指輪の正しい洗い方を教えて!傷つけてしまう磨き方・手入れ方法は?

スポンサードリンク

[指輪]

Pocket

皆さんにとって指輪はどんな存在でしょうか?

おしゃれに欠かせないアイテムだったり、記念日にもらったり、また婚約や結婚の時に交換したりと素敵な思い出が沢山詰まったものですよね。

しかし、やはり物ですから時が経つにつれて、どうしても輝きを失い汚れていってしまいます

記憶の中では、手にした瞬間の輝かしく美しい指輪が鮮明に残っているのに、実際は汚れてしまった指輪が手元にある。気が付くとそんな状態になってしまっていることも多いのではないでしょうか?

なんとか元通りにキレイに輝かせる方法は無いかと悩んでいる方は少なくないと思います。

そこで今回は、指輪の正しいお手入れ方法を紹介します。

この記事を読んで実践して頂き、昔のように輝かしい煌びやか指輪を再び手にして頂ければ幸いです。


指輪の素材によって洗い方は違うの?


いざ、指輪のお手入れをしようと思っても適当に手入れをしてはキレイにならないどころか余計に傷がついてしまったりします。

そこで、ここでは一般的に皆さんが持っている割合が多い、指輪の素材であるプラチナ・ゴールド・シルバー・チタン、そしてファッションリングとして若者に人気のプラスチックやガラスのお手入れ方法を紹介します。

プラチナ
プラチナは、品質そのものの安定感や劣化が起こりにくい事が特徴です。
あまり洗うという方は少ないとは思いますが、どうしても洗わなければならない場合は中性洗剤ジュエリー専用のクリーナーを使います。

ゴールド
ゴールドは、傷がつきやすいので手洗いはなるべく避けて、専門店で超音波洗浄をしてもらうと元のように輝きます。

シルバー
シルバーは、酸化や劣化しやすいのが特徴なので専用クリーナー等で洗ったり専用磨きクロスを使用します。

チタン
チタンは、サビに強く割とタフなので水洗等で大丈夫です。

ガラスやプラスチック
ガラスやプラスチックはファッションアクセサリーに取り入れやすく大変身近な物ですが、チタン同様水洗いの後に優しく拭く程度で大丈夫です。

POINT:材質に合った正しい洗い方をしましょう!


指輪の正しい磨き方・手入れの方法は?


普段のお手入れは乾いた柔らかい布やティッシュで軽く拭き取るだけで充分です。しかし、やはりとても汚れてしまっていたら洗わなければなりませんね。

専門店でメンテナンスをしてもらうのが一番良いのですが、なかなかそんな機会が無い場合もあります。そこで簡単に自分で出来るお手入れの方法を紹介します。

簡単に出来る方法といえば浸け置き洗いですが、浸け置き洗いといっても単に水に浸けるだけでは思うように汚れが落ちませんし、下手な洗剤を使うとサビたりしてしまう恐れがあります。

一番良いのは、身近な中性洗剤をお湯で薄めた物を使用することです。

中性洗剤を使う事により、ゴシゴシと磨かなくても汚れが剥がれて浮いてくるので、浸け置き洗いの後は軽く水で濯いで柔らかい布で優しく拭き取るだけで充分です。

どうしても家で本格的に磨きたいといった場合は、専用のクリーナーや磨き用クロスを使う事をお勧めします。この2つは100円ショップにも売っていて身近で手頃に購入出来ます。

心配の場合は一度専門家に見てもらうのが良いでしょう!



指輪を傷つけてしまう磨き方は?


指輪は磨く事で輝きを増し、美しくなります。しかし、磨いても磨いても輝きが出なかったり傷がついてしまったりと(もう寿命なのかな)と悲しい思いをされた方もいるかもしれません。

しかし指輪に寿命はありません。

間違った手入れの方法を認識して正しく手入れをするだけで、いつまでも美しく輝かしい思い出が詰まった指輪を保つ事が出来ます。

では、「間違った手入れの方法とは何なのでしょうか?」

典型的に言われている悪い例は、ハブラシで磨く事です!

え!?ハブラシで磨くと良いって人から聞いた事があるのに!って思いますよね?でも間違いなんです。

ハブラシだけではなく、歯磨き粉を使うのも間違っていて、やはり専用のクリーナーや磨きクロスを使う事をおすすめします。

くれぐれも、歯磨き粉に含まれている研磨作用によって、美しく磨き上げられるなんて思わないようにしてくださいね。

傷つくか付かないかの判断は最低限するようにしましょう!



まとめ


今回は、指輪の正しい手入れ方法と間違った手入れ方法を紹介しましたが参考になったでしょうか?

指輪はそれぞれの素材によって手入れ方法が異なる事や、簡単に自分で出来る手入れ方法として中性洗剤を薄めて浸け置き洗いをする方法、ハブラシや歯磨き粉等でむやみに手入れをしてはいけない事を紹介しました。

これらのお手入れ方法を参考にして、指輪を手にした瞬間と同じように輝いて美しい指輪を、いつまでも愛用して嬉しい記憶と共に大事にしてあげてくださいね。

今回紹介した内容を実践する場合は、個人の責任でお願い致します。

当サイトは一切の責任を取り兼ねますので、ご了承下さい。

もし、どうしても失敗したくなくて、不安があるのであれば面倒でも一度専門店で見てもらうことが最善の策だと私は考えます。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ