母の日のプレゼントの相場っていくら?贈る側の年齢別に教えて!

スポンサードリンク

[母の日]

母の日02
母の日ってやっぱり日頃お世話になっているお母さん・ママに何かしら恩返しをしたいものですよね!

但し、一概に“お母さん・ママ”と言っても、あなたの年齢によって出来ることも限られると思います。

そこで、今回は母の日の“プレゼントの相場”はどれくらいなのか?年齢ごとに紹介していこうと思います。

また、“母の日=カーネーション”というのが、根強くなっていますが最近ではどのようなプレゼントが人気なのか、それぞれの年齢別で紹介できればと考えていますので、参考にしてみてくださいね!

そもそも、“母の日=カーネーションというのはどこから来ているのか?ということについては、他で説明していますのでまずはそちらをご覧いただければと思います。
母の日のプレゼントが“赤色カーネーション”の意味はこちらから!

この記事によると母の日は、“母への感謝の気持ち”“平和への願い”という意味で、カーネーションを渡すということが由来と言われています。

あなたもこの記事を読んで頂き、お母さん・ママに感謝の気持ちを伝えられるといいですね!

また“平和への願い?”と思われた方はまずは上で記事を読むことをおすすめします。


小学生~中学生の母の日の相場・おすすめプレゼントは?


まずは、小学生~中学生の方がプレゼントを考える際の相場っていくらくらいなのでしょうか?

詳しく解説している記事がありますので、そちらを読んで頂ければと思います。
小・中学生の相場は?おすすめのプレゼントはこちらから!

要するに、小学生・中学生は“お金が掛かるプレゼントは不要ということでしょう!

この年代は出来る範囲が限られるので発想が必要とされるので、一番難しいかもしれませんが、どうやってお金を使わずにプレゼントを贈るか?ということを考えるのが好ましいでしょう!

というよりも、大半の小・中学生はお小遣いでやり繰りしますので、そもそもお母さん・ママは“お金を沢山使う豪華なプレゼントは期待していません。

何よりも、あなたの“感謝の気持ち”をきちんと伝える事を最優先に考えて、どうやったらそれが伝わるか?ということを考えるのが良いでしょう!

また、お母さん・ママがプレゼントを貰うこと自体をどう考えているのか?ということも、小学生・中学生の相場に関する記事で紹介していますので、そちらを参考にしてもらえるのがいいでしょう。
小・中学生のお母さん・ママがどう考えているか?

POINT:小学生・中学生はお金を使うよりも今出来る範囲で一生懸命考えれば“0円”でもお母さん・ママは喜ばれる!


高・大学生の母の日の相場・おすすめプレゼントは?


次に、高校生~大学生の方がプレゼントを考える際の相場っていくらくらいなのでしょうか?

詳細について詳しく解説している記事がありますので、そちらを読んで頂ければと思います。
高・大学生の相場は?おすすめのプレゼントはこちらから!

高校生・大学生の大きなポイントとしては、アルバイトが出来ることで自由に使えるお金が多少あるということでしょう。

但し、注意が必要で“お金で解決できない価値”があるということを理解しておく必要があります。

お母さん・ママの気持ちとしては、普段は聞けないあなたの感謝の気持ちを聞きたいですし、あなたとしても普段照れくさくて言えない気持ちを伝えたほうがいいでしょう!

それを“母の日”というイベントを借りて、キチンと伝える方法を考えてみるといいかもしれません。

そういうことも考えながら、詳しく紹介している記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。
高・大学生のお母さん・ママの気持ちについてはこちらから!

POINT:高価なプレゼントである必要ないので心のこもった贈り物を!


社会人の母の日の相場・おすすめプレゼントは?


ここまでで、学生時代の母の日のプレゼントに掛ける相場について紹介してきましたが、ここからは社会人の場合のプレゼントの相場について考えて行こうと思います。

社会人ともなれば、お金に関して学生時代よりは余裕が出てきて使える金額は上がるのではないでしょうか?

そのため“どれくらいの金額”でプレゼントを選べばいいのか?逆に悩んでしまう人もいるかもしれませんね!

社会人の母の日のプレゼントは、5,000円~10,000円と言われています。

母の日のプレゼントで人気のおすすめランキングはこちらから!

この値段をどう捉えるかは人によって違うかもしれませんが、例えばこれ以上高いプレゼントはお誕生日とかにした方が良いみたいですよ。

また、高校生・大学生のところでもお話ししましたが、社会人ともなるとますますお母さんを含めた家族で過ごす時間というのが少なくなっていると思います。

そういうことも、考えるとプレゼントの内容というよりはお金で買えない価値を贈ることが出来るものを考えてみましょう!

おすすめは、どの年代でも出てきていますが“家族での食事”です。

中には、温泉でのんびり“家族旅行”という方もいるようですが、そこまですると時間的にも金銭的にもあなたに負担がかかってしまう可能性があるので、私はあまりおすすめしません。

お母さん・ママに楽をさせる親孝行として、“外食”を家族皆でするというのもいいでしょう!

また、“食事”をプレゼントとして考えているのであれば、手紙を添えるといいです。

メッセージカードが必要なのか?という記事で紹介していますが、あなたの字であなたの感謝の言葉を書き記すと“感謝の気持ち”はお母さん・ママに届くみたいですよ!

“高価なプレゼントよりも、一枚の手紙の方が嬉しい”と考えているお母さん・ママもいるので、考えてみて下さいね!

POINT:この年齢だからこそお金よりも気持ちを伝えることを意識しよう!


まとめ


今回は、母の日のプレゼントの相場はどれくらいなのか?小学生・中学生・高校生・大学生・社会人と年齢別で紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

年齢によって確かに使えるお金って違いますので、相場というのも異なることがわかりましたが、根本的な根っこの部分は一緒ということがお分かり頂けたと思います。

それは・・・

【母の日=日頃の感謝の気持ちをキチンと伝える日】

心のこもった贈り物は、“嬉しくない人はいない”とお母さん・ママは言っていますので、プレゼントの値段ではなく「どうやったらあなたの気持ちが伝わるか?」ということを考えるといいでしょう!

因みに、年齢別で相場について紹介してきましたが、全体を通して3,000円~5,000円と言われています。

高校生以上の人でメッセージカードの他にプレゼントは絶対したい!」と考えている場合は、これも一つの参考にして頂ければと思います。

また、お母さん・ママの年代別にもおすすめがありますので、あなたのお母さん・ママが何を望んでいるのか?ということも知って頂けるといいのではないでしょうか?
母の日にお母さん・ママに人気のプレゼントで年代別に教えて!

お母さん・ママにきちんと気持ちが伝わり、お互いに記憶に残る一日になることを願っています。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ