リコピンの過剰摂取は危険な症状に?1日の摂取量の目安は?

スポンサードリンク

[リコピン]

%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%b3%e2%91%a0
リコピンという言葉はよく聞く言葉ですし、その栄養素に関して知識として何となく知っている人も多いのではないでしょうか?

因みにリコピンとは、トマトやスイカに含まれるカロチノイドと呼ばれる色素のひとつで、着色料として使われてきました。

ところが近年では強い抗酸化作用があることが分かり、美肌効果ダイエット効果があるのでは?
っと、注目を浴びていますので、この点で注目されている人も多いのではないでしょうか?

また、他にも血液中の善玉コレステロールを増やしてくれたりと、実はリコピンは良いことずくめな栄養素ですね。

そのため体に良いならたくさんリコピンを沢山摂取したい!と思ってしまいますが、ちょっと待ってください。

リコピンを過剰摂取すると危険な症状になる可能性があるんですって!

過ぎたるは猶及ばざるが如し、

  • リコピンを効果的に摂るための目安はどれくらいなのか?

  • リコピンの過剰摂取による副作用は?
そこで、今回はリコピンを適切に摂取できるように1日の摂取量の目安や、過剰摂取に潜む危険に関して考えていきます。


リコピンの1日の摂取量の目安は?


まずは、リコピンの1日の摂取量の目安について考えていきますが、そもそもリコピンは人間の体内で作られる栄養素ではありません

そのため体外から摂取しない限り増加されずに、消費されてどんどん減っていってしまいます。

だから毎日継続して摂取することが大切だということは覚えておいて損はないですね!

そこで、早速1日の摂取量の目安について考えていくと・・・

1日大体15mg~20mgが摂取量の目安といわれています。

これは大きめのトマトなら2個トマトジュースなら1缶で摂ることができるそうです。

また、リコピンは水ではなく油に溶けるため、オリーブオイルと一緒に摂ると、吸収率が高まることでも有名です。

つまり、トマトとオリーブオイルは味だけでなく健康のためにも最高の組み合わせなのですね!

トマトパスタが好きな私にとっては、まさにリコピンを効果的に摂取することが出来ていたようです^^

この15mg~20mgのリコピンって、思ったよりも簡単に摂れると思ったアナタ、毎日となると意外に大変かもしれません・・・

トマト好きならいいですが、毎日となると飽きてしまったり、トマトって意外に高価ですので経済的に大変だったりします。

そこでサプリメントも各種販売されていますので、組み合わせるといいかもしれませんね!

ただし・・・

サプリメントを使用すると、心配になるのが過剰摂取による副作用等の症状です。

そこで、次はリコピンを過剰摂取したらどうなるのかを考えていきましょう。

POINT:大きめのトマトなら2個・トマトジュースなら1缶が1日の摂取量の目安


リコピンを過剰摂取すると危険なの?


リコピンを過剰摂取する人ってどんなことを考えているのでしょう?
  • 毎日摂れないから1度にまとめて摂ってしまおう。

  • 体に良いならたくさん摂りたい。
恐らくこんなことを考えているのではないでしょうか?

そんなとき気になるのが、過剰摂取による人体への影響ですね。

もったいぶっても仕方ありませんので結論から言いますと・・・


「リコピンには過剰摂取による副作用の報告はありません。」


ただし!!

別の問題があるのです。

その問題とは・・・
  • リコピンを体内に貯める量が決まっているため、1度に大量に摂っても無駄になってしまう。

  • リコピン自体は安全でも、トマトやスイカを食べ過ぎては、お腹を壊してしまう

  • トマトジュースの飲み過ぎは、塩分の摂りすぎが気になる。

リコピンばかり摂ろうと偏食になっては、かえって身体に悪いということです。

では逆に、リコピンの摂取量が少ないと、身体はどうなるのでしょうか?

次はリコピン不足について考えていきましょう!

POINT:リコピン自体の過剰摂取よりもそれによる他の要素による問題がある!


リコピンの摂取量が少ないと体に表れる症状は?


リコピンに過剰摂取による副作用等は確認されていたいことが分かったわけですが、逆に少ない摂取量だとどのような問題点があるのでしょうか?

リコピンは強い抗酸化作用を持っていて、老化や生活習慣病を防いでくれると言われています。

では・・・

不足するとどうなるのでしょうか?
 
活性酸素によって身体は酸化してしまうかもしれません!

つまりは身体がサビてしまうということです。

そうなると、肌が荒れたり、生活習慣病のリスクが増加する事も考えられますので、美肌効果やダイエット効果の逆になってしまうということですね。
 
その他にも、不眠症となったり、男性ではEDの原因になるとも言われています。

リコピン不足は身体に様々な悪影響を及ぼしてしまうということが分かりましたね!

例えば病気ではないけれど、体調があまり良くないという方は、ひょっとするとリコピン不足かもしれませんよ。

意識してリコピンを摂ってみてはいかがでしょうか?

POINT:リコピン不足は身体に様々な悪影響を及ぼしてしまう可能性がある!


まとめ


今回は、リコピンを過剰摂取すると危険な症状になるのか?1日の摂取量の目安はどれくらいなのか?ということを考えてきましたがいかがでしたか?

リコピンは強い抗酸化作用によって美肌効果ダイエット効果が期待されており、動脈硬化などの生活習慣病予防にも効果があると言われていることがわかりましたね!

またその一方で、リコピンが不足すると、身体に様々な不調が起こるかもしれません。

逆に、過剰摂取による副作用はないものの、一定量以上を身体に貯めこむことができないため、毎日継続して摂ることが大切だということも重要でしたね!

まだまだリコピンの研究はこれからで、さらなる効果が報告されるかもしれません!

女性に限らず、家族みんなで摂りたい。

そんなリコピンを毎日の食生活にプラスして、サビない身体を手に入れましょう。

サビないということで、思い出したのですが掃除にはクエン酸の力が効果的って知っていましたか?

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、興味がある方はこちらもご覧ください!
掃除用のクエン酸と重曹との違いは?使い分ける場面・場所を教えて!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ