薬剤師が転職する理由・動機を教えて!転職サイトは必要?

スポンサードリンク

[薬剤師]

薬剤師09
仕事をしていると誰しもが一度は感じるであろう「もうこんな仕事はやめてやる!」という気持ち・・・

薬剤師であってもそれは変わらないこと・・・

更に、最近注目を浴びている薬剤師ですが、どうやら薬剤師は転職する人が多いという情報を耳にしました。

そこで、今回は薬剤師が転職する理由や動機について考えていこうと考えてます。

この記事を読んでいただき、現在薬剤師として活躍されている方で、転職を考えているのであれば参考になるでしょう。

また、転職を決意したものの、実際の手順として「どうすればいいのか?」わからない方もいるでしょう。

その中で、転職サイトへの登録は必要なのか?ということも考えていますので、そちらも参考にしてみてくださいね!


薬剤師は転職する人が多いの?


そもそも薬剤師の転職率は高いのか?ということですが、まずは薬剤師以外の転職率について調べてみることにしましょう。

※転職率とは、働いている人の中で転職する人がどれくらいいるのかという割合のことをいいます。

そして、あるデータによると、転職率は1年間で約5%に当たると言われています。

つまり、約20人に1人は1年間で転職をしているということになるんですね!

これが、多いのかどうなのかわからないですので、次に薬剤師に限った転職率を調べてみましょう。

そうすると・・・

残念ながら、「転職率」というのを正式に公表している文献を見つけることができなかったのですが、「離職率」というのを見つけたので紹介します。

※離職率とは、その名のとおり薬剤師として勤めていた職場を離れる、つまり辞める人の割合のことを言います。

つまり、何らかの理由により今働いている職場を退職し、そのまま仕事をしない人・新たな職場に転職する人を含めた数値になります。

それによると、あくまで参考程度ですが薬剤師の離職率は約9%になるという数値をみました。

つまり、約10人に1人ぐらいの割合で、薬剤師は1年間で職を離れているわけですから、一般の転職率の約2倍となりやはり多いと言えるのではないでしょうか?

ただ、先ほども述べた通り離職率は必ずしも転職するわけではなく、単純に辞めてしまって次の仕事をしないという方も含まれているので、あくまでもその点は理解が必要です。

因みに、こんな情報も入手しました。

これは、ある会社の採用を担当している方のお話を聞いたのですが、薬剤師の方の履歴書を見ると30代~50代の転職回数を見ると、平均して3~5回程度が多いということです。

更に、20代を見ると初めての転職というのが大体4割程度で、一番多いのは2回目らしいですよ!

この点からも、薬剤師は転職回数が多いと言えるのではないでしょうか。

POINT:薬剤師は一般企業と比較して転職する人は多いと言える


薬剤師が転職する理由・動機は?


ここまでで、薬剤師は転職する人が多いのか?ということを考えてきましたが、ここからは転職する理由や動機について考えていきます。

今現在、何らかの理由で転職を考えている方は、ここで紹介している理由に当てはまっていれば、「他の薬剤師の方も同じ悩みを抱えて転職をしている」ということですので、転職を考えてみてもいいのかもしれません。

【薬剤師の転職理由】
・人間関係の縺れ
・給与に対する不満

この2つが原因でほとんどの方が、転職を考えているようです。

これは、薬剤師特有なのかもしれませんが、薬剤師は女性の割合が高い職種と言われています。

学生時代を思い出して頂けると容易に理解できるかもしれませんが、女性はグループをつくって少人数で行動することが見受けられませんでしたか?

そして、そのグループは自分と性格や考え方が合う人で構成されている・・・

その習性が薬剤師の職場でも当てはまってしまうのです。

どういうことかというと、薬剤師の就職する職場は例えば、調剤薬局であったり少人数で構成される場所がほとんどです。

つまり、自分と性格や考え方が一致していれば、素晴らしい職場となるのですが、実際には自分で選べるわけではありません。

また、学生時代とは異なることとして同世代とは限らないということにより、人間関係を構築するのが難しくなってしまうことが転職する人が多い理由となります。


一方で、人間関係を気にしない人でも、お金に関する悩みをもって転職する人も多いようです。

というのも、そもそも薬剤師は国家資格にあたりますので、それをもっての仕事ということで、かなり優遇され高年収を獲得できる職種の1つです。

ですが、現在薬剤師は大変注目を浴びている職種で、薬剤師不足は深刻な職場は薬剤師を招き入れるために、さらに高収入を売りにして求人を出している場合があるんです。

そのため、より高い収入を目指して転職するという人もいるようですね。

POINT:薬剤師が転職する理由は人間関係・給料アップが多い!


転職サイトに登録は必要?


次に、転職をしようと決めたところで特に初めての場合「どうしたらいいのか?」わからない人もいるでしょう。

そんな中、まず悩むところとして、転職サイトに登録することを考えるということです。

そこで、転職サイトに登録する必要があるのか?登録したほうがいいのか?ということをここでは考えていきます。

もったいぶっても仕方がないので、早速結論からいいますが、

転職サイトに登録・・・


したほうがいいでしょう!



これは、100%ではないのですが、転職サイトに登録して転職先を見つけるほうが、自分の理想の転職先が見つけやすく失敗するリスクが下がると言えるからです。

また、現在では単純な転職サイトという総合サイトとは別に、薬剤師専門の転職サイトもありますので、専門的な話も出来る点でも、よい相談役を得られるという点でも、登録することのメリットはあると言えます。

私自身、転職サイトに登録した経験があるのですが、かなり手厚いサポートをしてくれますので、転職する決意が固まったならば転職サイトに登録することからスタートするのがいいでしょう。

但し…

これも経験したことなのですが、今現在まだ転職する決意が固まっていない人は転職サイトに登録すると、少しウザく感じてしまう可能性がありますので注意が必要です。

しかし、いつでも退会することは可能ですし、現在まだどうしようか迷っている人は話だけでもOKなので聞くことで新たな選択肢が増える可能性もありますので、個人的には登録はしてみるというスタンスが良いのではないかと考えています。

そうなると、次にどの転職サイトに登録するのがいいのだろうか?と悩むかと思います。

転職サイトに関しては他の記事で詳しく紹介していますので、そちらを参考にしてみてくださいね!
薬剤師って転職する人が多いって本当に?おすすめ転職サイトを教えて!

個人的には、先ほども言いましたがまずは「考えるよりも行動する」という意識で登録してみるのがいいのではないかと考えます。

ダメなら、すぐに退会すればいい話なので

参考にしてみてくださいね。

POINT:まずは、転職サイトに登録するところから始めてみよう!


まとめ


今回は、薬剤師が転職する理由・動機について考えてきましたがいかがだったでしょうか?

ここでもう一度簡単にまとめておきますね!

・薬剤師は転職する人が多いのか?
→おおよそではありますが、大体約2倍薬剤師の転職する人が多い!

・薬剤師の転職する理由で多いのは?
→人間関係のもつれと給与に対する不満が主な理由

・転職サイトに登録したほうがいいのか?
→転職したほうが自分に合った転職先を効率的に見つけられる


以上になります。

もし、今現在転職しようか迷っているのであればまずは前に進むために転職サイトに登録するのが良いでしょう。

そうすることで、今まで一人で悩んでいたことがその道のプロの意見も聞けますので、とても参考になります。

一人で悩んでいても苦しいだけで、そう簡単に答えが出るものでもありません。

まずは、アドバイスをもらう気持ちで試してみるのがいいでしょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ