禁煙すると太る理由は?実は太らない体になるって本当?

スポンサードリンク

[美容・健康, 禁煙]


公共の場での禁煙対策が進むようになってからだいぶ経ちましたが、愛煙家の皆様にとってはなかなかつら~い世間の状況ではないでしょうか。

そんな中でも、「だいぶ慣れたよ~」なんて言う方も多いかもしれませんね。

また、「本当は禁煙したいんだけど・・」「禁煙したら太るって聞くし・・」となかなか禁煙に踏み切れないという方もいることでしょう。

今回はそんな不安をお持ちのあなたに向け、禁煙しても太らないで生活ができるようになる方法についてお伝えしたいと思います。

というか、そもそも「禁煙すると太るって本当なの?」ということから考えていきます。

この記事を読むことで、禁煙するとなぜ太ると言われているのか?太らないで禁煙することが出来るのか?ということがわかりますので、理由をしっかり理解して禁煙するかしないかの判断をして頂ければ幸いです。


禁煙すると一般的に太ると言われる理由は?


そもそも、「なぜ禁煙すると太ると言われているのでしょうか?」

まず、大切な捉え方としては「太る方もいる」・「太る方が多い傾向がある」ということを前提にしておく必要があります。

次に、タバコには「ニコチン」という物質が含まれていますが、この「ニコチン」には摂食に関わる視床下部にある“POMC”という神経細胞の回路を活性化させ“食欲を抑制する信号を多く発信させる働きがある”ことがわかっています。

つまり、喫煙により知らず知らずに食欲が抑制され、禁煙するとこのニコチンの作用がなくなるので食欲が増進し太りやすい状況になるということです。

また、ニコチンで麻痺していた味覚や嗅覚が通常にもどることも、食事がおいしく感じられるようになり、食べ過ぎてしまう傾向となり太りやすくなるということになります。

従って、タバコのニコチンという物質を考えると、禁煙によって食欲が元に戻るということになるので、禁煙しても今までと同じ生活を出来れば太るということは無いと考えられます。

もう一つの原因としてはある“2つの腸内細菌が関係している”とも言われています。食事の量が変わらないという方にとってはどうして太るの?と疑問に思いますよね。

禁煙すると肥満症患者の腸内の多くみられるプロテオバクテリアとバクテロイデスという2つの細菌が増えることが明らかになっています。

これらの細菌の働きにより食べ物が排泄物として体外に排出されずに通常よりも多く脂肪に変換されてしまうため、太りやすくなるというのがもう一つの理由として考えられています。

いずれにしても、このままではタバコを止めて、禁煙するということは太る傾向にあると言えそうですが、実は必ずしもそうではないという考え方もあります。

そこで、次では禁煙すると太らない体になるというのは本当なのか?ということについて考えていきます。

禁煙することで、元の体に戻ろうとするため環境の変化によって太るように感じてしまう。



実際は禁煙すると太らない体になるって本当?


次に、「禁煙したら太らない体になれるのでしょうか?」

それは・・

やはり前述した内容にもある通り禁煙すると、太りやすくなる理由がいくつもあるため太らない体になるとは言えないかもしれません。

また、ストレス少なく禁煙できることでこれだけは言えます。

それは、健康的な体やこころを取り戻すことが可能になります。

禁煙による心身や生活面でのよい効果として次のようなことが言われています。

  • 「肌がきれいになる」

  • 「冷え性が改善する」

  • 「免疫機能が正常化し骨の健康や睡眠の質が改善される」

  • 「呼吸器疾患やがんのリスクが減少する」

  • 「部屋がきれいになる」

  • 「お金や時間の節約につながる」

など様々なものがあります。

実際に何回もの禁煙にトライし成功できた筆者も、特にお金の節約という面では禁煙の効果をとても実感しています。

また、時間が生まれたということも言えるでしょう。

止める前までは「吸っている時間も考えている時間で無駄はない!」と断言していましたが、禁煙してみると、「こんなにも時間が生まれるんだ!」と驚いています。

1本吸うのはたかが、5分程度かもしれませんが塵も積もれば山となるとも言われるように、止めて見るとこんなにも時間に余裕が生まれるのだと感じています。

それに、上記で紹介した腸内細菌に関してですが、禁煙によって増えるのではなく、そもそも吸っている状態が少なかったとも考えられます。

従って、本来の数に戻ったと考えれば、それに見合う食生活に改善出来れば太るということは起きにくくなるのではないでしょうか?

こう考えると、タバコを止めるから太るのではなく、止めて正常な、健康な体に戻ることにより、今までの生活環境を続けていると結果的に太ってしまいますよ!ということです。

ですから、考え方として「たばこもやめるし今までの生活環境も改めて見直そうと取り組む」ことが、良いのかもしれませんね。

私の体験談ですが、1ヶ月ですかね?1ヶ月は口が寂しくなりスースーするやつなどが手放せませんでしたが、ふと気づくとそれも「いらなくてもやっていける!」と思い、今では何も後遺症はありません(笑)

禁煙で太るということは今までが健康でなかったと言えるでしょう。



禁煙しても太らないようにする方法はあるの?


「禁煙はしたいけど太りたくない・・」女性にとっては切実な願いという方も多いのではないでしょうか?

前述したように禁煙-ニコチン作用の消失―食欲増進―太りやすい傾向へという流れがありますが、禁煙により味覚が正常に戻り、ご飯がおいしくなるということは、あなたの体にとってはとても喜ばしいことでもあります。

まずはその点を理解された上で、どうしても出てくる食欲を上手にコントロールするにはどうしたらよいのか?考えていきましょう。

禁煙チャレンジにより喫煙していた時間が空白になり喫煙したくなった精神面(イライラ、時間を持て余している、人との会話の沈黙を補う、なんとなくなど)を補う必要が出てきます。

そこで手軽な方法が「食べる」ですね。この食べるがこうじて「太る」。簡単に言うとこういうことになります。

従って、ここでは大きく2つ太りにくくする方法を紹介しておきましょう。
①食べるものや飲み物を工夫すること
②食べることに対して罪悪感ではなくおいしく感謝して食べるようにする

そこで①「食べるものや飲み物を工夫すること」が大切です。なるべくカロリーの少ないものやナッツなど栄養価の高い食材を選ぶようにする習慣を身につける。

また飲み物ではジュースやコーヒーなどの刺激物よりもあたたかい飲み物を飲むことで精神的なリラックスをはかるというのも一つの方法です。

②次に「食べることに対して罪悪感ではなくおいしく感謝して食べるようにする」ことです。

脳は人間が感じたように体をコントロールする働きがあります。

たとえカロリーが高くどうみても太りそうというものでも、食べるときは美味しく頂くことで脳も満足し、無駄に脂肪をため込まないように働くことがわかっています。

ですから、食べたいものは美味しくいただきセーブするときはするというように、ストレス少なく取り組めるようにする工夫も太りにくくするためにとても大切な考え方です。

禁煙をしたすぐは特に意識してみるといいでしょう。



まとめ


今回は、「禁煙すると太る理由は?実は太らない体になるって本当に?」ということで、禁煙を出来ない理由の一つである太るのか?ということを考えてきましたがいかがでしたか?

禁煙により太りやすくなることもありますが、反対に禁煙によるメリットも多くあることもお分かりいただけると幸いです。

というよりも、禁煙しないことのメリットはひとつもありません。

という筆者も何度も何度も禁煙に失敗しつつも成功できた一人ではありますが、なかなか禁煙のハードルは高かったので、苦労される方の気持ちも十分お察しいたします。

ただ禁煙によるメリットは長い目で考えるととても心身や生活、経済面にいい影響をもたらすことは間違いありません。

ぜひ思い切ってトライされることをお勧めいたします。

また、アドバイスとしては「禁煙中です」とか、こういう言葉は間違っても使わないで下さいね。

いつまでが禁煙なのか?わけがわからないですから・・・

個人的には、誰にも言わずにこっそり止めるのがおすすめです。

「いつもこのタイニングで吸っていたけど、意外に吸わなくてもいけるんだ!」っと、思える回数が増えていくことで、自然とやめる方向に近づいていきます。

あくまでも、私が体験した内容ですので、全ての人に当てはまるかわかりませんが、参考にしてみてくださいね!

徐々に良いと思います。取り組まないよりは体にとって全然違いが出ます。

数年後の自分のために頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ