スポンサードリンク

父の日03
「父の日は何で祝日じゃないの?」と疑問に感じている・・・

私も昔からそう感じている一人でした。

実は、アメリカでは“父の日”は休日扱いになっているって知っていましたか?

そんな疑問を感じている方のために今回は、日本では父の日は祝日にならないのか?そもそも父の日はどういう理由で設定しているのか?紹介していきます。

「とりあえず父の日はバラを渡せばいっか!」と毎年意味も分からずに、プレゼントを何となく贈っているだけの方は、こちらの記事を読んで頂き理由を理解して贈れるとようになるといいですね!


父の日は何で祝日にしないの?


そもそもの話、“父の日”は毎年日曜日と固定されていますので、仮に祝日になっても振替休日があるわけではないため“なんだか損した気分”に感じています。

ご存知の方も多いかもしれませんが、日本の祝日はどうやって決まるか説明しておきますね!

日本の祝日は、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」という、法律によって決まっています。

現在日本では、全部で16の祝日があるのですが、それぞれ国会という立法機関で正式に決まっているんですね!

父の日に関しては祝日になっていないということは、立法機関で正式に祝日にしていないということになります。

最近では、2014年に“山の日”という新たな祝日が制定され、2016年から施行されましたので、今後母の日や父の日も祝日になる可能性はゼロではないということですね!

因みに、アメリカは父の日が法律で正式に制定されているため国民の祝日という扱いになっています。

POINT:今後“父の日”が祝日になる可能はゼロではないけどなっても・・・


父の日は毎年同じ日・同じ曜日なの?


父の日は世界中に存在していますが、曜日や日付は固定されていません。

但し、日本とアメリカは同じ曜日となっているので覚えておくといいでしょう!

日本・アメリカの父の日=毎年6月の第3日曜日

勘の言い方はお気づきかも知れませんが、アメリカは父の日が祝日扱いになっているということを上で紹介してきました。

しかし、6月の第3日曜日が父の日なので、結果的に休日になってしまうんですね・・・

ということは、日本も今のまま父の日が決められてしまうと、結果的には全然おいしくない祝日になってしまうということです。

逆に言うとこんなことも“祝日にならない理由”として考えられます。

日本では、父の日=6月の第3日曜日として広く伝わっています。

それを祝日にするためには日曜以外に設定しなければならないけど、明確に日付を決める根拠がない。

「日曜日だと意味がないから平日にした」というのでは、法律は作れないでしょう。

そのため、結果的にそのまま祝日とはしていないのかもしれませんね!

6月の第3日曜日を祝日にしてしまい、翌日の月曜日を振替の日としてしまえばいいのにと少し感じましたが、それでは毎年振替の日になってしまって変ですね・・・

そう考えると、ハッピーマンデーもあることですし6月の第4月曜日もいいかもしれません。

ここで、どうこういっても決まる話ではないですが、いずれ父の日が祝日になるといいですね!

POINT:日本では、父の日=6月の第3日曜日


父の日誰が考えたのか起源は?


父の日という日がどのようにして制定されているか知っていますか?

父の日の始まりは1909年、ワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が、「父の日を作ってほしい」と教会に嘆願したのが始まりとされています。

ドット夫人の父親は、6人の子どもと妻を残して南北戦争に招集されていましたが、妻が他界してしまいます。

そして、復員したドット夫人の父親は、再婚もせずに男手一つで子どもたちを育て、6人全員が成人した後にこの世を去っしまったのです。

そこで、ドット夫人は、このような父の苦労をねぎらい尊敬する日として父の日の設置を望んだが、この創案には、父の日よりも前に設置されていた「母の日」の存在があるためとも言われています。

1909年当時、ドット夫人は母の日に倣い、「父にしっかり感謝する日もあってしかるべきだ」との考えから、教会に嘆願したんですね!

そして、ドット夫人の父親の誕生月である6月の第3日曜日が「父の日」とされ、アメリカでは国民の休日となったということです。

母の日がなければ父の日が作られなかったかもしれない思うと何だか少しお父さん・パパにとっては悲しいかもしれません。

POINT:母の日があることで父の日もアメリカでは休日として正式に制定された!


まとめ


今回は、父の日は国民の祝日にならないのか?そもそもどういう概念で“父の日”が存在しているのか?ということを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

因みにもう父の日の贈り物は決まっていますか?決まっていない方はこちらを参考にしてみてくださいね!
あなた(贈る側)の年代別のプレゼント相場は?
父親(貰う側)の年齢別で貰って嬉しいプレゼントは?

多くの方が「休日になればいいのに・・・」と感じているかもしれませんが、あるお父さんの誕生月母の日の関係“父の日”としてアメリカで制定されたため、少し仕方がないと感じる部分でもありましたね!

因みに、日本に父の日の文化が浸透するようになったきっかけは、1981年に社団法人国内メンズファッション協会の「日本ファーザーズ・デイ委員会」は「父の日黄色いリボンサービスキャンペーン」を展開したことが始まりと言われています。

今では、父の日=黄色い花や黄色いリボンというイメージがありますが、これは“身を守る”“愛する人の無事を願う”といった意義がある「黄色」をイメージカラーにこのキャンペーンで選定したんですよ!

因みに、アメリカでは赤・白のバラを贈る習慣があるのですが、なぜ日本で赤・白にしなかったのか?については、他の記事で紹介していますので、そちらをごらんください。
父の日にプレゼントやバラを贈る意味・理由は?

祝日ではないですが、6月第3週の日曜日大切なお父さん・パパの記憶に残る1日になるといいですね!

そのために父の日に関するさまざまなお悩みについて解決している記事がありますので、下の関連記事から探してみてくださいね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク