地震で被災した際に必要最低限の防災グッズは?

スポンサードリンク

[地震]

地震が頻発している昨今の状況を考えて、既にご自宅で用意されている方も多いかと思いますが、今回は防災グッズに関して最低限必要なものを紹介させて頂きます。

既にある程度ご自身で情報を仕入れて、防災グッズに関して備蓄されているという方にとってみると当たり前のことかもしれませんが、今一度確認の意味でもご覧いただければと思います。

まだ防災グッズを備えていないという方や、既に管理されているけど本当にこれでいいのかわからないという方など、こちらを参考にしていただければと思います。

何日分くらい必要か?

被災した際に必要になる備蓄品は何日分ぐらい確保しておくのがいいんでしょうか?
特に食糧等は多いに越したことはないですが、実際災害がおきて避難の際にそれを避難所まで持っていくと考えると、必要最低限の量を備蓄品として蓄えて置くのがいいですよね。

正確に決まった日数というのがあるわけではないですが、様々な書籍を調べてみるとだいたい3日分を想定して備えておくのが好ましいようです。

断言はできませんが、避難所に避難できてその時点でのライフラインが閉ざされていたとしても3日あればなんらかの支援がされるのではないでしょうか。

また自宅から出ることが出来ない状態に陥ってしまった場合でも、3日間分を確保しているだけで精神的に安心できることでしょう。

本当にこれだけは必要という備蓄品は“水”ではないかと思いますが、これだけでも3日間分用意するとかなりの量になります。


具体的には1人あたり1日に必要な水の量は3ℓと言われていますので、それを3日間ということは一人9ℓ確保する必要があります。

それを家族分ということですのでかなりの量になるのがお分かり頂けるかと思いますが、水さえあれば人間は数週間生きていけると医学的にも実証されているくらいですので“水”に関しては、まず確保することを推奨いたします。

この他にも食糧などあるかと思いますが、以下では子供がいる方やペットを飼っている方に対しての必要最低限のグッズを紹介していきます。

子供がいる場合

赤ちゃんなど小さい子供がいる場合必要なグッズはまず3つのカテゴリーに分けて管理するのがいいのではないかと思います。


≪備蓄用品3つのカテゴリー≫
常備用品 これはいつも持ち歩くバッグなどに入れて管理しておくもので外出先で震災に遭遇した場合に必要なものを用意しておくという分類です。
持ち出し用品 これは自宅にいて被災した場合にすぐに持ち出せるようにリュックなどで管理しておくものという分類です。
備蓄用品 これは自宅で避難生活を送る場合に必要なものを管理しておくものという分類になります。


これらは子供の有無に関わらず必要なものとも言えますが、特に小さな子供がいる場合にはこのようにして分けて管理していると、いざ震災にあった時にも落ち着いて行動できるでしょう。

また実際に地震に合ってしまうと非日常を目の当たりにして、自分の身を守ることと子供を守ることでかなり疲労してしまう状態になってしまい何も考えられない精神状態になってしまう可能性もあります。

しかし、このようにすぐに持ち出せるように管理しておけばこれを持って避難すればいいと容易に判断できるので、少しは軽減出来るアイテムの一つと言えますのし、管理しやすくなりますのでこのような分類で管理されるのがいいのではないかと思います。


被災した方の話で赤ちゃんをお持ちの方が、避難所生活をしていて一番苦労しているのが、オムツなどの子供用品が不足していることと衛生面に気を使うということだと言っていました。

仮にオムツなどはこの3つのカテゴリーに分けてそれぞれで管理していれば、最低限の必要枚数は確保できると思いますのでこの点からも安心できるのではないでしょうか。


それぞれに健康保険証のコピーや母子手帳のコピーを入れておくのもいいかもしれません。

母子手帳は災害にあった際にいつもの掛かりつけのお医者さんに診てもらえるとは当然にして限らないので、その際に必要と思われる部分をコピーとして入れておくといいのではないかと思います。

ペットを飼っている場合

ペットを飼っている場合に必要なグッズは何と言っても「狂犬病ワクチン接種済み証明書」だと思います。
避難所にペットを連れていけたとしても、これを持っていないとそもそも中に入れない可能性がありますので、常備品の中に入れておくのがいいでしょう。

またエサですが、こちらも基本的には3日間分のエサと水を確保しておくことが望ましいでしょう。

まとめ

今回は必要最低限の防災グッズということで本当に最低限のものを紹介しました。
この他にも「あったら便利」・「あったら役立つ」ものなどあるかと思いますので、そのようなグッズに関しては改めて紹介できればと考えています。


また少し話がそれますが、あなたは被災した場合の避難場所や避難経路をご存知でしょうか?

学校や会社では定期的に避難訓練が行われていますが、自宅では自己の判断で動かなければなりません。

被災してパニックに陥らない為にも、これを機に備蓄品の管理・避難経路の確認等もう一度再認識して頂ければと思います。
まずは水を確保するところから始めてみてくださいね!


あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ