鯉のぼりはいつからどんな由来があるの?色の意味を教えて!

スポンサードリンク

[端午の節句]

Pocket


5月になるときれいな青い空の中、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいるのをよく見かけますよね。

私も子供の為に小さいですが飾ってあげたことが何度かあります。とても喜んで満面の笑みで鯉のぼりを見ていたのを覚えています。

この鯉のぼりはいつから上げられるようになったのでしょう。また由来や色などについても見ていきましょう。

この記事を読むことで、子供にきちんと説明できるようになるといいですね!


鯉のぼりの由来は?鯉じゃないと駄目?


昔、武家では男の子が生まれると跡取りが出来たと喜ばれ、その家の家紋が描かれたのぼりを立ててお祝いしたそうです。

男の子が生まれた感謝の気持ちを神様にお伝えすること。そして男の子の健やかな健康、成長を神様にお願いするという意味が込められています。

この習慣が庶民に伝わるときに、中国から伝わってきた“鯉の滝登り”と合わさり、のぼりに鯉の絵を描いたのが始まりとされています。

では、「鯉の滝登りは知っていますか?」

「登竜門」という中国の故事で、滝をたくさんの魚が登ろうとしましたが、鯉だけが登りきり竜になることができたというお話です。鯉の絵が描かれているのはこの為だったのですね。

また鯉はきれいとは言えないような池や沼でもたくましく生きていける魚です。

そういったことから鯉のようにたくましく生きて欲しいという願いも込められているのですね。

POINT:元々は家紋が掲げられていて鯉ではなかった!


鯉のぼりが上げられるようになったのはいつから?


鯉のぼりが始まったのは江戸時代からとされています。

ですが、鯉のぼりを飾るこどもの日は以前、端午の節句と呼ばれていて奈良時代に日本に伝わったとされています。そして男の子の誕生や成長をお祝いする行事でした。

端午の節句は月初めの牛の日に行われていたのですが、牛が5に通じることから5が重なる5月5日に行うようになったのです。

奈良時代や平安時代では宮中行事として行われていたそうです。そして鎌倉時代になると、節句のときに使われていた菖蒲(しょうぶ)が、勝負と同音であることから武家の間で人気になりました。

やがて江戸時代になると端午の節句は五節句の一つとして式日に定着したのです。

そうです。ここで先ほど書いたその家の家紋が描かれたのぼりをたててお祝いするようになったのです。

もともと端午の節句は女性のお祭りだったそうです。5月5日に女性だけが拝殿に集まり豊作をお祈りする日でした。

神事が終わると一年でその日だけ休みを与えられ一晩中遊ぶことを許されたそうです。一年に一度しか休みがないなんてびっくりです!!今の時代では考えられませんね。

POINT:鯉のぼりを上げる風習は江戸時代からでそれ以前は端午の節句だった!


鯉のぼりの色にはどんな意味があるの?


空を見上げると赤や青、黒など様々な色の鯉が泳いでいますね。それぞれどんな意味があるのか見ていきましょう。

真鯉(父親)色は黒で冬の水を表しています。
冬の水は冷たく厳しい寒さを想像させますね。全ての生命の命の源とされる水は私たち生きているものにとって欠かせないとても大事なものです。そういったことから家族の大黒柱であるお父さんを表しています。

緋鯉(母親)色は赤で夏の火を意味しています。
夏はたくさんの生命が大きく成長していく時期ですね。また、人間は生まれ持った知恵により火を手に入れた事で文明をより良いものにしました。それにより火は知恵を象徴しています。知恵を持ち子供の成長を促し温かく家族を見守ってくれるお母さんを表しているのですね。

青い鯉(子供)色は青で春の季節で木を表しています。
春になって温かくなると草やお花、木の芽など様々な植物がすくすくと伸び始めます。とても気持ちのいい時期ですよね。鯉のぼりの青は春の木のように子供がすくすくと成長していく姿を表しています。

今はいろいろな色の鯉が泳いでいますが、昔は黒の真鯉しかなかったそうです。

因みに、赤がお母さんなったのは昭和に入ってからだそうです。余談ですが、鯉のぼりの歌にお母さんが入っていないのは、昔はお母さん鯉がいなかったためなんだそうです。

んっ?っと思われる方は、別の記事で紹介していますので、そちらを見てみてくださいね!

POINT:鯉の色にはそれぞれ意味が込められているけど昔は黒しかなかった!


まとめ


鯉のぼりについていろいろ見ていきましたがどうでしたか?

私自身すごい深いなーと思いました。これからはまた違った見方で鯉のぼりを見ていけますね。とても楽しみです。

同じように鯉のぼりの季節を楽しみにしていただけたら嬉しいです。

また、今回紹介した内容を是非お子さんにも説明してあげるといいですね!

そういうコミュニケーションは大人になっても印象に残っているもので、またその子供にも伝統が受け継がれて行くことでしょう。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ