エイプリールフールの意味・由来を教えて!1日中嘘ついたらダメなの?

スポンサードリンク

[エイプリールフール]


4月1日と聞いて何の日を思い浮かべますか?

4月1日はエイプリールフールといって堂々と嘘がつける日ですね。

しかしエイプリールフールは具体的に何の日なのか、何故嘘をついて良い日なのか、そしていつからそんな風習があるのか?と聞かれたら「えっ」っとなってしまいますよね。

エイプリールフールには様々な噂があり、どれも確かなものはありません。

ここでは、エイプリールフールの意味や由来は何なのか、何時から始まったのか噂や伝説から真実みを帯びているものを紹介したいと思います。


エイプリールフールっていつからあるの?


おじいちゃんやおばあちゃんに、エイプリールフールっていつからあるの?と聞いても「私らが生まれた頃にはすでにあったよ」と返ってきてしまうのではないでしょうか?

いったいエイプリールフールはいつから始まったのでしょうか?

結論から言って、エイプリールフールは、1564年にフランスから始まったと言われています。

そして日本では、約100年以上前の大正時代に、元々は義理を欠いている日として「不義理の日」として始まりました。

日本で具体的にどのような日だったのかということ、挨拶や自分の近況等を手紙にして知らせる日でした。

この時代では嘘をつくことはいけない事だったので、義理堅くなりなさいといったような意味もあったようです。

そして時代が流れると共に、日本でもエイプリールフールは嘘をついてもいい日として、広まっていったんだそうです。

POINT:日本では始めは嘘をつくというイベントではなかった!


エイプリールフールの意味・由来を教えて!


エイプリールフールは嘘をついて良い日という感じですよね?

実はエイプリールフールの意味や由来はちょっと怖いんです。エイプリールフールとは確かに、4月1日に嘘をついても良いという風習の事です。

ただ、昔のヨーロッパは3月25日を新年として、今ではエイプリールフールと呼ばれる4月1日まで祭りが行われていた。

しかし、1564年にフランスの「シャルル9世」が1月1日を新年にしてしまい人々はそれを賛成してはくれませんでした。

そして、この両方の意見が対立し、4月1日を嘘の新年だと言って騒いでしまいました。

その事をシャルル9世が知り、人々を捕まえて処刑してしまいました。

フランスの人々は王に抗議して事態は治まったものの、騒動を忘れない為に4月1日を嘘の新年として祝い続けてそれがエイプリールフールだと言われています。

ちなみにあまり知られていませんが、処刑されてしまった人々の中には13歳の少女がいてその少女の為に13年ごとに嘘の嘘の新年を祝うとして、1日中嘘をつかない日が出来ました。

昔はエイプリールフールの4月1日はお祭りが開かれていた!



エイプリールフールは1日中嘘ついたらダメなの?


4月1日のエイプリールフールは嘘をついても許される日ですが、実は1日中嘘をついても良い訳ではなく、午前中だけという決まりがあるようです。

そして午後は何の時間かというと、やはり嘘をついたままではいけないので午後は、午前中についた嘘のネタばらしをする時間となっているのだそうです。

これはエイプリールフールのルールなのですが、他にも人を不幸にする嘘はついてはいけないという平和の象徴のようなルールもあります。

ちなみにエイプリールフールについた嘘は、1年実現する事はないという都市伝説もありますので変な嘘は止めましょうね。

間違っても受験に合格するや誰々と付合うなどという事を午前中に言ってはいけませんよ。

本当に嘘のままで叶わない夢となり悲しい事になります。

ついた嘘はその日のうちにきちんと誤解を解きましょう!



まとめ


4月1日のエイプリールフールについて意味や由来、ルール等を紹介してきましたがいかがでしたか?

エイプリールフールは、1564年にフランスのシャルル9世が、1月1日を新年とした事がきっかけで、それまで新年だった4月1日を、嘘の新年と人々がお祭り騒ぎをして、それに怒ったシャルル9世が人々を処刑した事がきっかけで誕生しました。

日本では元々は不義理の日として近況等を手紙にして知らせる日でしたね。

エイプリールフールの嘘は、午前中だけで午後はネタばらしをする時間です。

エイプリールフールで嘘をつく場合は、人を不幸にしないような嘘をつきましょうね。

冗談が冗談で済まされないような状況になることも場合によってはありますので・・・

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ