ひな祭りはいつからあるのか由来を子供向けに簡単に教えて!

スポンサードリンク

[ひな祭り]


ひな祭りといえば、私は「うれしいひなまつり」の歌を思い出します。女の子がいるご家庭は、ひな人形を飾って、ちらしずしやひなあられを食べて楽しく過ごされる日ではないでしょうか?

小学校の給食では菱餅に似た三色ゼリーが楽しみだというお子様も多いのですよね^^

女の子のお子さんの為にひな人形に「お嫁にいけますように」とお願いしている方もおられるかもしれません。

ところでこの、「ひな祭り」ってどういう由来があるのか知っていますか?

今回は気になるひな祭り起源について調べてみました。この記事を読むことで子供から「ひな祭りってなんでやるの?」と言われた時も心配なくなって頂けたら嬉しいです。


ひな祭りはいつからあって毎年同じ日なの?



そもそも、「ひな祭りはいつからあるのでしょうか?」

歴史は古く平安時代までさかのぼり、現在のような「女の子の健やかな成長を祈る」様式になったのは江戸時代からです。そして江戸時代には、旧暦ですが今と同じく3月3日に行われていました。

ただこれは旧暦なので、今で言うと4月頃です。4月頃と言えば。桃の花が咲く頃でしたので、ひな祭りが桃の節句とも言われているのはこのためなのですね。

そして、現代のように3月3日になったのは、明治時代から新暦に変わってからです。現代の暦で言うと、ひな祭りは3月3日で毎年同じ日です。

ただ地域によっては旧暦の3月3日に行われるところもあります。旧暦を知りたい方は「旧暦カレンダー」や「月齢カレンダー」で調べるとすぐに分かりますよ!

インターネットはもちろん、書店や雑貨店でも販売しているのでおすすめです。旧暦のよいところはやはり季節に合ったお祝いが出来ることですね。

毎年3月3日は変わらないけど旧歴・新暦で分かれる地域もある!



ひな祭りの名前の由来を簡単に教えて!


ひな祭りの由来を調べていくといろんな歴史や文化が見えてきました。ひな祭りの名前の由来をお話する前に、ひな祭りの歴史を簡単に探っていきたいと思います。ひな祭りのポイントとなるのが「上巳の節句(じょうしのせっく)」、「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」、そして「雛(ひいな)遊び」です。

古代中国では季節の変わり目に無病息災を願う行事が行われていました。そのひとつが旧暦の3月の最初の巳の日に厄払いをした「上巳の節句」です。他にも「人日の節句(じんじつのせっく)」、「端午の節句(たんごのせっく)」、「七夕(たなばた)」、「重陽の節句(ちょうようのせっく)」などもそうです。

日本には遣唐使によって伝えられ宮中の行事となりました。もうひとつ古代中国には「曲水の宴」といって春先に清流や浜辺で水を浴びて身を清め無病息災を願う行事がありました。こちらも日本に伝えられ、宮中行事として行われました。

陰陽道の影響もあり、紙や草で出来た人形を自分の穢れを移して川や海に流しました。ひな祭りの大元は「流し雛」といって人形に自分の穢れを移して水に流し清めるものでした。今でも嫌な事があってそれを忘れたい時など「水に流そう」と言いますよね。昔から災いを水に流すという考えがあったのですね。

この上巳の節句と曲水の宴がいつしか旧暦の3月3日に一つの行事になったと言われています。上巳の節句は、最初は3月の最初の巳の日だったので、年ごとにバラバラな日に行われていましたが、室町時代には旧暦の3月3日に行うようになったと言われています。

そして、室町時代になるともともと宮中行事だったひな祭りは、武家でも行われるようになりました。

では、「ひな祭り」の「ひな」とはどこから来たのでしょうか?

それは「雛(ひいな)遊び」からだと言われています。

平安時代から宮中や貴族の子女の間で紙の人形で遊ぶことが盛んになりました。一説には生まれたばかりの鳥がヒヒとなく「ヒヒ鳴く」から「ヒイナ」となり、小さいものを雛(ひいな)と呼んでおり、小さい人形で遊ぶことを雛(ひいな)遊びとなったのでしょう。

現代でもりかちゃん人形やバービー、レゴ人形は子供達に人気ですね。そういうものと同じような感覚なのかもしれませんね。

江戸時代になると宮中や武家の行事だったひな祭りが庶民へと浸透していきました。現代でも残るひな人形を飾り無病息災というよりは女の子の成長を祈る行事になりました。

時には子供の遊び道具として時には無病息災を願う神事の道具として人形は私達と共に暮らしてきたのですね。

今回は省きましたが、ひな祭りひとつとっても知れば知るほど日本の文化、風習の面白さがあります。またいずれご紹介しましょう。

昔からお人形遊びというのがありそれがひなまつりという名前の原点になった!


ひな祭りを子供に教える際のポイントは?


徐々に女の子が誕生しすこやかな成長を祈るものへと変化していったひな祭り。小さい子供さんにひな祭りを教えるポイントは、昔は女の子だけの行事というより「病気をせず、元気でありますように」という願いから生まれたものだったことを伝えればよいのではないでしょうか。

毎日無事でありますようにという願いから、毎日生きていることへの感謝を伝えてみる。女の子に限らず伝えていけることかなと思います。

また、リカちゃん人形などお持ちの場合は、「ひな」という意味も教えてあげると興味を持てるかもしれませんね!

昔の人は、どのような人形遊びをしていたのか?なんてことも話せると今の私たちが暮らしている環境がとてもありがたく、幸せなのだと自分でも実感できることでしょう。

伝統的な行事ですので、単純に「きれいだな~」とか「美味しいね」とかも大事ですが、何か一つでも子供に教えられたらいいですね。

子供にとって今は、記憶に残らないかもしれませんが、将来大人になった時にふと、「そういえばそんなこと言っていたな~」っと、思い出してもらえるそんなイベントに出来ること嬉しいですね。

難しい昔の話よりも身近な話題から繋げていけたら興味を持てるかも!


まとめ


今回ひな祭りを調べてみて、古代中国から日本に伝来し日本の文化として無病息災を願う行事だということが分かりました。

江戸時代から現代にかけて女の子の行事に特化したという点においては、無病息災がさらに発展して子孫繁栄という観点から、お嫁にいって子供を産んで欲しいという願いになっていったのでしょう。

ただ私はその根本の「病気せず元気であるように」という部分を伝えたいなと思います。怪我をすると「痛いの痛いの飛んでいけ」とおまじないを言いますが、人形に自分の穢れをのせて水に流すように、嫌なことがあっても口に出したり紙に書いたりして吐き出してまたリセットする。

そんな行事として毎年のひな祭りを過ごすのも楽しく生きる上での工夫かもしれません。毎日笑顔でいられるほど、恵まれている環境はないかと思います。

ひな祭りを通じて子供にそんな親心を与えてあげられる機会としてのイベントになるといいですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ