでしょうか?

メリットとしては、納税者である私たち個人にとってふるさと納税を行うといいことがたくさんあるという印象でしたね!

一方、デメリットとしては、手続きが面倒という個人の話もさることながら、自治体という税金を集める側に問題が生じる可能性があることが分かりました。

ふるさと納税を行うということは、基本的には自分が住んでいる以外の自治体へ税金を納めるようなものです。

ということは、自分の今住んでいる場所の税金が減額することにつながり、交通や設備等さまざまな本来ならば、住みやすい街になっていたところが、ならない可能性も出てくるということがデメリットとして考えられました。

ただ、こればっかりは私たち個人がどうこう言っても仕方がないのかもしれません。

まずは、ふるさと納税をすることで、“ふるさと”へお金を寄付するという姿勢でいいのではないでしょうか?

従って、源泉徴収票を確認しどれくらいまで”寄付”出来るのか把握してみるところからスタートですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ