掃除用のクエン酸と重曹との違いは?使い分ける場面・場所を教えて!

スポンサードリンク

[クエン酸]

掃除01
最近では、お掃除の必須アイテムとしてクエン酸と重曹が注目を浴びているのは、ご存知かもしれません。

見た目では同じようなクエン酸重曹ですが、キチンと理解されているでしょうか?

どの場面ではどちらを使うのが効果的なのか?を把握しておくことで、お掃除を効果的・効率的に行うことが出来ますよね!

そこで、今回は掃除用のクエン酸と重曹の違いについて考えていき、どのようなシュチュエーションではどちらを使うのがいいのか?ということを紹介していきます。

この記事を読んで頂き、お掃除をより楽しく出来るようになってもらえたら寄れしいです!


クエン酸のお掃除効果は?


まずは、クエン酸をお掃除で使う場合の効果について考えてきます。

端的に言うと、クエン酸は弱酸性で、除菌・消臭・水垢汚れの除去などの効果があり、トイレ・お風呂・キッチン周辺のなどの水回りの掃除に有効なんです!

例えば、水回りには多くの場合掃除しないで放置しておくと、「白い塊」が出来たりしますよね?

あれは、水の成分であるミネラルが固まって出来たものなのですが、ミネラルというのはアルカリ性の成分です。

クエン酸は弱酸性ですので、アルカリ性の成分に使うことにより中和されて、落ちやすくなるということを覚えておくといいでしょう!

より詳しく紹介している記事がありますので、ここでは大きな枠組みに留めておきますね!
もっと知りたい方はこちらの記事から!

POINT:汚れの成分を考えて中和させるようなものを使うといい!


重曹のお掃除効果は?


次に、重曹をお掃除で使う場合の効果について考えていきます。

簡単に言うと、重曹は弱アルカリ性で、研磨・中和・軟水・消臭・吸湿・発泡・膨張作用などがあり、お掃除ではあらゆる汚れに万能な効果が期待できる成分になります。

例えば、いわゆるキッチン回りは、何かと油汚れが発生して「こげ茶色の汚れ」が生じてしまいますよね?

脂汚れはへばり付いてしまうと、簡単には落ち辛くお掃除をする際のストレスに感じている方も多いことでしょう!

実は、油汚れは酸性の成分ですので、重曹というアルカリ性の成分を使うことで、中和されて汚れが落ちやすくなるんですよ!

クエン酸の説明でも紹介してきましたが、お掃除で一番大切なのは・・・

「汚れの成分を把握すること!」

そして、中和させるようにしてあげると比較的簡単に汚れを落とすことが出来るという事なので、覚えておくといいでしょう!

POINT:重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れに効果的


クエン酸・重曹を使い分ける場面は?


ここまでで、クエン酸と重曹それぞれの性質を認識しましたので、もうあとは自分で考えて行うことも出来るかもしれません。

しかし、「汚れの成分が分からない!」という方もいることでしょうから、ここではさらにシュチュエーションごとでどちらを使うか考えていきます。

キーワードは、「中和させる」ということでしたね!

上で解説していますが、クエン酸・重曹の成分は・・・
クエン酸 … 酸性
重曹   … アルカリ性

でしたので、クエン酸はアルカリ性の汚れ・重曹は酸性の汚れに使うことで効果的に落とすことが出来ます。

以下では、簡単に酸性・アルカリ性の汚れを紹介しておきます!

【酸性の汚れ(重曹使用)】
  • 油汚れ

  • 鍋などの焦げ

  • 排水口のぬめり

  • 生ごみの悪臭

  • 茶渋

  • 湯垢
【アルカリ性の汚れ(クエン酸使用)】
  • 水垢

  • 石鹸カス

  • トイレの黄ばみ(尿石など)

  • トイレの悪臭

  • タバコのヤニ
例えば、上でクエン酸は水回りで使うと効果的と言いましたが、水回りには必ずある排水口のヌメリをとるのであれば、重曹を使うことになるんです!

難しいですね・・・

そこで、私がおすすめするのは排水口の掃除の場合は両方混ぜるといいかもしれません!

クエン酸と重曹を混ぜると発砲作用で沢山泡が出てきてビックリしてしまうかもしれませんが、酸性・アルカリ性のどちらの汚れも落ちるので効果的ですよ!

また、クエン酸の代用として食用のお酢も同様の効果を発揮してくれますので、重曹を排水口に撒いてその上にお酢をかけるというのが効果的ですので、行ってみてください。

因みに、クエン酸・お酢をお掃除で効果的に使う方法は他の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね!
クエン酸・お酢をお掃除で効果的に使う手順や方法はこちらから!

POINT:クエン酸・重曹を両方混ぜて使う方法もある!


まとめ


今回は、掃除用のクエン酸と重曹の違いについて考えていき、使い分ける場面について、紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

お掃除を楽しくするためには、簡単に汚れが落ちたりすごく綺麗になることですよね!

既にクエン酸・重曹の成分については認識していますので、あとは掃除をする場所の汚れを理解できれば、お掃除するのが楽しくなることでしょう!

ポイントは「中和させる!」っということを、意識してお掃除に取り組んでみてくださいね!

また、どっちかわからない場合には、混ぜるという方法もあるので頭の片隅に入れておくといいでしょう。

あなたの普段のお掃除がこの記事により楽しくなる、時間短縮になる、ストレスが無くなるようになることを願っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ