お墓参りは1年に何回いつすればいいの?効果的な時期を教えて!

スポンサードリンク

[お墓参り]


あなたはお墓参りの基本的な事を知っていますか?

お墓参りは、先祖の冥福を祝い、先祖から与えられた命に感謝して幸せを祈るという意味があることは、ひょっとするとご存知の方もいるかもしれません。

では、1年に何回お墓参りをしていますか?

1年間でお墓参りをする回数というのは分からなく、出来る事なら知っておきたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、お墓参りをするのは1年にどれくらいなのか、いつするのが良いのか、逆にしてはいけない時期はあるのかを紹介したいと思います。


お墓参りは1年に何回すればいいの?


お墓参りにいく機会は年に最低でも1度はありますよね。

しかし年に1度訪れると花は枯れて周りに草がボーボー生えていていたりと荒れ果てた姿になっているという仏壇もあるようです。

では、一体年に何回お墓参りをすれば良いのでしょうか?

結論から申し上げて、きちんと決まった日数という決まりはありませんし、毎日する必要もありません。

しかし、放置して荒れ果てたお墓では先祖が悲しんでしまいます。

とはいっても、きっかけが無いと中々行こうと思いませんよね。

なので、基本的に命日やお盆、節目の時期、自分の記念日や報告(試験や就職など)や思い出の日など、何か合った日に日々の報告もかねてお墓参りをすると良いです。

そしてお墓参りをした際には是非掃除をしましょう。自分の身も清められる感じがして新たな気持ちの切り替えになるかもしれませんよ!

POINT:決まりごとがあるわけじゃないけど祖先を悲しませないようにしよう!


お墓参りはいつするのが理想的なの?


お墓参りに行く日としては、季節ごとの節目や命日や記念日等の思い出の日がおすすめです。

時間としては、地域によって結構違うようで、昼間にお墓参りをしなければ霊がついてきてしまうなんて噂もあるようですが、基本的にはやはり掃除がしやすい明るい昼間が良いと思います。

ちなみにお墓参りの作法としては、お墓についたらまずは掃除をして周りの雑草やゴミを無くして墓石を清潔にします。

お花はよくお墓というと菊のイメージといいますが、生前に好きだったものを備えると良いですね。

お供えは、先祖に備えた食べ物は良い波動があるという言い伝えがあるので、家族で分けて食べると良いです。

線香をたくと思いますが、本数は宗教によって天台宗と真言宗では3本、浄土真宗は1本を2つに浄土宗は2本や1本を2つに折って横にするなど作法があります。

一般的には束にして火をつけますけどね。

要は気持ちが大切です。

作法を覚えることも大事ですが何よりも気持ちを大事にしましょう!



お墓参りしてはいけない時期はあるの?


結論から言って、お墓参りをしてはいけない時期というものはないようです。

但し、気にする方はお盆に先祖は戻ってくると言われていますし、先祖を迎えにお墓参りをした後は送っていく14〜16日までは行かない方が良いと思います。

お迎えに行った後は、仏壇の火を絶やさないようにすると良いです。又、占いや風水を深く信じている場合は、その運に従っても良いようです。

ちなみにお墓参りでのしてはいけない作法としては、墓石の頭からおもむろに水をかけるのは、冷や水を浴びるという意味があるので良くありません。

お供え物は自然動物に荒らされる危険性があるので持ち帰りましょう。お花選びは棘が無くにおいが強くない種類が良いです。

お墓参りを夜に行ってはだめという話を聞きますがこれは、昔の人がお墓参りはきちんと計画を立てて行うべきだとしていたからだそうです。

1つ言えるのは夜は危ないです。

霊がついてきてしまうというのもありますが、やはり暗いので怪我の恐れもあります。

1年の中で計画を予め立ててお墓参りが出来るといいですね!



まとめ


お墓参りについて、1年に何回すればいいのかや基本的な作法などを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

お墓参りにきちんと決まった期間等の決まりはありませんが、お盆等の先祖が家に戻ってきている期間中は、お墓に行っても誰もいませんので家の仏壇にでお参りしましょう。

とは言っても、やはり気持ちが一番大切なので堅く考えずに、何かのきっかけのある日にでも報告と掃除をかねてお墓参りをすることをお勧めします。

無理にお参りしても先祖は喜びませんからね。

あなたの気持ちを表す意味でのお墓参りという位置づけがいいのかもしれませんね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ