薬剤師って転職する人が多いって本当に?その理由・原因を教えて!

スポンサードリンク

[薬剤師]

薬剤師12
薬剤師は最近注目を浴びている職種の1つですよね!

その注目をされている理由の一つに転職する人が多いことが挙げられているようです。

そこで、今回は薬剤師って転職する人が本当に多いのか?という事を考えて行きます。

また、その原因・理由についても紹介して行きますので、興味がある方は参考にしてみてくださいね!

この記事を読むことで、これから薬剤師を目指す方にとっては、薬剤師になった後の事情がわかります。

また、現在薬剤師として活躍している方で転職を考えている方にとっては、他の人がどのような理由・原因で転職しているのかわかり自分のこの先を考えるきっかけになるでしょう!


薬剤師を転職する人はどれくらい?


まずは、実際に薬剤師は転職する人がどれくらいいるのか?という事を考えて行きます。

正確に転職する人がどれくらいの人数なのか?ということは調べることが出来ませんでした。

ただ、薬剤師の「離職率」に関するデータで以下のようなものがありました。

それは、“新卒で薬剤師となりその後3年以内に離職した人の割合”と言う点で、実に32.3%の人が離職しているそうです。

つまり、3人に1人は3年以内に薬剤師として働いていた職場を辞めているという事になります。

離職率というと単純に職を離れるだけではないし、薬剤師は女性も多いので妊娠等で離れることもあるわけですが、要するに働いている場所に何らかの不満があったのは事実と言えるでしょう!

そのため働いている環境を変えたいと考えている人の割合は多いと言えますので、転職をする人は多いと考えられます。

転職を現在考えている方は、転職先の職場環境についても十分に理解する必要があると言えそうですね!

POINT:薬剤師は職場を変える人が多い傾向にあると考えられる!


薬剤師どこに転職する?


ここまでで、薬剤師は転職する人が多い傾向にあるということが分かりました。

そこで、次は具体的にどのような転職先を選ぶ人が多いのか?ということを考えて行きますね!

結論から言って、転職先は大きく4つに分かれています。

【薬剤師転職先4種類】
  • 製薬会社

  • 病院

  • 薬局

  • ドラッグストア
この中で比較的人気が高いのは製薬会社病院と言われていますので参考にしてみてくださいね!

「製薬会社」

中でもMRと呼ばれる、薬剤に関する情報を医師に提供したりする営業がメインとなり人気のようですね。

人気の理由としては、やはり金銭面などの待遇が良いことが挙げられます。

但し、安易に金銭面だけを見て決めてしまうと注意が必要のようで、基本的には営業ですので向き不向きがあり人によってはストレスを感じてしまう人も・・・

仕事内容を十分に理解して選ぶ必要があると言えそうです。

「病院」

病院も薬剤師の転職先としては人気の1つになりますが、その理由として挙げられるのは“やりがいを感じる”ということでした。

何と言っても病院で勤務できるということは、薬学に関する知識を実務で直接学ぶことが出来ることが魅力なのでしょう!

但し・・・

病院に関してはやはり人気となっていて、募集自体が少ない傾向にあるのも事実のようです。

狭き門になっていますので、単純に“実務を知りたい”とだけでなくキチンとした理由を考える必要があるようです。

また、製薬会社と違う点としては金銭面で少し劣るという点でしょう!

ただ、“やりがい”を感じたいと言う人にとっては、お金の問題は“2の次”でしょうから、その点は問題ないのかもしれません。

「薬局」

最大の魅力は、まさに薬剤師にしか出来ない最も薬剤師らしい職種という点でしょう!

ただし、もちろん薬局ですので患者さんと直接コミュニケーションを取る必要があるため、単に薬学に関する知識だけでは難しいと言えそうです。

ただし、それを苦にしないのであれば薬局は本当に薬剤師がやるべき仕事と言えますので、こちらも“やりがい”を感じられる職場と言えますね!

因みに、もう少し突っ込むと大手薬局チェーン店が人気のようですので、転職先として考えて見てくださいね!

「ドラッグストア」

こちらは、最近転職先として増えてきている職場になります。

なぜかというと、金銭面等の待遇が良いことが挙げられます。

ここまでの4つで言うと、製薬会社の次にドラッグストアが金銭的には恵まれた環境と言われています。

但し、ドラッグストアはお店ですので、専門的な仕事内容以外にも接客等の極端な話、薬剤師じゃなくても出来る内容が含まれています。

ただ、その点も踏まえても金銭面で待遇が良い点というのが、近年は注目されていますので、こちらに関しても仕事内容等の職場環境を理解したうえで、考えて見るのもいいかもしれませんね!

POINT:製薬会社・病院が中でも転職先として人気があるけど、それ以外の職場も最近注目を浴びている!


薬剤師が転職する理由・原因は?


次に薬剤師が転職する理由・原因について考えて行きます。

大きく分けてこのような理由・原因があるみたいですね!

【主な転職理由】
  • 人間関係

  • 金銭面

  • スキルアップ

「人間関係」

比較的狭い環境で働くことが多いため、そのうち一人でも合わない人がいると、仕事が嫌になってしまう人が多いようですね・・・

ただ、転職理由としては難しいのがこのタイプと言えそうですね・・・

転職の際の面接ではこのようなことはなるべく触れないように努める必要があり、前向きな姿勢をアピールすることが必要です。

また、先ほども少し触れましたが予め職場環境をチェックすることも忘れないでおきましょうね!

「金銭面」

金銭面つまり、給料が安いと考えて転職する人も多いようです。

薬剤師というのはそもそもある程度金銭面では良いという話も聞きますが、それでも感じる人はいるのでしょう。

そのため製薬会社が人気になっているようですが、先ほども述べた通り製薬会社に関しては向き不向きがあります。

予め自分でも分かると思いますが、安易に金銭面だけをみると危険と言えるでしょう!

また、やはり金銭面が高いという事は、それなりの重い仕事と言えますからある程度の覚悟を持つ必要もありますね。

「スキルアップ」

こちらに関しては、比較的ポジティブな転職理由と言えるでしょう!

あなたが持っている知識をさらに増やすことを目的として、更なる高みを目指すというのが転職理由みたいですね!

その際のポイントとしては、「どうして学びたいのか?」「何を学びたいのか?」ということを、キチンと考える必要があります。

これらの理由がしっかりとあると、途中で挫折せずに済みますので考えて見てくださいね!

また、しっかりとした理由が見出せないというかたもいるかもしれません。

そういう方は、まず転職サイトに登録するのもいいかもしれませんね!

ほとんどの転職サイトでは無料であなたのコンサルタント親切丁寧にアドバイスしてくれます。

詳しくは【こちら】の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

POINT:転職理由としては薬剤師特有なものではなくどの職種でも同じことが言えそうですね!


まとめ


今回は薬剤師って転職する人が本当に多いのか?ということを考えてきましたがいかがだったでしょうか?

そもそも薬剤師になれている人にとっては、転職を考えているのであれば他の人がどのようなことを考えているのか分かるきっかけになったでしょう。

また、これから薬剤師を目指す方はもしなった場合に、今回紹介した理由・原因が自分に起こり得るということ、また職種としてどのような場所が人気があるのか?ということがわかりましたね!

因みに、これから目指す人に「薬剤師の資格って難易度はどれくらいなのか?」ということを紹介している記事がありますので、今回興味を持った方は【こちら】の記事もご覧くださいね!

この記事をきっかけにあなたにとって最善の転職場所を見つけられると私としても嬉しいです。

自分の気持ちを素直に見直して「何をしたいのか?」「どうなりたいのか?」ということをもう一度考えて見てくださいね!

そうすれば自ずと答えは見えてくるでしょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ