出産時の帝王切開は近年増加傾向にあるって本当?その理由と今後の課題は?

スポンサードリンク

[妊娠・出産]


女性がお母さんになる人生の一大イベントとも言える妊娠・出産。

早く赤ちゃんに会いたくてワクワクしますよね!

では、実際に出産となったときの帝王切開による出産をご存知ですか?

帝王切開は、通常お母さんと赤ちゃんの一方に問題が出来、自然に出産する事が難しい時に行う出産法です。

近年では帝王切開で出産する女性が増えていますが、それは自分の意志で選択して行われたものなのでしょうか?

ここでは、帝王切開は自分の意志で選択する事が出来るのか、近年の出産方法状況、帝王切開で出産した女性の身体の事についてみていきたいと思います。


帝王切開は自由に選択することが出来る?


通常お母さんとお腹の赤ちゃんに特に問題がなければ通常出産を行います。

では、帝王切開で出産する場合はどんな時なのでしょうか?
選択出産が行われるケースを紹介します。

逆子
お腹の中の赤ちゃんの向きは、通常頭が下になっているのですが、頭が上になってしまっている赤ちゃんの場合は、出産の時に頭が最後に出てくるという状態になってしまい、へその緒が首に引っかかる恐れが合ったり、酸素が行き届かなくなってしまいます。そのため赤ちゃんが窒息しない為にも帝王切開による出産方法を選択します。

児頭骨盤不均衡
お母さんの骨盤よりも赤ちゃんの頭の方が大きい、骨盤の形が良くない等の問題があると赤ちゃんが骨盤から外へと進めなくなってしまうので、帝王切開による出産を選択します。

多胎妊娠
双子や三つ子を妊娠した場合、妊娠による高血圧症候群、切迫早産となるリスクが高くなるので、お母さんと赤ちゃんの安全を確保する為に帝王切開による出産が選択されます。

子宮筋腫
子宮に良性の腫瘍があり、それが大きく問題になりそうな場合に、帝王切開の出産が選択されます。腫瘍が小さかったり出産には影響しない場所にある場合は、通常の出産方法になります。

前置胎盤
子宮を胎盤が塞いでしまって赤ちゃんが外へ出てこられない状況の事です。出血の量が多くなってしまうので、帝王切開による出産が行われます。

前回帝王切開
出産が初めてではなく、以前にも帝王切開をしている場合は、切開した子宮が伸びて薄くなっている場合があり、負荷をかけると破れてしまいます。これは危険なので帝王切開が選択される事が多いです。

高齢出産
高齢出産の年齢は医学的には、約35歳よりも上の女性を指します。年齢を重ねた子宮は硬く、赤ちゃんが外へ出る場所が通りにくくなってしまっているので、安全に出産する為にと帝王切開による出産が選択される事が多いです。

これ以外にも、帝王切開が行われるケースはあるかもしれませんが、大きくは胎児かお母さんのどちらかに原因がある場合には認められると考えておくといいでしょう。

帝王切開を選択する場合にはそれなりの原因がある。



帝王切開は近年増加傾向にあるの?


近年は帝王切開による出産が増加していて、総出産数訳100万人のうち20万人と推定されています。つまり約5人に1人の女性が帝王切開による出産を行っています。

不思議ですね、出産率は低下しているのに帝王切開数は増加しているんです。

これは医療が進歩した成果でもあり、失敗のリスクが軽減したという点もあるのかもしれませんね。

やっぱり大切な我が子ですから、出来るだけ負担がかからず安全に生まれてきて欲しいですよね。

帝王切開による出産が、選択出来るケースとして先に紹介しましたが、元々通常の出産を選択していたとしても緊急で帝王切開になってしまう場合もあります。

緊急で帝王切開が行われるケースは次のような場合が挙げられます。

  • 胎児機能不全といって分娩中の合併症で赤ちゃんに酸素が行き渡らなくなった場合

  • 常位胎盤早期剥離といって子宮に大量出血が起こった場合

  • 妊娠高血圧症候群といって妊娠の20週目〜12週目の間に高血圧等が起こった場合

  • 遷延分娩といって子宮の口が小さく赤ちゃんが上手く取り出す事が出来ないと判断した場合

  • 微弱陣痛といって子宮が収縮するパワーが無く陣痛が起こっている時間が長く間隔が長い場合
これらの場合は、お母さんの体力も消耗してしまうので、危険だと判断された時は帝王切開になります。

しかし、WHO(世界保健機関)はこのような非常事態が無い場合は、出来るだけ自然に出産するべきだと言われています。

健康体であればなるべく自然分娩をすべきだけど減ってきている。



帝王切開が女性の体型に与える影響や今後の課題はある?


帝王切開での出産ならば、骨盤が緩んだり歪んだりする事はないと思っていたのに、お腹がぽっこり!となってしまう方は多いのではないでしょうか?

良く胃腸の位置がずれたのかなという女性もいますが帝王切開では胃腸は触らないので関係ありません。

元々、筋肉が合った人は出産後も引き締まりやすいようですが、筋肉がなく骨盤を鍛えていないと、出産後のぽっこりお腹の原因になってしまいます。

しかし出産後にちゃんとケアをすればポッッコリお腹を防げます!

ケアでおすすめなのは、やっぱり骨盤を整える事です。骨盤ストレッチも色々あり簡単なのも多いですが、ストレッチというと中々体力や時間がなかったりと、やり始めても3日坊主になってしまうという恐れもあります。

そんな時に便利なのが骨盤ベルト等の骨盤を整えるグッズです!高いものを買わなくても100円ショップ等で売っているグッズで充分です。

また、帝王切開をすると、人類の進化に影響がないか少し不安にもなりますね。

科学的な根拠に関しては分かりませんが、このまま帝王切開が多くなる傾向になると、普通分娩が出来ないような体に進化して行かないのかという不安もあります。

直接的に、私たちに関係があるかどうかはわかりませんが、将来の世代でも普通分娩ができる体のままのほうが、母体への負担が少なく安心です。


POINT:産後の体の変化を元に戻す努力を簡単に出来るように工夫しましょう!


まとめ


帝王切開による出産方法について、帝王切開は自由に選択出来るのか、帝王切開となる例は何なのかということを紹介ました。

また、近年増加傾向にあるというのはどういう事なのか、帝王切開による女性の体型への影響はどういったものでどう防げば良いのかを紹介しました。

帝王切開は近年増加傾向にあり、今では5人に1人の割合で行われています。

しかしお母さんにも赤ちゃんにも特に問題がない場合は通常通り自然分娩が行われます。

高齢出産や2度目の帝王切開の女性に対しては、安全に出産する為に帝王切開による出産を選択する事が出来ます。

大切な赤ちゃんですから、お母さんにも赤ちゃんにとっても、安全な出産をする事が望ましいですね!


あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ