山の日が祝日の理由は?いつから始まって反対は無かったの?

スポンサードリンク

[山の日]

山の日02
新たな祝日として“山の日”が制定されましたね!

8月はそれまで祝日が無かったわけで、これは社会人の方にとっては嬉しいことでしょう。

ただ、山の日という祝日がどういう意味なのか?出来た背景に関してまだまだ知らない方も多いかもしれません。

そこで、今回は山の日が祝日となった理由や出来た背景に関して考えていきます。

この記事をきっかけに、子供がいる家庭では山の日に関する知識をしっかり教えてあげられるといいですね!


山の日はいつから始まったの?


まずは、山の日はいつから始まったのか?ということを考えていきます。

結論から言って・・・

2016年(平成28年)8月11日から正式に祝日として施行されました。

因みに、平成に入って出来た祝日としては他に“海の日”1996年(平成8年)に施行されていたりしますね!

このように、山の日は祝日として全国で、国民の祝日として認知されるようになったのは2016年です。

しかし、実際は“山の日”というのはそれ以前から存在していたって知っていましたか?

【昔からある山の日】
  • 千葉県…里山の日     :5月17日

  • 群馬県…ぐんま山の日   :10月第1月曜日

  • 静岡県…富士山の日    :2月23日
これ以外にも、各地で行われていてそれについては他の記事で紹介していますので、興味がある方は【こちら】を見てくださいね!

POINT:山の日は新たに施行された祝日としては“海の日”の次になる!


山の日は反対は無かったの?


上で紹介している通り、山の日は2016年から8月11日という全国共通の国民の祝日として制定されたわけです。

しかし、既に各地で制定されていた“山の日”は各地方自治体が設けていた日ですので、8月11日ではない日が設定されています。

そうなると、祝日としての“山の日”の制定に対して反対は無かったのか?という疑問も感じるかもしれません。

ですが、この地方からの反対というのは調べた限りは出てきませんでした。

8月11日という共通の日が制定されたことで、すでに設けられている日付をどうするのか?という部分は今後も見守る必要があるでしょう。

なぜ、反対というが出なかったか?を考えると、実はそもそも山の日を祝日にする活動が、日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等から発信されたからなんです。

そのため地方自治体からは反対は出なかったわけですが、この山の日を制定させるにあたり、実は1人の議員が反対していたという話があります。

理由としては、「あまりにも安易だから」というもので、要するに“海の日”があるから“山の日”も祝日とするのは文化政策が欠如していると考えたからだそうです。

少し、一理あるなとも思えたこの考え方ですが、結局は賛成多数で可決されて祝日として制定されたんですって!

POINT:安易に考えると、ほかにも川の日・森の日とかも出来てもおかしくないですね!


山の日が祝日の理由は?


山の日が祝日となっている趣旨をご存じじゃない方もいるでしょうから、ここで改めて紹介しておきます。

山の日の趣旨は、“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”ということです。

日頃から山に接している方は、山の有難さ等を普段から感じているでしょうけど、普段あまり感じない方にとってはこれを機会に山についてもう一度考えてほしいということかもしれませんね!

因みに、国民の祝日は祝日法という法律で制定されていてその第1条にこのようなことが書かれています。

「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

山の日に関してこの条文に合致している趣旨ですので、祝日として制定されたと考えるのがいいのではないでしょうか?

因みに、現在山の日は8月11日の固定となっていますが、特段春分の日・秋分の日などのように固定すべき理由はありません。

そのためいずれハッピーマンデーの適用を受ける可能性はあると考えられますね!

POINT:山の日は祝日になった理由は“山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する”ため!


まとめ


今回は、山の日が祝日の理由について考えてきて、反対は無かったのか?ということを見てきましたがいかがだったでしょうか?

反対していた理由も少し分かる気がしましたし、もし仮に安易に祝日としているのならば、山の日以外にも・・・

太陽の日・大地の日・水の日・川の日・森の日などなど他にも制定してもいいのではないか?と考えてしまいました。

しかし、実際には山の日に関してきちんとした意義があり、それを全国共通の国民の祝日とすることで、これからたくさんの方に浸透していってもらいたいと感じました。

この記事がきっかけで山に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ