恵方巻きの由来・起源を簡単に教えて!コンビニが関係してるの?

スポンサードリンク

[節分の日]

83f01a7535d6a40d968f4720fe93c1eb_s
節分と言えば恵方巻き、縁起の良い方角を向いて無言で食べる太巻きですね。今では当り前だけど、あなたが子供の頃から恵方巻きってありましたか?言われてみると、気が付けば定着していた恵方巻きですが、「実はコンビニの販売戦略が始まりって知っていましたか?」

じゃあ「恵方巻きってコンビニが勝手に作った風習なの?」

いえいえ、ちゃんと由来はあるのです。

古くて新しい恵方巻き、そんな恵方巻きの今昔を簡単にお話しいたします!


恵方巻きの由来・起源を子供が分かるくらい簡単に教えて!

78ec70d816031751bb86fd4d66a40a36_s
恵方巻きの由来は、大阪で食べられていた太巻きですが、いつから食べられていたのかは分かっていません。はっきりしているのは大正時代に恵方を向いて、『おしんこ巻き』を食べていたということなので、100年前には既に、食べられていたということですね。

でも当時は『おしんこ巻き』であって、『太巻き』ではなかったのです!

これが『太巻き』になったのは、昭和の初めに大阪のお寿司屋さんたちが『丸かぶり』として太巻きを売り出したからです。この時には今の恵方巻きと同じようになっていたと言われています。

その後に戦争があり、恵方巻きの風習は一度なくなってしまいました。しかし、戦争が終わってから、今度は海苔屋さんが太巻きを売り出したため、恵方巻きは復活したのです。

それからはお寿司屋さんだけでなく、デパートなどでも太巻きは売られるようになり、大阪の節分行事として定着していったのでした。

では、「大阪の行事が全国に広まったのはいつごろでしょう?」・「恵方巻きという名前はいつから?」という、疑問があることでしょう。そこにはコンビニが関係しているので、次は恵方巻きとコンビニのお話をしていきますね。

POINT:恵方巻きの原型は100年以上前の大阪で生まれていた!


恵方巻きが全国的に広まったのはコンビニが関係してるの?

c94a66e2259dac6a7f2067b8cd7d3334_s
大阪で定着していた恵方巻きですが、当初は『節分の丸かぶり』とか『節分の太巻き』と呼ばれていて、『恵方巻き』という名前はありませんでした。

この太巻きを1995年にコンビニのセブンイレブンで全国販売が始まり、その時につけられた名前が『恵方巻き』だったのです。

太巻きを『丸ごと食べるという珍しさ』と、『決まった方角を向いて無言で食べるという面白さ』、さらには『幸福が訪れる』となると、恵方巻きはたちまち全国に広がっていったというわけです。

恵方巻きが全国に広がってまだ20年ほどなので、若い人にはなじみがあっても、年配の人にはなじみがないという風習としては珍しいのかもしれませんね。ただ、全国に広まったのがコンビニ発ということを考えると、若い人たちになじみ深くなるのも納得してしまいます。

さらに新しい風習だからこそなのか、最近の恵方巻きは太巻きだけではなくなっているのです。

次は最近登場した新しい恵方巻きについてご紹介いたします。

POINT:恵方巻きという名前はコンビニから広まったのがきっかけで生まれた名前!


恵方巻きは最近太巻きだけじゃないって本当に?

f55ab0291a04cba09192f9ed1452f6c8_s
恵方巻きといえば太巻きですが、この太巻きにも魚介入りの海鮮恵方巻き細巻きの恵方巻き、はたまた巻き寿司ですらない、恵方ロールケーキまでもが登場しています。

もともと恵方巻きの中身は、七福神にあやかって七種類の具材を使うというくらいで、特にこれを入れなければいけないなんて決まりはありませんでした。そこに目を付けた?のかは分かりませんが、恵方巻きを全国に広めたセブンイレブンで、恵方ロールケーキなるものを売り出したわけです。

その勢いはロールケーキにとどまらず、恵方巻きバージョンのサンドイッチやワッフル、トルティーヤなどの巻くタイプのものから、かぶりつきポッキーなんていう長いだけのものまで恵方巻きに参戦しています。

ワッフルの中に七種類のフルーツやクリームを入れて恵方巻きを再現しているところを見てしまうと、ただの便乗商品とは言えず、ある意味感動してしまいます。

「伝統行事に便乗するなんて!」などとお怒りになる方もいるかもしれませんね。

しかし、もともとは海苔屋さんやお寿司さんが仕掛けたイベントによって太巻きが定着し、全国に広がったのがコンビニ発の販売戦略ですから、バレンタインクリスマスと同様に、イベントとして楽しんではいかがでしょうか。

また、それが若い人たちにとって受け入れやすかったことが広まった理由なのかもしれませんね。

POINT:恵方巻きは伝統行事もさることながら昨今ではイベントとして楽しまれている!


まとめ


恵方巻きの由来についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。恵方巻きは大阪で昔からある風習ということだけで、諸説ありますが本当の由来はハッキリ分かっていません。

恵方巻きは、もともとはおしんこ巻きだったものを海苔屋さんやお寿司屋さんが太巻きとして定着させ、特に名前がなかったところがコンビニによって恵方巻きと名付けられて全国へと広まっていったのです。

最近では恵方巻きロールなるスイーツまでが販売されて、毎年のように便乗商品が登場する恵方巻きですが、節分という伝統行事に恵方巻きをプラスして、古くて新しいイベントとして定着してきています。

次はどんな恵方巻きが登場するのか、こんな恵方巻きはありなの?そうやって家族みんなで楽しめる素敵なイベントになることを願って、恵方を向いて無言で食べたいと思います。

あなたの次回の恵方巻きはどのようなものでしょうか?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ