スポンサードリンク

薬剤師12
薬剤師は近年人気の職種になっていて注目を集めていますよね!

ただ、薬剤師になってから転職する人も多いというのも事実のようです。

今までに、以下のような記事を紹介してきました。
おすすめ転職サイトってどこなの?
転職先はどこが人気なの?
そもそも薬剤師ってなるのが難しいの?

そこで、今回は薬剤師が転職する理由について「どのような理由・原因」で転職してしまうのか?ということを考えていきます。

この記事を読んでいただき、薬剤師として活躍している方が現在抱えている悩みに当てはまる場合は、転職を考えるきっかけとなるでしょう!

そして、他の薬剤師として活躍している人がどのような理由で転職するのか把握することで、自分を見つめ直すきっかけとなることを期待します。

また、そもそもこれから薬剤師になろうと目指す方にとっては、薬剤師になったらどのような悩みを持つのか予め知れる機会となると嬉しいです。


薬剤師が転職する理由その1


「人間関係の拗れ」を原因として転職する人が多いようです。

そもそも、薬剤師は女性の割合が多いわけで一度人間関係が崩れてしまうと、なかなか解決し辛い環境にあると言えます。

特に、調剤薬局や薬局は、狭い人間関係で仕事をしなければならず、一人の行動・発言がきっかけとなって、ちょっとした拗れが大きな人間関係を崩すような原因となることもあるようです。

もし、このような理由をあなたがお持ちであれば他の薬剤師もこれが原因で転職する人はいます。

但し、その際1点注意するポイントがあります。

それは、転職活動での面接ではこのようなネガティブな発言は控えるべきでしょう!

転職先は、あなたを「将来を見据えて長く働いてくれる人か?」ということも一つの選考基準で見ています。

それなのに、人間関係が原因で辞めましたといってしまうと、「じゃあうちでも気に入らない人がいると辞めるの?」とか「あなた自身に理由はないの?」というマイナスな印象を与えてしまいます。

また、次の転職先を探す場合には予め職場環境を見学させてもらったりし、職場の雰囲気を把握するのがいいみたいですよ!

実際入ってから知ることもあるかもしれませんが、職場の空気を前もって感じることは重要かもしれません。

POINT:狭い人間関係がために人間関係を良好に保つ必要がある!


薬剤師が転職する理由その2


「金銭面のアップ」を理由として転職する人も多いようです。

薬剤師はそもそも様々な職種の中で給与面は良いと言われていますが、細かく見ていくと薬剤師の中での業種・地域・企業によっても、やはり違いがあるようです。

そのため「もっとお金がほしい」と考え転職をする人も多いんです。

但し、このような考え方で転職する場合には注意するポイントがあります。

それは、ネットで探すと広告で年収700万とか年収800万という字を見るかと思います。

しかし、これに安易に飛びつくのは危険です。

なぜかというと、“その年収にしている理由”を考えてから行動しないといけないということです。

「反応する前に考える」という言葉もあるように、その年収にしている理由は必ずあります。

例えば・・・

  • 残業がどれくらいあるのか?

  • 営業能力は必要か?

  • コミュニケーション能力は必要か?

  • 責任は重い?

  • 都心か地方か?

などなど、挙げるとキリがないですがその職種について調べる必要があります。

そうすることで、入ってからストレスが生じてしまうような事態を間逃れますし、結果として理想の給料を入手出来るでしょう!

POINT:“楽して稼げる”というのは無いということを念頭に置くこと!


薬剤師が転職する理由その3


「スキルアップ」を理由として転職する人も多いようです。

これは、上二つよりはどちらかというと、ポジティブな転職理由と言えるかもしれませんね!

但し、このような方でも注意点があります。

それは、スキルアップを目指して転職先を決める場合、その転職先は限られるということです。

そのため転職先の求人倍率は高くなってしまいますので、激戦を想定する必要があります。

従って、「スキルアップしたい」とやみくもにいうのではなく、どうなりたいのか?何を学びたいのか?なぜ今の職場では出来ないのか?など具体的な動機を見出す必要があるでしょう。

そして、それらにストーリー性が加わることで、面接では優位になると考えられますので、まずは考える必要があります。

POINT:明確な理由を説明できないと逆に「飽きっぽい」などのマイナスイメージを抱かせてしまいます。


まとめ


今回は薬剤師って転職する人が多いって本当なの?ということで、転職理由について考えてきましたがいかがだったでしょうか?

私個人的な意見としては、これを考える前までに薬剤師に抱いていた未知の世界という印象から大分変りました。

なぜそう感じたのかというと、「転職理由に薬剤師というのは関係ないということがわかったからです。

要するに、薬剤師じゃなくても今回紹介した転職理由を見てみると当てはまるのではないかな?と感じることが出来ました。

確かに少人数での人間関係というのは特殊なのかもしれませんが、人間関係の拗れはどこの社会でも容易にありますよね。

この記事をきっかけに少し転職活動のハードルが下がってもらえたら嬉しいです。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク