七夕飾りの簡単な折り紙を使う方法と使わない作り方は?【動画有】

スポンサードリンク

[七夕]

七夕01
七夕は1年の中でも比較的大きなイベントですね。

特に、小さな子供がいる家庭ではこの時期になると、幼稚園や保育園で短冊に願い事を書いていることでしょう!

ただ、笹竹をお家で用意できる方は中々いないでしょうから、「お家で何か飾りが出来ないかな?」と考えている方もいるかもしれません。

そこで、今回は七夕の飾り付けで簡単に作れる方法・作り方について紹介していきます。

例えば、折り紙を使った飾りが出来れば、子供と一緒に作ることが出来て七夕のイベントを家庭で楽しむことが出来るでしょう!

そのため折り紙で作れる七夕の飾りについて動画で紹介しますので、ご覧いただけると幸いです。

それでは早速見ていきましょう!

七夕の飾りは折り紙でも作れるの?


「織姫と彦星は?」

織姫と彦星については、作り方がさまざまあり難易度もまちまちです。

そのためここでは、簡単に作れるものから手の込んだものまで3パターン紹介しておきますので、この中でそれぞれの状況に合わせて選んでいただけるといいでしょう!

【初級編】


【中級編】


【上級編】


子供と一緒に作るのであれば初級でも十分楽しめるでしょうし、子供からしても難しいものを作りたいというよりは、その作っている過程を楽しんで何よりも完成出来ることが重要でしょう!

大人も一緒に楽しめるといいですね!

「そのほかに何が作れる?」

例えば、笹・提灯・天の川など作ることが出来ますが、それぞれ少し難易度が高くなってしまうのが難点のようです。


やっぱり七夕と言えば“笹”をイメージされるかもしれませんが、折り紙で作れるのであればそれをお家に飾りたいという方も多いでしょう!

ただ、これに関しては説明すると複雑すぎて伝わらない可能性がありますので、動画で確認してください。

小さい折り紙で色を黄緑や濃い緑などコントラストになるように沢山作ってそれを繋げるとかなり綺麗に出来ますのでおすすめです!


提灯
  1. 折り紙を一枚使います。
  2. (提灯ですので、赤とか暖色系がいいかもしれませんね!)

  3. 半分に折ります。

  4. 山折りにした方に1cm幅で切り込みを1cmほど残して切ります。

  5. 残したところを丸めてテープで止めれば完成です。
文字だと伝わりにくいかもしれませんので、動画も見てみてくださいね!


天の川
  1. 折り紙を一枚使います。
  2. (川ですので青?そのあたりはお好みで選んでください!)

  3. 半分に折り、更に半分におります。

  4. 折った長い辺を交互に切り込みを入れていけば完成です。
  5. (細かく入れていくとキレイに出来ますよ!)

文字だと分かりにくいかもしれませんので、こちらに関しても動画で確認してくださいね!


POINT:七夕の飾り=折り紙が一般的で、子供と一緒に楽しめますね!


折り紙を使わない七夕の飾りは?


次に、折り紙を使わないで七夕の飾りを作る方法に関して紹介していきます。

手取り早い折り紙を使わずに飾る方法としては、一番簡単なのはキットを購入することです。

中々のボリュームになりますので、子供と一緒に作るというのは七夕ならではの楽しみ方かもしれませんので、考えてみてくださいね!

ここで、人気の七夕キットを紹介しておきますので、参考にしてみてくださいね!
七夕キットの人気キットはこちらから!

POINT:ボリュームも中々になりますから子供も喜ぶこと間違えなしです!


七夕飾りはいつ仕舞うのが良い?


七夕の飾り付けっていつ仕舞うのがいいのでしょうか?

例えば、笹竹に関しては焼くことで願いが叶うと言われていますが、いつ焼くのか?など疑問が残ることでしょう。

まずこれを考えるにあたって>新暦・月遅れ・旧暦というのを考える必要があります。

それぞれ七夕の日付を紹介しておくと・・・
  • 新暦  : 7月7日

  • 月遅れ : 8月7日

  • 旧暦  : 8月中旬でその年で異なります
  • (旧暦で言う7月7日というのには変わりありません。)

そのため、月に関してはまちまちになってしまいますので、ここでは仕舞う日付に関して紹介しておきますね!

各地で儀式が行われるわけですが、そこで海や川に飾りを流したりお焚き上げによってきれいにします。

その詳細な時間に関しては、訪問する儀式に関して調べて頂きたいのですが、私が調べたところ遅くても7日の25時にはほとんどが片付けられているようです。

間違っても、翌日の8日に残っている儀式は無いようなので8日以降に残しておくのは好ましくないようですね!

因みに、七夕飾りを取り外すのは早いところで7日の朝、遅いところで7日の夜(25時頃)となりますので、気になる方は参考にしてみてください。

POINT:例えば1週間くらい前から飾るのもいいかもしれませんね!


まとめ


今回は七夕の飾りで簡単に作る方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

七夕は笹のイメージが強くどこかに集まって短冊などに願いを書くというのが定番ですよね。

でも、やっぱり七夕のイベントをお家でも楽しませてあげたいと考えている親もいることでしょう!

そんな時に今回紹介した飾りを子供と一緒に作って七夕を楽しんでみてはいかがですか?

きっと、子供にとってもいい思い出として記憶に残ることでしょう!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ