リコピンが多く含まれている食べ物は?1日の摂取量の目安を教えて!

スポンサードリンク

[リコピン]


リコピンと聞いて何を思い浮かべますか?

リコピンはダイエットや美肌等アンチエイジングにとても良い効果を表してくれる成分有名ですね。

しかし、実際にリコピンをどうしたら摂れるのか、何に含まれているのか?がイマイチはっきりしていなくて、美容に取り入れられていないという方も少なくはないでしょう。

又、取り入れるのがめんどくさそうと思ったり相当な費用がかかるんじゃない?と思っている方もいると思います。

そこで、今回は手軽に普段の食事に取り入れられるように、リコピンが多く含まれる食べ物をご紹介します。


リコピンが多く含まれている食べ物は?


リコピンが含まれているもので有名なトマトには可食部100gあたり3g含まれていて、プチトマトだと8g、トマトジュースにすると1本(200mg)で18gです。

トマトジュースは、商品によってはリコピンリッチなどリコピンを通常よりも含んだ商品も売っています。

飽きてもリンゴジュースを混ぜたりレモン果汁を入れたりパスタやスープ等の料理にしてみたりと色々な工夫が出来ますね。

スイカはトマトよりもリコピンが多く含まれていますが、1玉食べきる事は難しいのと価格的にも毎日続けるにはキツいですよね。夏の暑い時期に水分補給や夏バテ防止としてなど、時々取り入れられると良いかもしれませんね。

他には、ピンクグレープフルーツや柿等にも多く含まれています。

このような食べ物を飽きないように上手く組み合わせて、毎日上手に摂取すると良いですが、そこで気になるのが1日にどれくらい摂取すればいいのか?ということではないでしょうか。

次では、1日の摂取量について考えていきます。

POINT:トマトはジュースの方が効率的に摂取できる


リコピンの1日の摂取量の目安は?


リコピンの摂取量は、1日約15mg〜20mgが良いといわれています。

リコピンを1日しっかり摂る事で、リコピンが身体の中の活性酸素を消してくれて糖尿病や動脈硬化の原因となる生活習慣病予防や肥満予防、視覚機能の低下防止、更に代謝が上がるため老廃物が消えて美肌になり若々しい身体になるといった効果が期待出来ます。

しかし、ある研究結果でタバコを3本ほど吸う人は、血中リコピン濃度が約40%無くなってしまい、煙草の有害物質を消す事が難しくなるというデータがあるので、煙草を吸う人は吸わない人より多くのリコピンを摂る事をおすすめします。

ただ注意したいのが、リコピンの摂り過ぎです。

過剰摂取による大きな害はないですが、やはり度が過ぎるとお腹がゆるくなったりと困った症状が現れる事があります。

体に良いことが沢山あるので積極的に摂取するように心がけよう!



リコピンが多く含まれている食べ物に換算するとどれくらい必要?


リコピンは効果を発揮するのに1日約15mg以上が必要ですが、15mgは、トマトで例えると大きめのトマト2個分、プチトマト約17個分、ジュースなら1本、ホールトマト1/2缶です。

ジュースやホールトマトは手軽で飲みやすくおすすめですが、中には食塩等が含まれていて毎日摂りすぎてしまうと、逆に身体に害を与えてしまうような商品もあります。

塩分過多は脳卒中や心筋梗塞の原因になる高血圧・生活習慣病に繋がる可能性があります。

ジュースやホールトマトを利用するときは食塩不使用な商品を選ぶ事をおすすめします。

15mgのリコピンを食品から摂取するとなると、トマトではLサイズのもので2個、プチトマトに換算すると15~17個となります。

かなり意識して摂取するように心がける必要がある!


まとめ


リコピンが多く含まれる食べ物として、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツ、柿等がある事がわかりました。

私は実は調べるまではトマトぐらいしか知らなかったので、かなり参考になりました。

また、トマトに関してもどれくらいの量を摂取すればいいのか分かりませんでしたが、今回調べてみて把握することが出来ました。

1日の摂取量の目安は15〜20mgといわれていて、リコピンが含まれる食べ物トマトにすると約2個必要で、プチトマトだと約17個必要という事等を紹介してきましたがいかがでしたか?

リコピンは摂りすぎるとお腹が緩くなりますが、逆に考えればリコピンを含む食べ物は水分や他の栄養素も豊富で適度に摂ればお腹の調子を整えてくれて便秘予防にもなるという事ですね。

健康志向の方には持ってこいの成分ですね!

飽きがこないように自分なりにジュースや料理等にして長く摂り続けて下さいね!

リコピンで目指せハッピーライフ!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ