お墓参りの頻度はどれくらいがいいの?やり過ぎると危険なの?

スポンサードリンク

[お墓参り]


一年の間に少なくても一度や二度はお墓参りに行きますよね。

実際どれくらいの頻度で行ったらいいのでしょう。

この先長生きをしていると、お墓参りに行く事が増えてくると思います。

大切なご先祖様、先に亡くなられた大切なご家族の為にも少しでもお墓参りについて知っていただけると幸いです。

ではどれくらいの頻度で行ったらいいのか見ていきましょう。


お墓参りの頻度はどれくらいがいいの?


お墓参りとは、お墓に収められているご先祖様などを、偲ぶために行うのが本来の目的です。お墓を掃除しに行くと勘違いしている方もいるようですがここで考えを改めましょう。

目的に照らして頂ければお分かりかもしれませんが、お墓参りの決まった頻度や回数などはありません。

人それぞれの価値観によって異なりますが春のお彼岸やお盆、秋のお彼岸、命日、そしてふと何か伝えたいときや、思い出がある日など訪れてあげるといいでしょう。

お墓が離れていたり、忙しい生活を送っていると、なかなかお墓参りにいけない時もあるかもしれませんが、決して気に病むことはありません。

ですが、荒れ放題になるほど放置したり長期間にわたり行けないとなると、そこに供養されている方は、とても悲しい想いをすると思います。

なるべくお彼岸やお盆、命日などの行事には訪れてあげると故人もきっと喜ぶことでしょう。

POINT:いつ行けばいいのか?ではなくいつ行けるのか?を考えよう!


お墓参りが少なすぎるとどうなると言われている?


お墓参りに全然行ってない方がご先祖様にとりつかれたり、悪いことが頻繁に起こったりするなんて話を聞いたことありますよね?

本当の話かはわかりませんが、それはご先祖様が来てくれないことにたいして、すごく悲しい想いをしているのだと思います。

誰もが普段の生活や仕事におわれ、忙しい日々を過ごしていると思いますが、大切なご先祖様ですし頻繁に行けないにしても、お墓が汚れて荒れ放題にならない程度に訪れてあげましょう。

そして日頃の感謝をこめて故人のことを敬い手を合わせましょう。そうすることで気持ちも伝わり供養にもなるでしょう。

またお墓参りなどの大事な儀式をきちんと孫の代まで教えてあげることも大事なことです。

礼儀の一つとして忘れないようにしていかなければいけません。

故人に会いに行くことで新たに気付かされることもあるかもしれません。



お墓参りを毎日することは危険なの?


結論から言って、お墓参りをするのに行ってはいけない日などありません。

そもそも、お墓参りを毎日しているという方もいます。

お正月や年末年始は駄目なのかと疑問に思った方もいるようですがそんなことはありません。その日が命日なのに行けないなんてことはないのです。

ふと故人の事を思い出したときなど、いつでも訪れてあげるといいでしょう。

ただ雨の日や、雪の日は石の上が滑って危ないのでしっかりと地面を踏みしめて歩き転ばないように気をつけましょう。

また夕方、夜のお墓参りも足元が見えづらいので危ないですね。なるべく明るい時間帯に行きましょう。

昔からお墓参りは午前中に行くのがよいとされていました。

お墓参りの時間を優先させるべきという考えからです。お墓参りの時間を優先してそういった時間を大事にするという気持ちが先祖を敬う上で大切だと考えられてきたのです。

現代ではあまり気にすることもありません。お墓に眠るご先祖様や故人と向き合う時間を大切にしましょう。

POINT:お墓参りが年間のスケジュールに組み込まれるようになるといいですね!


まとめ


お墓参りについて見ていきましたがどうでしたか?

ご先祖様を想いお墓を訪れるのに良いも悪いもないのですね。

ご先祖様を想い、敬い、しっかりと向き合い供養していきましょうね。そしてお墓参りという大事な行事をしっかりと受け継いでいきましょう。


「行かなきゃ!」・「行かないとどうなるかわからない(汗)」など、後ろ向きに考えるのではなく、「故人の会いに行ける」・「どんな気持ちでいるのかな?」と、会うことを楽しめるようになるといいですね!

とは言っても、なかなか毎日や毎月行くのが難しい方もいるかもしれません。

そんな時は、“必ずこの時にお墓参りをする”というように、1年の行事としてとらえるといいかもしれません。

お墓が遠方の方にとっては、帰省した時など決めやすいですが、逆に近いと「いつでもいける」と感じてしまい、結果的に行かなくなりがちです。

そうならないためにも、行事として捉えるようにしてみてくださいね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ