クエン酸を多く含む食材の含有量は?1日の摂取量と効果を教えて!

スポンサードリンク

[クエン酸]

クエン酸01
クエン酸は“体に良い”というのは良く言われていますよね!

でも、次のような疑問をお持ちの方がいるかもしれません。

  • クエン酸はどんな効果があるの?

  • クエン酸って柑橘類しかないの?

  • 1日にどれくらいとればいいの?
そこで、今回はクエン酸を多く含む食材は何なのか?1日にどれくらい摂取すればいいのか?ということを紹介していきます。

クエン酸はお掃除用としても使われていたり効果が沢山あるというのは、分かっていても具体的に全て把握している方は少ないでしょうから、改めて効果についても考えて行きますね!

この記事を読んで頂き効率的にクエン酸を使って頂けるようになると嬉しいです。


クエン酸の効果・効能は?


そもそもクエン酸を私たちの体に摂取すると、どのような効果・効能があるのかというと・・・

クエン酸は、以下の効果が期待できます。
  • 疲労回復

  • 血流修正

  • ミネラルの吸収促進

  •  →アンチエイジング効果
     →ガンの予防
  • 美肌特徴

  • 痛風の予防
クエン酸とは、簡単に言うと“酸っぱい成分”の事を言いますが、食べる際には上記のような効果が期待されています。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいね!
クエン酸を体に摂取する場合の効果・効能は?

一方、お掃除でクエン酸を使うとどのような効果があるのか?というと・・・

クエン酸は弱酸性で、除菌・消臭・水垢汚れの除去などの効果があり、トイレ・お風呂・キッチン周辺のなどの水回りの掃除に有効なんです!

クエン酸を掃除で使う場合の効果をもっと詳しく紹介している記事がありますので、もっと知りたい方はご覧ください。
クエン酸を掃除で使う場合の効果についてはこちらから!

このような多種多様な効果が期待されているクエン酸ですが、そうなると「食用と掃除用の違いって?」と思われる方もいるでしょう!

そのため他の記事ではクエン酸の食用・掃除用の違いについて紹介していますので、そちらをご覧くださいね!
クエン酸の効果として食用と掃除用の違いは?

ざっくりいうと、濃度の違いがあるようで掃除用を食用として使うのはまずいという事は知っておいてくださいね!

POINT:クエン酸の効果は食用・掃除用それぞれ多岐に渡ってある!


クエン酸は1日にどれくらい摂取する?


次に、クエン酸を摂取する場合には1日にどれくらい摂取すればいいのか?ということを考えて行きますね!

1日の目安量としては2g以上とされており、日常的に運動している人の場合は、5g程度必要と言われています。

多量摂取による大きな副作用などは確認されていないが、ヒドロキシ酸により一時的に下痢や嘔吐などの可能性はあると言えます。

因みに標準的な「みかん」1個に含まれるクエン酸の量は1g程度ですので参考にしてみてくださいね!

また、過剰摂取してしまうと不安に思う方もいるかもしれませんが、クエン酸はもともと医薬品ではないために基準とする用法や用量が無いというのが本音なんです。

ですが、1度に大量に摂取してもすぐに効果が出るわけではないので、細目に摂取することを心掛けたいところです。

POINT:1日に数回に分けて摂取することと、スポーツ後は糖分も一緒に摂取するとエネルギーが効率よく生産される!


クエン酸を多く含む食材は?


クエン酸と聞いて思いつくイメージは“酸っぱい”という方が多いではないでしょうか?

実は、そのイメージ通りでクエン酸は“酸味”の成分です。

以下では、クエン酸を多く含む食材について紹介していきますので、効果的な摂取をしたい方は参考にしてくださいね!

【クエン酸が多く含まれる食材】
      ①レモン
      ②グレープフルーツ
      ③いちご
      ④パイナップル
      ⑤キウイ
      ⑥梅干し
      ⑦お酢
      ⑧ローズヒップ
      ⑨ハイビスカス
      ⑩アセロラ

“ハイビスカス”や“ローズヒップ”というのは、少し難しいかもしれませんが、それ以外の食材は比較的簡単に入手できるのではないでしょうか?

“ハイビスカス”“ローズヒップ”を取る場合にはお茶でも効果がありますので、挑戦してみてください。

また、柑橘類ならば1個、いちごのような小粒なものならば5~6粒、梅干し2~3個を目安に食べるのがいいようですので、参考にしてみてくださいね!

但し、梅干しに関しては“塩分”が比較的多い食材ですので、食べ過ぎには注意が必要です。

塩分の影響ででクエン酸を大量に摂取したいと思い食べ過ぎて他の病気になってしまっては元も子もないですので!

POINT:意識すれば取れない食材じゃないという事が分かりましたね!


まとめ


今回は、クエン酸を多く含む食材は何か?また1日にどれくらい摂取すればいいのか?ということを考えてきましたがいかがだったでしょうか?

クエン酸の効果を効率的に吸収するために、ビタミンB群を一緒に取るといいみたいですので、参考にして頂けると嬉しいです。

フルーツを取る習慣がない方にとってみると、なかなか難しいのかな?と感じる食材でした・・・

しかし、その場合には“ハイビスカスティー”“ローズヒップティー”などを試してみてくださいね!

あなたの体に効果的にクエン酸が摂取できることを応援してます。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ