スポンサードリンク

%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e2%91%a0
「鬼は外~!福は内~!」

1月も半ばを過ぎると、スーパーの出入り口付近には鬼のお面がおまけに付いた節分用のお豆が売られていますので、親子で豆まきを楽しむ家庭も多いことでしょう。

幼稚園や小学校でも豆まきをするところがありますし、テレビでは芸能人やスポーツ選手が神社でお豆をまく様子が流れますので、豆まきを知らない人は少ないでしょう。
 
しかし・・・

「じゃあ、どうして豆をまくの?そもそも節分ってなんの日なの?」と聞かれて答えられる方は少ないかもしれませんね!
 
そこで、今回は意外と知らない節分の日のこと、豆まきの意味や豆まきの由来を紹介します。

きっと、この記事を読めば、お子さんから質問されてもバッチリです!


節分のそもそもの意味は?

%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e2%91%a2
「節分って、いつでしょう?」と聞かれると、“2月3日”と答えるかもしれませんが、正式には実は半分だけ正解!というところでしょうか。

「えっ!?」どういうこと?と驚かれたかもしれませんね。

では全部正解とするためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは、節分の日そもそもの意味を説明する必要があります。

そもそも節分とは、読んで字のごとく“季節を分ける日”のことで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を意味します。

ということはですよ・・・

元々の意味の節分って一年に四回もあったということなんですね!

これが江戸時代になると、一年の始まりである立春の前日は大晦日にあたることから、立春の前日つまり、今の2月3日を特に“節分”と呼ぶようになったといわれています。

これだと、「やっぱり2月3日で完全に合ってるじゃないか!」と怒られてしまいそうですが、もう少し聞いてくださいね!

次に、疑問になるのが立春の意味についてです。

では、立春についての豆知識を・・・立春とはどういう意味でしょう?

「立春を過ぎたから、暦の上ではもう春です」、なんて言われることもありますが、この立春は実は太陽の位置で決められているのです。

つまり、太陽は私たち地球から見ると、毎日微妙に位置を変えたり時間が遅くなったりしていますよね!

そのうち「この位置に太陽がきたら立春」っと決められているのです。

だから、日付が変わることだってあり、立春の日付が変わったら、立春の前日である節分の日付だって変わってしまいます。

実際に、2025年の節分は2月2日になると予測されています。

「節分の日付って変わるんだ!」と驚いてもらえましたか?そのため半分正解としていたんですね。

節分の日付に関する疑問が解決したところで、次は節分に欠かせない豆まきについてお話します。

POINT:2月3日が節分の日というよりは、立春の前日を節分の日と覚えましょう!


節分に豆まきをするのはどんな意味があるの?

%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e2%91%a1
むかし京都にがあらわれた時、豆を鬼の目にぶつけて追い払ったという伝説がありました。

その伝説から、【魔(鬼)の目で魔目(豆)として、魔目に豆をぶつけて魔を滅する】

なんて言う、語呂合わせもあって、悪いことを追い払う儀式としてお豆をまくようになったと言われています。
 
また、まいたお豆から芽が出ることは縁起が悪いとされて(鬼が蘇ると考えられて)いて、豆まきに使う大豆は必ず炒った豆を使っているんですって!

最近では、地面に落ちても食べられるように殻付き落花生をまくところもありますね。

まいたお豆は、年の数だけ食べると健康になると言われていますが、健康が気になる年齢ともなると、年の数だけ食べるのも大変ですよね・・・(悲)

家庭で豆まきをすると、お父さんが鬼役お子さんが豆をまくなんてことが多いかもしれません。

これに関しても、元が魔除けの儀式であることから、お豆をまく人は家長であるお父さんか、長男あるいは縁起が良いとされる年男・年女の人がまくというのが本来のようです。

けれども、子供たちが伝統行事に親しむことが一番ですので、家庭では誰がまこうと楽しければ良いと思います。
 
そんな日本古来からの伝統行事である節分は、いつからあるのでしょうか?次は節分の由来についてご説明します。

POINT:お豆をまくこと自体にも伝説の逸話から意味があったんですね!


節分はいつからあるのか由来を教えて!

%e8%b1%86%e3%81%be%e3%81%8d%e2%91%a3
節分の由来となっているのは、「ついな」と呼ばれる中国から伝わった鬼払いの行事と言われていて、遡ること平安時代の初めごろから大晦日に天皇陛下の前で行われてきたものです。

一年の終わりである大晦日に、悪いものを追い払って新しい年を迎えるという「ついな」は、今の節分とは違い、豆で鬼を追い払うのではなく、武器や火に弓矢を持った大勢の人が目には見えない鬼を追い払うというものでした。

しかし、目には見えない鬼を追い払うという分かりにくさや、追い払う人たちの方が恐ろしい姿をしていたんですって!(笑)

そこで、いつしか追い払う役の人たちが鬼の面をかぶって、追い払われる役をするようになり、今の節分の形になったと言われています。

「ついな」については、今も神社などで行われているところがあり、節分の時に豆まきの前に行ったりしていますので、興味のある人は足を運んでみると面白いかもしれません。

POINT:「ついな」という節分の日の原形は今でも神社などで行われている!


まとめ


今回は、節分に豆まきする意味は?いつからか由来を教えて!ということで、節分についてお話してきましたが、お役に立てましたでしょうか?
  • 節分=2月3日だけじゃないとか、

  • お豆をまくようになった理由とか、

  • 元々は目には見えない鬼を武器で追い払っていたとか、
初耳だったという方も多いのではないかな、なんて思います。

お子さんが疑問に思っていたら是非この記事を参考に答えてあげてくださいね!

まぁ・・・とは言っても。

日本古来からの伝統行事ではありますが、時代とともに形は変わるものですから、知識は知識として置いておいて、楽しむことが一番だと思います。

「ついな」を経験させようとは考えないと思いますが・・・(笑)

季節のイベントごとって、子供にとって一生の記憶に残る大切な行事の一つだと思いますので、楽しいと想える記憶を残してほしいところですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク