地震が起きた時どのように行動すればいいのでしょうか?

学校や会社では防災管理者という防災に関する知識を持った人がいて、定期的に避難訓練を実施するなどの対策が取られていますよね。

でも、

当然ながら自宅の場合には個々で判断して行動しなければなりません。

(自治体によっては行っているところもありますが。)


今回は地震の際にどのような行動をとればいいのか?ということについて紹介させて頂きますので、これからの日常生活で参考にしていただければと思います。

さらに、この地震が起きるとすさまじい被害が予想されている南海トラフ巨大地震に関して起きる可能性がどれくらいあるのか?ということも考えていきます。

あくまでも参考程度にはなってしまいますが読んで頂くことで、考え方を見直すきっかけにして頂けると嬉しいです。


地震に被災した時の対処法は?



地震が起きてしまう前に、やっておきたい事として家具を倒れないように固定したり、寝室には背の高い家具を極力置かないようにするなどが考えられます。

では、

実際に地震が発生したらどうのように行動すればいいでしょうか?

どのような状況で地震に遭遇してもこれが一番重要なことかもしれません。

まず第一に落ち着いて行動するということが最も重要と言えるでしょう。

これが出来ないと、せっかく日頃から防災に対する意識が高く万全の状態であっても、誤った判断を選択してしまう可能性があり、パニックになってしまうこともあるためです。

あまり精神論を言うのは好きではないのですが、この判断で助かる可能性が上がると言っても過言ではありません。

従って、まず“慌てずに落ち着いて行動する”ということを心掛けて欲しいところです。


以下では、それを前提として地震が起きた場合に考えられるシュチュエーション毎の行動に関して紹介して行きます。

【自宅にいる時に地震が来たら?】

地震が発生したらまず、自分の身の安全を確保しましょう。

『地震の際は火に注意』ということを良く聞きますが、それよりもまずは頭を保護し大きな家具から離れて机などの下に隠れるのが先決かと私は思います。

まずはこれを肝に銘じて下さい。

揺れてる最中にわざわざ火を消しに行くようなことは危険です。

もちろん、すぐに消せるような場所にいるのであれば消してから身を守るのもいいかもしれませんが、離れているのであれば身の安全を確保することが最優先になります。

次に、揺れが収まってから火の始末を慌てずに行うという手順がいいでしょう。

繰り返しになりますが、揺れてる最中はまず自分の身を守ることを最優先して頂きたいところです。

火の始末をしたら地震の情報を入手できる環境があれば入手し、近所に声を掛け合って非難しますが、車は使わずに徒歩か自転車で非難するようにしましょう。

この時は車等を使うと大渋滞に巻き込まれる可能性があるだけでなく、地震によって道路が倒れてきたもので塞がってしまっている可能性も考えられるので、私はおすすめしません。

徒歩か自転車で避難するのが好ましいかと思います。

【運転中に地震が来たら?】

運転中に地震が発生したらどのように行動すればいいでしょうか?

まず運転中に揺れを感じるような地震は、大きな地震であると考えた方が良いかと思います。

っで、行動ですが・・・

あなたが昔、免許を取得する際に学習しているかと思いますが、今一度確認しておくと運転中に地震を感じたら、急停止はせずにまずはゆっくりと左に車を寄せて状況を確認するのが良いでしょう。

その際にラジオ等の情報を入手できる環境があればそれを聞きます。

左に寄せるのはもし道の真ん中で車を停車させてしまうと、その後車を動かせなくなるような事態に遭遇した場合、緊急車両の通行の妨げになることも起こりうるからでしたね!

また急停止も危険ですのでやめましょう。

二次災害を招く可能性がありますので、慌てずに落ち着いて減速させて左に移るようにしましょうね^^

震災に合うと大半の方は車で非難しようとしますが、東日本大震災の時国道は大渋滞で通常数分で行ける距離も何時間もかかってしまったり、その中を緊急車両が通ろうとして大混乱を招いたのを私は目の当たりにしました。

因みに、私の友人は車で帰ろうとして普段なら30分のところを12時間かかったと言っていました・・・(汗)

非難時は車という選択は考えずに徒歩か自転車で行くということを前提で考えましょう!

そのほうが結果的に早いということもあり得ますので、私は非難に車を使うことは勧めません。

【海岸にいて地震が来たら?】

海岸の近くにいる場合には、地震に関する情報を入手する前に強い地震を感じたら出来るだけ早く高台に避難するのが望ましいでしょう。

津波警報が出てからでは手遅れになる可能性もゼロではありませんので、まず避難を優先するということを意識しましょう。

ただ、その際も外では揺れによりさまざまなものが倒れてくることが考えられます。

避難しようとして、倒れてくるものの下敷きになってしまっては元も子もないですから最善の注意を払うようにしましょう。

高台に避難してから地震に関する情報や津波に関する情報を入手しても遅くはありません。

何よりそれで津波が来なくても何も損はしないですから、まずは身の安全を確保することを最念頭にして行動してくださいね。

POINT
自分の置かれている状況を冷静に把握して最優先項目を実施しましょう!


南海トラフ巨大地震いつ起こるのか可能性を教えて!



日本近海で発生する可能性がある地震として、南海トラフ沿いのプレート間で生じる南海トラフ巨大地震というのがあります。

その地震の想定規模はマグニチュード8~9クラスのものが、2040年頃までに起こる可能性がなんと60~70%と言われています。

前回マグニチュード8以上を南海地方で観測したのは、1946年に起きた和歌山県南方沖を震源として発生した地震で、昭和南海地震と言われています。

その時の地震の規模はマグニチュード8.4だったんですって!

これは昭和南海地震と言われ、九州から房総半島にかけてかなり広範囲の太平洋側に津波が発生して死者1,330人、家屋の全壊が約12,000棟、半壊が約23,000棟、流失が約1,500棟という被害が発生したようです。

日本の周辺を含み過去10年間のデータをもとに平均値で、1年に何回ぐらい地震あるのか調べてみると、マグニチュード3.0以上のものが1年間平均で約4,800回以上も発生していることが分かりました。

マグニチュード3.0というのは、微小地震と言われているのでひょっとすると気付かないこともあるかもしれないレベルですが、1日に10回以上起きている計算ですからやっぱり多いですね・・・

ちなみにこの数値は世界で発生している回数の約1/10にあたることから日本周辺での地震の回数は多いと言えるでしょう。

POINT
南海トラフ巨大地震は今後約20年に起こる可能性が高い!


まとめ


今回は地震が起きた際にどうのような行動を取ったらいいか、その心構えと対処法を紹介しました。

まずは、冷静に落ち着いて行動するということはどのようなシチュエーションでも肝になりますので、これだけは忘れないでくださいね!

また、自分の身の安全を確保するということで、安全な場所に避難するのが先決ですが、非難できた際にやってはいけないこととしてはタバコ等に火をつけるということです。

タバコに限らず火を使う行動は出来るだけ避けるようにしましょう。

地震の際、至る所でガス漏れが生じている可能性がありますので、その中で火をつけてしまうと・・・

とりあえずホッとして、一服と考えてしまうかもしれませんがここは我慢してくださいね!

因みに、自宅が被災した場合の避難場所ってご存知でしょうか?

日頃意識していないので気づかないかもしれませんが、至る所に避難場所を示した案内が設置されています。

自宅の周辺だけではなくよく訪問する場所でも、このような避難場所に関する案内に目を傾けて頂きたいところです。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・