クエン酸の効果として食用と掃除用の違いは?

スポンサードリンク

[クエン酸]

掃除03
クエン酸は大変注目を浴びている成分で、食用と掃除用それぞれあるのをご存知の方も多いです。

ただ、「食用と掃除用で何が違うんだろう?」と思われている方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回はクエン酸について食用と掃除用で効果の違いについて考えて行きます。

それぞれの成分を知って正しい使い方をしてもらえるようになることが、この記事のゴールとなります。

その点に注意してご覧いただければ嬉しいです。


食用・掃除用クエン酸の効果は?


まず、食用・掃除用共に成分表を見て頂ければわかりますが、“クエン酸”ですのでその点では共通していると言えるでしょう!

食用・掃除用それぞれのクエン酸効果に関しては、すでに他の記事で詳しく紹介していますので、そちらで確認してみてくださいね!
食用クエン酸の効果についてはこちらから!
掃除用クエン酸の効果についてはこちらから!

ざっくり言うと・・・
【食用クエン酸】
  • 疲労回復

  • 血流修正

  • ミネラルの吸収促進
  •  →アンチエイジング効果
     →ガンの予防

  • 美肌特徴

  • 痛風の予防
【掃除用クエン酸】
  • 「除菌」

  • 「消臭」

  • 「水垢汚れの除去」
などあり、ぞれぞれの効果が異なると言えるでしょう!

では、「同じクエン酸なのにどうして違うのか?」ということを、以下で考えて行きますね!

POINT:食用・掃除用それぞれで異なる効果がある!


食用クエン酸の成分は?


まずは、食用のクエン酸に関する成分について、考えて行きますが上で紹介している通り、クエン酸が含まれていますがその純度が99.5%以上含まれているものが、一般的のようです。

つまり、純粋にクエン酸を抽出したものが食用として使われているという事ですね!

それを聞くと「じゃあ食用を掃除用として使ってもいいってこと!?」と思うかもしれませんが、注意が必要です。

それは、何かというと食用の場合確かに純粋にクエン酸が含まれていますが、その他にも“旨み成分”が含まれている可能性があるという事です。

旨み成分が含まれているものを掃除に使うというのは、避けた方がいいのかもしれませんね!

POINT:食用クエン酸の純度は99.5%以上のものが使用されている!


掃除用クエン酸の成分は?


次に、掃除用クエン酸の成分について考えて行きます。

掃除用クエン酸は食用クエン酸とはことなり、純度を99.5%以上とする必要がないので、不純物が多く含まれていることになります。

そのため「掃除用クエン酸を食用として使用するというのは避けた方がいいでしょう!

そもそも掃除用クエン酸は“工業用クエン酸”と言われていますので、飲む前提として作られていません。

体調を崩す可能性もありますので、飲み物として摂取したい場合は必ず食用のクエン酸を使った方が良さそうですね!

POINT:掃除用は工業用クエン酸で摂取する前提で作られていない


まとめ


今回はクエン酸の効果として食用と掃除用の違いについて考えてきましたがいかがだったでしょうか?

食用・掃除用の大きな違いは精製純度が異なるという事でしたね!

食用は純度が高いものですので、摂取しても問題がないのですが、掃除用は純度を気にしていませんので、不純物が含まれているという事になります。

食用クエン酸を掃除に使う際には、旨み成分が含まれていますので掃除効果が得られない可能性があるという事を知っておく必要があるでしょう!

また、掃除用クエン酸を食用として使うのは、不純物が体に与える影響も考えられるので、避けた方がいいという事でしたね!

そもそもどちらでも使えるのであれば、食用・掃除用に分ける必要は無いでしょうから、キチンとそれぞれを使い分けて行くのが無難ではないでしょうか!

クエン酸は沢山の効果が期待されていますので、正しい使い方をして効果を得られることを願っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ