夏の鎌倉平均気温や海の絶景名所江ノ島おすすめスポットは?

スポンサードリンク

[鎌倉]

江の島01
夏に鎌倉へ観光に訪れるのであればやっぱり“海”が見たいところですよね!

鎌倉で“海”と言えばやっぱり“江ノ島”が見られる景色が名所として知られています。

だけど、「江ノ島で何をすればいいの?」「周辺に何があるの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

そこで、今回は夏に鎌倉に行く場合の“海の絶景名所”江ノ島おすすめスポットについて紹介していこうと思います。

夏に鎌倉観光される場合に参考にして頂けると嬉しいです!


夏は何が一般的に景色いい?


少しありきたりかもしれませんが、やっぱり「夏と言えば海!」ではないでしょうか?

暑さに耐えなくてはならないこの季節は苦手な人も多いかもしれませんが、薄着で海沿いを歩くと「波の音・青い空・輝く海」という景色はやっぱりみると癒されます。

鎌倉でも海水浴場で楽しむ人も多いようですので、水着を用意するのがいいかもしれませんね!

逆に、海に入らない場合で朝から1日鎌倉観光を楽しむのであれば、汗だくになる覚悟をして着替えも用意したほうがいいでしょう!

POINT:海に入らずに1日観光するのは覚悟が必要!


鎌倉で江ノ島の海に夏行くと気温はどんな感じ?


夏の鎌倉市は平均気温7月・8月で、27℃~28℃と言われていますので、やっぱりそれなりに暑いと言えます。

但し、1日観光は覚悟が必要と言いましたが、東京に比べて比較的涼しいと言われていますので、普段都内で生活している人にとっては、涼しく感じるかもしれません!

いずれにしても、気温は高いですので汗を描く覚悟日焼け対策もしっかりしたほうがいいですよ。

浜に2~3時間程いるだけでめちゃくちゃ日焼けしてしまうようなので、女性は特に注意が必要ですよ!
日焼け対策の人気おすすめランキングはこちらから!

但し、海水浴場は真夏になるとかなりの混雑ぶりとなっていますので、その賑わいで気分も高揚することは間違えないです。

海の家ではBBQも楽しめるみたいですので、“夏満喫!”という経験を味わうことは出来るでしょう!

以下では、鎌倉周辺の海水浴場を中心としておすすめスポットを紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

注意!都内に比べれば涼しいけど日焼け対策は必須!


鎌倉の江ノ島周辺でおすすめスポットは?


まず、鎌倉へ夏に行くのであれば最低でも夕方までは居ることをおすすめします。

というのも、日が暮れる時間帯は江ノ島と夕日の景色が“まさに絶景”になりますので、それを観ずして「夏の鎌倉」を語れないからです!

ここではまず、おすすめスポットとして海水浴場を紹介しておきますので参考にしてみてくださいね!

【おすすめスポット】
  • 由比ガ浜海水浴場

  • 稲村ケ崎

  • 材木座海水浴場

  • 片瀬東浜海水浴場

  • 七里ヶ浜
この中で“由比ガ浜海水浴場”は人気ですので、よく聞く海水浴場の一つですが、私が一番おすすめするのは「片瀬東浜海水浴場」です。

江ノ電の片瀬江ノ島駅から徒歩5分にあるこの海水浴場をおすすめする理由は、江ノ島から近いという事、近くに水族館があるという事です。

“水族館?”っと思われる方もいるかもしれませんが、グループで言った場合に「どうしても海は苦手・・・」という方がいる場合は、夏の海を満喫しながら水族館を利用できるという事ですね!

因みに、江ノ島周辺の観光名所に関しては詳しく他の記事で紹介していますので、そちらを参考にして頂ければと思います。
江ノ島周辺の観光名所・人気のおすすめスポットはこちらから!

海で遊びたい人は夕方まで海で!日焼けが怖い人はその雰囲気を味わいながら途中で水族館に行くのもありです。

ですが、どちらにしても夕方までは最低でも江ノ島周辺にいるのがいいですよ!

その絶景を観ないのは正直勿体なさ過ぎます・・・

さらに、江ノ島にある“シーキャンドル”と言われる展望台は夜になるとイルミネーションが輝きますので、一泊するのであれば夕方から江ノ島に歩いて向かうのもいいでしょう!

POINT:鎌倉に行くのであれば電車でお昼頃からもありでそこから出来れば夜までいるといいでしょう!

まとめ


今回は夏の鎌倉へ行く場合の海の絶景名所を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

海=海水浴場で楽しむという方は、今回紹介した5つの中から選んで頂ければと思います。

また、どうしても「海は見たいけど入りたくない・・・」という人は、夕方までに江ノ島へ行くようにして、水族館や鎌倉大仏・銭洗弁天・鶴岡八幡宮などの鎌倉名所に回ってから江ノ島に向かうのがいいかもしれませんね!
その場合、それぞれで疑問に思われる質問に関して紹介している記事がありますので、行くのであればそちらを見て頂ければと思います。
鎌倉の大仏・奈良の大仏どっちが大きいの?
銭洗弁天の行き方・正しいお金の洗い方はこちらから!
鎌倉幕府成立が1192年じゃないって本当に?

但し、散々言っていますが・・・

夏は都内よりは涼しいかもしれませんが、気温が高いのは事実ですのでそれなりに覚悟して観光してもらえればと思います。

女性は必ず日焼け対策を施して楽しんで下さいね!
日焼け対策の人気おすすめランキングはこちらから!

せっかくの鎌倉・江ノ島観光ですので、記憶に残る素晴らしい旅になることを陰ながら祈っております。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ