鶴岡八幡宮が平安時代に出来た目的は?源頼朝が生活していたの?

スポンサードリンク

[鎌倉]

鎌倉02
鶴岡八幡宮って鎌倉に観光に行ったことがある方は、必ず訪れると言える観光スポットですよね!

ただ、鶴岡八幡宮って当時どういう理由で創られたのか知っていますか?

鎌倉幕府を成立させたと言われている“源頼朝”が生活していた場所なのでしょうか?それとも何か特別な場所として建てられた施設なのでしょうか?

そのような悩みをお持ちの方もいるでしょうから、今回は鎌倉の鶴岡八幡宮ってどのような用途で当時使われていたのか?源頼朝はどこで暮らししていたのか?ということを紹介していきます。

これから鎌倉へ観光に行く方や、鎌倉時代の歴史について知りたい方などこの記事を読んで頂くと、改めて鎌倉の魅力に気付けることでしょう!


鶴岡八幡宮っていつ出来たの?


まずは、鶴岡八幡宮ってそもそもいつ出来たのか?という事情から考えて行きましょう!

遡ること平安時代に、源頼義(みなもとのよりよし)という人が、東北地方で起こった前九年の役(ぜんくねんのえき)という戦に勝つといったことを祈って京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の分社(ぶんしゃ)を、鎌倉の鶴岡(つるがおか)という地に建てましたのが始まりでした。

ここで、“分社”という一言の意味を分からない方もいると思いますので、分社とはある神社に祀られている神様を、別の場所でも拝めるように、もう一つ同じ名前の神社を建てるケースをいいます。

要約すると、鎌倉の鶴岡に創られたことから鶴岡八幡宮と言われていたんですね!

因みに、その時創られたのは鶴岡に建てられたもので、現在の鶴岡八幡宮ではないですが、平安時代(794年~1192年)に創られたと言われています。

現在の神社は鎌倉の雪の下という場所にありますので、鶴岡から移されたものなんですね!

源頼義の子の義家(よしいえ)は、八幡様の申し子だとして「八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)」と名乗りました。

鎌倉に幕府を開いた源頼朝は、義家の遠い子孫であるためには、氏神(うじがみ)として鶴岡八幡宮を信奉し、現在の地に神社を移して、その移した社殿(しゃでん)を中心に、幕府の施設を整備しました。

結局、鶴岡八幡宮は鎌倉幕府の守護神(しゅごしん)になったというという事です。

POINT:鶴岡八幡宮は当初の場所から移って現在の場所に建てられた!


源頼朝は何をしたい人?


源頼朝(みなもとのよりとも)とは、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将・政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である。

因みに“鎌倉幕府”という名称は、後世の人間が後付けでつけたネーミングに過ぎないということがまず前提となります。

しかし、源頼朝は内乱を勝ち抜いて、“幕府”が存在するに値する行動力・地位等を持っていたのは実のところであると考えられます。

歴史を見ると源頼朝ってどういう人物か?および鎌倉幕府成立が何年?と思われている方もいるでしょう。

このところでは鎌倉幕府の成立が1192年(イイクニ)1185年(イイハコ)という2つが言われているのですが、どちらも理由があるため学生を悩ませているようです!

詳しくは他の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてみてくださいね!
鎌倉幕府成立は1192年と1185年のどっちが最善?

POINT:源頼朝は事実上の全国を支配できる地位を持っていた人物!


鎌倉幕府の中心は鶴岡八幡宮で源頼朝が生活していた?


現代の鶴岡八幡宮があるのは、鎌倉市「雪ノ下」にありますが、この雪ノ下という地名の由来は、過去に源頼朝が夏の暑さを凌ぐため、現在の鶴岡八幡宮の裏辺りに雪屋を作らせて雪を貯蔵したという話にちなんでなんですよ!

源頼朝は鶴岡八幡宮の東、現在の鎌倉市二階堂付近に館を置き、さかのぼって見てみるとここが三代実朝までの幕府の場所となり、この場所を鎌倉幕府と呼ばれる拠点としていたようです。

即ち、鶴岡八幡宮はあくまで神様が祀られている本殿であってそこで暮らししていたわけではないということですね!

それと、1225年になると北条義時は自身の館の隣、要するに鶴岡八幡宮から若宮大路を南に下った左側を少し入った宇都宮辻子というところの、今日の小町2丁目付近に幕府を移転させたと言われています。

結局、この時点でも「鶴岡八幡宮が中心になっていたわけではない」という事がおわかり頂けたのではないようなでしょうか?

因みに、鶴岡に最初に建てられた鶴岡八幡宮のメインとなる本殿はたちまち焼失しておりますが、徳川家によって再建され、国の重要文化財として現在に至っていますので、こんな点でも評判のスポットとなる事由と言えますね!

POINT:鶴岡八幡宮は源頼朝が生活していたのではないけど中心となっていたのは確かでしょう!


まとめ


今回は鶴岡八幡宮の歴史について考えて行きながら、源頼朝が日常生活して場所について宣伝してきましたがいかがだったでしょうか?

国の重要文化財に指定されている場所ですから、一度は見ておきたいスポットですが、その際に今回紹介した情報を知っておくともっともっと魅力的に感じられることでしょう!

また、鎌倉で人気のスポットとして銭洗弁天を挙げる人も多くいるかもしれませんね!

銭洗弁天については他の記事で掲載していますが、その出来た背景やお金の洗い方について知りたい方はこちらの記事もご覧いただくと嬉しいです。
銭洗弁天の歴史とな正しい現金の洗い方はこちらから!

鎌倉の観光スポットに関しては本当に春夏秋冬いつ行っても魅力的な好評の場所がいくつもあります。

鶴岡八幡宮や銭洗弁天以外にも多くの観光スポットがありますので、迷っている方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!
鎌倉に行くなら春夏秋冬いつが賢明?おすすめの時期を教えて!

あなたの鎌倉観光が記憶に残るスタイリッシュな旅になることを心から応援致します。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ