二日酔いに効果的な食べ物を教えて!解消出来る行動とは?

スポンサードリンク

[飲酒]


あなたはお酒を飲まれますか?

ひょっとして昨日も飲み会で少し飲み過ぎてしまっていませんか?

お酒を飲むのはどんなときでしょう?

友達とワイワイ、会社の飲み会やイベント、会社終わりの一服、ストレス発散等の楽しく盛り上がりたい時ですよね。

しかし楽しくなったのに後で、二日酔いが起こっては次の日の仕事にこたえたり何も出来なくなりますね。

まさに、今あなたが感じているように・・・

あるいは会社の付き合いで嫌々付いていって、二日酔いなんてもっと最悪です。

二日酔いが少しでも解消出来たら、もしくは事前に防げたらお酒を飲むのも安心出来ますよね。

そこで、今回は二日酔いに効果的な食べ物や、解消するためには何をしたらいいのかということを考えていきます。


二日酔いがなぜ起きてしまうのか?


二日酔いの解消法の前に、そもそもなぜお酒を飲み過ぎると、二日酔いになってしまうのでしょうか?

飲んでいる時はあんなに楽しかったのに・・・と、思うと謎ですよね。

まずお酒を飲んだときの身体の中の動きは、アルコールは身体の中に入ると胃で約20%小腸で80%吸収されてから肝臓で分解されます。

しかし、肝臓の中で二日酔いの元凶となる、アセトアルデヒドという吐き気や頭痛の素となる有害物質というものを、分解する為に肝臓はフル活動します。

肝臓で無害化されたアルコールは、酢酸になって身体の中で分解され二酸化炭素になり水になり尿になって排出されます。

しかし、有害物質を分解出来る量は限度があり、大量にお酒を飲むと分解が追いつかなくなってしまう為に、アセトアルデヒドが胃痛から胃もたれ、吐き気等の胃腸障害や頭痛、動悸を起こす為にこれが二日酔いになります。

二日酔いの原因は肝臓で処理しきれなくなったため



二日酔いに効果的な食べ物は?


お酒を飲む前に、水分としてミネラルウォーターやお茶で水分補給をしておく事で、アルコールで失われる水分を補う事で脱水症状による頭痛や吐き気を抑える事が出来ます。

お酒を飲んでいる最中はやはりおつまみを一緒に頂きますよね。

せっかくなので・・・
  • 働いてくれる肝臓の為にブロッコリーとカリフラワー

  • 有害物質の分解を助けてくれるシジミ等の貝類やタコ、イカ、卵、鶏胸肉

  • アルコール吸収を遅くするナッツやくるみ、レーズンバター等の脂肪分を多く含む食べ物
を頂きましょう。

お酒を飲みながら水分摂取をするとなお良いのですが、中々飲まないという方はスープや味噌汁をおすすめします。

貝類のスープやシジミ味噌汁はいかがでしょうか?

お酒以外の水分を取るように心がけるといいですね!



二日酔いを解消できる行動とは?


飲んだ後にすぐ寝るのではなく、寝る前にカロリーオフではないスポーツドリンクをコップ2杯程度飲みましょう。

カロリーオフはアルコールによる低血糖を改善する糖分が含まれていないので注意が必要で、選ぶ際には普通のスポーツドリンクが良いです。

スポーツドリンクの後には栄養ドリンクを飲みましょう。

お腹がダボダボになってしまうかも知れませんが、上記の2種類は次の日の体調対策にとってとても重要な行動となっています。

お酒を飲んだ後にお風呂に入るという方もいらっしゃるとは思いますが、熱いお風呂で長くつかると、お酒でも水分不足になるのに加えて更に水分を失ってしまいます。

実は私自身経験がありますが、脱水症状となりめまいを引き起こし、猛烈な汗が噴き出てきます。

この点でも、お酒を飲んだ後の長風呂は避けた方がいいでしょう。

後は頭痛薬もこの時点では控えましょう。

薬もアルコールと同じで肝臓で分解されるので、肝臓の仕事を増やしてしまうと上手くアルコールが分解されないだけではなく、更に体調が悪くなってしまいます。

アルコールを飲んでいると薬の効きが悪いと感じることはありませんか?使用上の注意をよく読んで頂ければ書いてあると思いますが、お酒を飲んだ時は止めておくことをおすすめします。

POINT:肝臓の働きを助ける効果があるものが何かを考えると良いでしょう!


まとめ


二日酔いのメカニズムと原因、解消出来る食べ物、飲んだ後の行動等を紹介してきましたがいかがでしたか?

お酒を飲み、身体に入ったアルコールは胃と小腸に吸収されて残りはアセトアルデヒドという有害物質として肝臓で分解されます。

しかし、大量にアルコールを吸収することで、分解しきれなかった分が原因で胃腸障害や頭痛を引き起こして二日酔いとなります。

予防としては水分を良く取り、お酒と一緒に二日酔いを軽減する物を食べると良いですね。

飲んで帰ってきた後は薬と入浴を避けてスポーツドリンクと栄養ドリンクで水分を摂ってから寝ると次の日の体調対策になります。

楽しく飲んだのに次の日は最悪な気分になっては悲しいですからお酒と上手く付合っていきたいですね!

ただ、やはり悪酔いは控えたいものですので、ほろ酔いくらいで抑えられるといいですね。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ