傘寿のお祝いをする風習がない地域って?他の長寿祝いもやらないの?

スポンサードリンク

[傘寿]


傘寿のお祝いって、やっぱり長年生きてこられた方を敬う大切なものだと考えています。

ただ・・・

そもそも、全国的に傘寿のお祝いって行われているのでしょうか?傘寿のお祝い以外にも長寿のお祝いはどこの地域でもやられているのか?疑問を持たれているからもいるようです。

そこで、今回は傘寿のお祝いをしない地域ってあるのか?そもそも長寿のお祝いをやる風習がない地域はあるのか?ということを考えていきます。

この記事を読んで頂き、仮にお祝いしない地域があって、あなたがその地域に行くことになっても、長寿のお祝いをあなたが広めて頂けると嬉しいです。


傘寿のお祝いは全国共通で行われる?


早速まずは“傘寿”のお祝いをする風習がない地方というのを調べてみました。

結果ですが・・・

調べた範囲ですが特にそのような地域は見当たりませんでした。

実際は風習がない極小さな集団もあるのかもしれませんが、現段階では全国共通で傘寿のお祝いをすると考えておけば問題ないでしょう!

但し、調べていく中で“古稀”に関しては「やらない方がいい」と考えている方もいるようです。

しかし、長寿のお祝いは基本的には行うべきという考え方がいくつかあるようで、その中の一つに「長寿のお祝いで最初に米寿のお祝いにしてはいけない」という内容でした。

これには諸説あるようで、語り継がれている部分もあるようなので、具体的な理由に関してまで、調べることが出来ませんでした。

ただ、「米寿を迎える人に対して何もお祝いをしないのはどうなんだ?」ということ、「単純にそのお祝いの対象である長寿の方の気も遣いながら・・・」など、考えた挙句にこのような言い伝えになったと解釈します。

やっぱり、お祝いするとなると遠く離れた遠い親戚にも声を掛けざるを得ない状況にもどうしてもなってしまいますし、祝う側が“古稀”に関してはやらない方がいいと、判断してこのような風習が良い伝えられたのかもしれませんね!

POINT:傘寿というよりも“古稀”のお祝いに注意が必要と考える人が多い!


傘寿以外の他の長寿のお祝いもやらない?


ここまでで、私が色々調べた限りでは全国的に“傘寿”のお祝いをやらないと断言している地域は無いということになりましたね!

そこで、ここからは傘寿以外の他の長寿のお祝いとやらない地域は存在するのか?ということについて考えて行きます。

結論から言って、「長寿のお祝いをするとろくなことがない!」っと考えている人たちはいるみたいですよ!

ただ・・・

申し訳ございませんが、具体的にどの地域の方達がそのように考えているのか?というところまでは、見つけることが出来ませんでした。

しかし、昔からの言い伝えで「還暦から始まり、傘寿や白寿等の長寿のお祝いをすると・・・」という話もあるようです。

もう少し説明すると、「長寿のお祝いをするとすぐになくなってしまう・・・」と、考えている方がいるみたいですね。

でも、これってなんだか私でも少し納得がいく理由でした。

要するに、長寿のお祝いをしてしまうと、「お祝いされた人は、安心して“ふぅっ”っと一息ついてしまう」と考えられているみたいです。

もちろん私はまだまだそんな年齢ではないわけですが、確かにこのように長寿のお祝いを受けた側にとっては、これがひと段落と考えてしまい肩の力が抜けてしまう状態のあり得るのではないでしょうか?

このような言い伝えをあなたが鵜呑みにするかどうかは、とりあえず置いておいて実際に私たちがこのようなお祝いを受ける側の場合どう感じるか考えて見たところこのように感じてしまいました。

あなたはどうですか?

正直このような話を知る前までは、「当然にして祝いたい!」と考えていた私ですが、実際の情報を聞くと、やっぱり現状のその方の状況を確認しないとダメだなとも少し感じてしまいました!

POINT:長寿のお祝いはそもそもやらない方がいいと考えている方もいる!


傘寿のお祝いは嬉しい?


ここまでで、傘寿のお祝いを風習としてやらない方がいい地域があるのか?また他の長寿のお祝いについてはどうなのか?ということを考えてきました。

そこでは、人によっては長寿の方の体調等の様々な要因を踏まえて、“やるべきかやらないべきか?”ということを真剣に考えている方がいるということもわかりましたね!

そこで、ここからはお祝いをされる側の気持ちについて知れべてみました。

そうすると、中には「わざわざお祝いなんてされなくてもいい」という方もいましたが、やっぱり大多数の方が「嬉しい」っと単純に思っている方が多いみたいですよ!

で・・・

私は、思ったのですが仮に、仮にね・・・

このお祝いをしてすぐに亡くなってしまう方が多いとしても、やっぱりそれなりの経験と知識を携えた方に対する敬意の表し方としてやっぱり、お祝いは行うべきなのではないかと考えました。

もちろんその方の体調も重要な面ですので、それは前提として考えないといけないとは思います。

ですが、少なくても元気であればやっぱりお祝いし、例え仲が悪くてもその方のお話をキチンと聞くという機会があっていいのではないかと感じてしまいました。

長生きすることが凄いことと考えるのも当然ですが、長生きしていてもただ単に一人で暮らしてロクに面倒も見ることが出来ない・・・

そんな状態の長寿のお祝いをしないということはやっぱり避けるべきですよね・・・

というか、やっぱりそのような方をもう一度敬う気持ちや敬意を払う気持ちを自分の心に決意し、主役にしてあげて欲しいと感じました。

あなたはどう感じたでしょうか?

もちろん状況も人それぞれ違うでしょうから、思う気持ちも人それぞれということは重々理解しています。

ただ、単純に「面倒だから・・・」とか「意味ないでしょ!」とかの理由で、やらないということは避けるべきと考えます。

人間寿命はありますからいつかは、残念な結末になってしまいますがそれまでの生きた証や経験というものをお祝いすることで、みんなで感じてもらえたら嬉しいです!

POINT:傘寿というよりもその方が主役のお祝いをやることに意味があると言えるでしょう!


まとめ


今回は傘寿のお祝いをする風習がない地域はあるのか?またそのほかの長寿のお祝いもならないという文化があるのか?ということについて考えてきましたがいかがだったでしょうか?

私は今回のテーマを調べながらやっぱり長寿を迎えた方という存在をどう捉えるか?ということを真剣に考えるいいきっかけになったと感じました。

長寿大国と言われる日本ですが、やっぱり“長寿”と言われる方達がこれまでに経験し、会得したスキル・ノウハウというのは計り知れないものがあると感じています。

そのような有り難いお話を聞く意味でも、自分の都合で「傘寿のお祝いをやらない!」という選択肢は無くなるのではないでしょうか!

そして何よりもいずれは我が身です。

自分がその年になった時の事もイメージすると、自ずと結論が出てくるのではないかと感じました。

いずれにしても長寿を迎える年齢の方が近くにいて私としては凄い贅沢だな・・・っと感じる内容でした。

もし、あなたが傘寿のお祝いをすると決意したのであれば贈るプレゼント等用意することもあるかでしょう!

既にさまざまなことを紹介している記事がありますので、そんな時はこちらを参考にしてみてくださいね!

・傘寿のお祝いで贈る人気のプレゼントを教えて!選ぶ際の注意点・ポイントは?
・傘寿のお祝いに贈るメッセージカードの内容で注意点と喜ばれる文章は?
・傘寿のお祝いはどうしてするの?色が決まってるって本当に【黄色・紫】?

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ