スポンサードリンク

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e2%91%a0
「カリウムは足りていますか?」

そう聞かれても答えられない人の方が多いのではないでしょうか。

カリウムは、人が摂らなくてはいけない必須ミネラルのひとつなのです。

実は色々な食べ物に含まれていて不足することが少ない為、意識して摂っている人は少ないかもしれません。

そんなカリウムですが・・・
「カリウムを摂らないとどうなるのでしょうか?」
必須ミネラルというくらいなので・・・
「カリウムが不足すると大変なことになるのでしょうか?」


カリウム不足の原因や症状についてと、カリウム不足にならないように気を付けることまでを、分かり易くご紹介していきます。

私の友達はカリウム不足により救急車で運ばれた人がいます。

今では笑いの種にその話はなりますが^^

不足するとどのような症状が出るのかしっかりと把握しておきましょう!


カリウムが不足している状態はどれくらいの量?

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e2%91%a1
まず「カリウムとはそもそも何なのか?」という疑問からご説明します。

カリウムとは身体に必要な必須ミネラルのひとつで、身体の水分や塩分を調整して、いらない水分や塩分を身体の外に出す役割を持っています。

では、カリウムが不足している状態ってどのくらいカリウムが不足しているのでしょう?」

おおまかに言うと体内のカリウムが約20%少なくなると、“カリウム不足”となってしまい、27%以上少なくなると、“何らかの症状”が現れて治療が必要となるかもしれません。

カリウムは身体の中で作ることができないため、食事から摂らなければならなくいけません。

摂取量の目安は1日あたり男性で約2500mg女性で約2000mgが必要と言われています。

カリウムを多く含んでいるバナナで1本あたり500mgのカリウムを摂ることができます。

従って、1日の摂取量はバナナ4本分となりますがそれは少し難しいかもしれませんね(汗)

他にも大豆製品ホウレンソウひじきなど、色々な食品にカリウムは含まれている為、三食きちんと食べている方は、カリウム摂取量が不足することは少ないでしょう。

しかし・・・

きちんと食事を摂っている方であっても、ちょっとしたことで身体の中のカリウムが不足してしまうことがあるのです。

実際にカリウムが不足してしまう原因とは何でしょう?次はカリウムが不足してしまう原因をご紹介します。

POINT:人間の体で5分の1以上カリウムが少なくなると危険と判断される。


カリウムが不足してしまう原因は?

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e2%91%a0
食事からカリウムが摂れるので、きちんと食べていればカリウムは摂れているとお伝えしました。

しかし、実は食べた量と同じ量のカリウムが、汗やおしっことして身体の外に出ていくのです!

つまり、きちんと三食食べている方でも、食事を抜く機会が増えてしまうと、たちまちカリウム不足になる危険があるということなのです。

また、カリウムを摂る量が同じときでも、カリウムが身体から出ていく量が増えてしまえば、やっぱりカリウムは不足してしまいます。

だから、下痢が続いたときや、夏場にいつも以上に汗をかいたときには、いつも以上にカリウムが身体から出ていってしまっているということなのです。

他にも、お酒やコーヒー、お茶の摂りすぎにも注意が必要です。

なぜなら、お酒やコーヒーには利尿作用がある為、おしっこに行く回数が増えてしまうので、その時にもカリウムは外に出てしまっているからです。

カリウムは、色々な食品に含まれているため、食事から摂りやすいのですが、一方で身体の外に出ていきやすいため、ちょっとしたことでカリウム不足になる可能性があるということです。

では、カリウムが不足すると、身体にはどんな症状が現れるのでしょうか?
次はカリウム不足の症状をご紹介していきます。

POINT:尿や汗によってカリウムは外に出てしまうので過剰な場合は注意が必要


カリウムが不足すると人体にどんな症状が現れる?

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e2%91%a2
カリウムが不足する原因をご紹介しましたが、次は「カリウムが不足すると人体にどんな症状が現れるのでしょうか?という疑問にお答えいたします。

カリウムの役割は、身体の中の塩分や水分を調整することです。

従って、そのカリウムが不足すると身体の中の塩分や水分の調整ができなくなってしまいます。

身体の中の塩分や水分の調整ができなくなると、高血圧になったり、むくみがでてきてしまいます。

更に、カリウムには筋肉の動きを助ける働きもあるため、カリウムが不足すると筋肉の動きが悪くなり、身体がだるく感じたり、ひどくなると足がつりやすくなったり、痙攣してしまうようになってしまうこともあります。

因みに、友達は朝起きた時に体が金縛りのように最初動かなかったそうです。

しかし、いつまでたっても金縛りが治らないので強引に体を動かそうとして布団から這いつくばって出たとのことでした。

この時、まだ携帯電話がなかった時代で、しかもこの時家には一人しかいない状態でした。

そのため、そのまま立つことも当然できずに這いつくばって電話機まで行き、何とか救急車を呼んだそうです。

結構、カリウムって不足すると怖い栄養素なのだなと、その時初めて感じたのを覚えています。

他にもカリウムが不足すると、食欲がなくなることがあり、いわゆる夏バテをおこす原因にもなってしまいます。

カリウムは、身体の調整役として、色々な役割があるからこそ、不足すると様々な不調が現れてしまうということです。

最近では、サプリメントで必要に応じて補っている方も多いようです。

普段、3食摂取することが難しい方や、汗を掻きやすい人などサプリメントを摂取することも考えて見るといいでしょう。

塩分取り過ぎてませんか?カリウムで余分な塩を排出!『アシスラ』

POINT:カルシウムと間違われやすいけどカリウム不足になると結構深刻になる!

まとめ


カリウムが不足する原因を教えて!人体に表れる症状は?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

カリウムは、身体の調整役として重要な役割があり、色々な食べ物から摂ることができます。

しかし、一方で身体の外にも出ていきやすいために、誰でもカリウム不足になる可能性があるでしょう。

カリウム不足になると、むくみや高血圧、はたまた食欲不振や筋肉の痙攣、夏バテの原因にもなってしまいます。

カリウム不足にならないためには、しっかり三食摂ることが大切ですし、夏場など汗をかく機会が多い時には、バナナなどのカリウムが豊富な食べ物か、あるいはドリンクやサプリメントで、カリウムを意識的に摂るようにしてください。

カリウムに関するサプリメントがありましたので、興味がある方はこちらをご覧ください。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク